ロックアップのよくわからないを解決したい人へ

近年急騰を見せている仮想通貨ですが、

最近よく効く用語の中に

ロックアップという言葉があるのでは

ないでしょうか

たとえば、

最近急騰驀進中のリップルこいんですが、

2017年5月に

550億XRPをロックアップすると

ニュースで報じられました。

話だけ聞いたら

いったい何をいっているのか

よくわかりませんね。

そんな中ロックアップを調べてみました!

さおりん
ねえねえ全然ロックアップの意味が

わからないだっぷ。

 

オギタ
大丈夫丁寧に

説明をしていくだっぷ

 

ロックアップとはいったいなに

ロックアップは一言で言うと

凍結と表現をします!

ようは氷漬けにするよということです。

リップル社が550億凍結する。

うーんまだまだわかりにくいですね。

凍結ロックアップを行うことでどういう効果があるのか

ロックアップしてしまうことで

どんな効果がえられるでしょうか

それは一言で言うと

売買できないようにすることで

価値が暴落するのを防ぐように

することができます。

たとえばリップル社は1000億リップルのうち

おおよそ600億リップルの通貨を

もっているとします。

半分は会社が持っているのですね!

もし大量のリップルをうってしまえば、

より市場に出回る枚数が増えてしまい、

リップルの価値が落ちちゃいますね。

10倍に出回ると

100円の価値が十円になっちゃいます。

そのため売りませんということで

価値が下がるのを防ぐことができるのですね。

米印2018年よりリップル社が、

月に10億リップル市場に

流して行くことを公表しています。

つまり徐々に売っていくことにより

価値がさがらないようにしているわけです。

リップルコインの将来性

ロックアップを完了したリップル社ですが、

今後将来性はどうでしょうか

結論からいいますと、

今後も価値は上がる

と予測をしています。

理由は必要としている人が

今後も増えているからです。

リップルの特徴として

個人企業とわず取引をしても

手数料がかからない。

送金スピードが早い

なんと数秒!

送金が早くて

しかも手数料が安い、

当然リップルを採用していく企業が多く

増えていくことになります。

そうなると

リップルを必要な人が

どんどん増えるということです。

必要な人が増える=需要が高まる

ということはリップルの価値が

当然あがるということですから。

まだまだ投資準備の段階です

私もリップルに投資し、億り

人になろうと思います、

ただ今期間限定で

■ビットコインが無料でもらえる方法

■仮想通貨初心者のための教科書

期間限定でプレゼントをしています。

以下の画像をクリックすると

ダウンロード画面に移行します。

↓      ↓      ↓

 

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です