ビットコインキャッシュとはいったい何か

 
ビットコインは急速に高騰し

大分知っている人も多くなってきました。

 

そんな中2017年にビットコインキャッシュという

新たな通貨が生まれるようになりました。

「はあ仮想通貨って分裂をするのかよ?」

と思わずはっとしてしまった記憶があります。

 

ビットコインキャッシュとはいったい何でしょうか

かつて私もよくわからなかったので

意味を調べてみました。

さおりん
また変な用語がでてきたなり!
オギタ
大丈夫!

工程をしれば

きっとよくわかるだっぷ!

 

ビットコインキャッシュとはいったいなにか

ビットコインキャッシュとはいったいなんでしょうか

結論からいうとビットコインから

枝分かれした新たな通貨の一つです。

図を見て貰えばわかるのですが、

特徴的なのが8Mというビットコインと比べて

8倍の容量で処理をすることができるということです。

 

ただビットコインの容量が大きくなりますが
基本的にはビットコインとは仕組みが

変わりません。

→詳しくはビットコインの仕組みとはという
記事を参考にしてみてください。

この容量がおおきくなるメリットとして

処理スピードが落ちないということがあります。

 

たとえばデーター容量の大きなパソコンに

あれこれデーターを入れても処理スピードはおちないですよね。

 

逆に容量の小さなパソコンにデーターを

少しいれただけでもすごく速度が遅くなってしまいますよね。

 

つまりビットコインキャッシュは容量の大きな

ビットコインと考えておくとよいですね。

さおりん
なるほど!

ビットコインキャッシュの方が

容量が大きいんだね!

 

オギタ
そうだっぷ。だから、

データーが大きくなっても

処理スピードが

落ちにくくなるんだっぷ!

ビットコインキャッシュが生まれた背景

ビットコインキャッシュはそもそもなんで生まれたのでしょうか

それは、ビットコインが普及されはじめたからです。

 

言い換えると世界中でビットコインを使う人が

増えたということなんですよ。

 

使う人が増えてくると
当然処理のスピードが遅くなってしまいます。

 

ビットコインの取り引きが活発になればなるほど、

スケーラビリティという問題が明らかになっていました!

 

ブロックチェーンを仮想通貨で採用しているのですが

1ブロックあたりの容量は1Mときめられているんです。

次々とブロックが生成されてしまうために取り引き承認が追いつかなくなり、

送金スピードが大幅に遅くなるという問題がありました。

 

仮想通貨の特徴として送金のスピードが

非常に早いことが特徴なので
遅くなっては意味を失ってしまうんです。

 

そこで1ブロックあたりの容量を増やしちゃえと考えたわけです。

 

実質ビットコインキャッシュは
容量が8倍になっているんです。

 

処理速度が落ちにくいので使用者が増えても

多少は持ちこたえることができるということですね。

 

ビットコインキャッシュが生まれたのは開発者とマイナーとの対立?

ビットコインのスケーラビリティの問題を解決するためのどうすればよいか?

そこで開発者は、BIP91という提案書を出しました。

 

取り引きの過多の問題を解決するために

データーそのものを圧縮する

 

ブロック自体をその後拡張するという

アップデートを行おうと考えていました。

 

これはsegeit2xと呼ばれています。

 

ブロックチェーン上に装備をするような付属品のように考えて置けばよいです。

 

ただ反対する人がいて結果開発者とマイナーとの間に対立をきたして

しまいました。

 

特に有名なのはビットコインマイニングの大手企業であるビットメイン社の

ジハンウー氏ですね。

 

反対する理由は非常にシンプルなもので。

ビットコインにsegwit2を実装させてしまうとマイニングを行うことができないという

ことでした。

 

ビットメイン社はマイニングのコンピューターにASICBOOSTというシステムを

使用していたのですが、segeit2を実装させてしまえば、そのASICBOOSTとの

互換性が無くなるために、マイニングができなくなってしまうということ。

 

 

マイニング会社からしたら、とんでもなく死活問題になるということです。

そのため開発者VSマイナーという図式が成り立ったということです。

 

その結果ハードフォークで生まれたのは大きなブロック容量を誇る

ビットコインキャッシュというものです。

 

リプレイアタックプロテクションを施工されている

 

 

 

 

 

 

ビットコインキャッシュは今後どうなるのか

ビットコインキャッシュの価値は

今後どうなるのでしょうか。

ビットコインキャッシュもビットコインと同様に、
2100万枚と発行量が決められています。

2017年8月に発行されるとすぐに高騰し、

約五万円ほど上昇をしました。

さらに上昇を続けて現在は

二十万円程度に上昇をしています。

ただ将来については、様々な意見がありますね。

たとえばビットコインよりも使い勝手がいいので、

今後ビットコインにとって変わると主張する人もいます。

2017年12月現在おおよそ200万円ですから

今を基準にしても10倍の値上がりを予想できてしまいます。

次に、ビットコインとは別の仮想通貨として

運用されていくという意見もあります。

ようはビットコインはなくならず、

別の種類として運用されるという見方になりますね。

ビットコインキャッシュの特徴として

ビットコインと連動性が高いと言われています。

仮想通貨はまだ発展途上なんで

有名な人の発言などで容易に

値下がりをおこしてしまうことがあります。

ビットコインの値段が下がると

ビットコインキャッシュに流れてくる人もいるので、

今後も2つの関係性に

注目していくことがよいかもしれません。

ただ今期間限定で

■ビットコインが無料でもらえる方法

■仮想通貨初心者のための教科書

期間限定でプレゼントをしています。

以下の画像をクリックすると

ダウンロード画面に移行します。

↓      ↓      ↓

 

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です