マウントゴックス事件でビットコインが消失してしまった事実とは??

さおりん
ねえねえ。実際にビット

コインは盗まれることはあるの?

そうだっぷ。

オギタ
マウントゴックス事件というのが

あって

取引場のビットコインがごっそりなくなった
だっぷ。

仮想通貨元年と言われる

2017年ですが

その約3年前に

ビットコインが消失してしまった・・・・・

という事件を知っていますか?

その事件をマウントゴックス事件

言います。

この記事ではマウントゴックス事件を
記事で詳しく紹介していきます!

コチラがニュースになっていますので

一度参照をしてみてください!

↓↓↓

 

マウントゴックス事件でビットコインが消失したのはなぜか?そのポイント

実際にマウントゴックス事件で

ビットコインの危険性が報じられたこともあります。

→ビットコインは危険性が高い?
という記事を参照ください。

1,ビットコインが盗まれたか抜き取られた!

一番のポイントはビットコインが何

者かに抜き取られたという事実です。

実際にマウントゴックス取引上は約7割の

ビットコインを保有していたといいますから

被害額は飛んでもないものに

なっているでしょう。

実際に犯人は外部の人間で

ハッキングを行い

コインを盗んだかと考えることもでますし

別の意見では

内部の人間が

「ビットコインを抜き取ってしまった」

という可能性も考えられたわけです。

さおりん
誰が抜き取ったのかな?
オギタ
後から意外な結末が

わかるかもしれないだっぷ。

 

2,被害額はなんと数百億!

ビットコインはいったいどれぐらい盗まれたのか?

ということですが

実際に

2014年の3月7日から10日にかけて

115億円ほど消失したと言われています。

2014年の時点で115億円ですからね・・・・・

今現在のビットコインは

約1ビット=200万円と言われていますから・・・・・

おおよそ今の価値に換算すると

2000億円はくだらないですね!

それだけのビットコインが盗まれてしまったわけですから

当然マウントゴックス社は

損害金を払い戻すということは

できずに

経営破たんをしてししまったのでした・・・・・・

 

3,日本の財務省はビットコインのことをゲームコインと呼んだ

実際に、

ビットコインを盗まれた以後

国の機関である財務省は

ビットコインのことを

ゲームコインである

と呼称したと言われています。

これはどういう事かというと

通貨でなくてゲームのコインなんだから

消えても国としては保障をしないと言い方になります。

実際に

仮想通貨の取引上はあっても

管理者は存在しませんからね。

保障の枠組みが

あいまいになってしまったかもしれません。

さおりん
ゲームコインという位置づけを
国がするなんてびっくりね・・・
オギタ
そうだっぷ。
それで保証は一切
されていないからねだっぷ。

 

ビットコイン事件の真相

ビットコインは盗まれた

サイバー攻撃をされて

流出してしまった!

と言われていますが

実際には

内部の人間が横領をした可能性が

浮上していきました。

ようは内部からアクセスを行い

ビットコインを抜き取ったということです。

その容疑者として上がってきたのは

なんと社長の

マルクカレプレスだったのです!!

実際に盗まれたビットコインもあったということですが

実際には3億円相当のビっトコインんを

外に出してお金を使ったと言われています。

後でかえすつもりだった

と本人は弁解しているそうですが・・・・・

ゆるせませんね!

さおりん
自分の会社のビット
コインに手を付けて

しまったのね!

 

今後投資を考えている人へ

今後安心な投資を行うにはどうすればよいでしょうか?

それは自分の中でしっかりと知識をつけるということです。

取引上にも

いろんな種類があり、

信頼できるできない

は当然差が出てくることになりますね。

そんなときに

「ここは信頼できるんだ」ということで

安心して投資をすることができます。

また資産運用として

手数料がかかるということも

知識の一つとして

入れておいてくださいね。

 

実際に取引をすることで

損が生まれることを防ぐことができます。

ぜひぜひ知識を身に着けて

安全な投資を実践していきましょう!

ただ今期間限定で

■ビットコインが無料でもらえる方法

■仮想通貨初心者のための教科書

期間限定でプレゼントをしています。

以下の画像をクリックすると

ダウンロード画面に移行します。

↓      ↓      ↓

 

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です