ブロックチェーンの仕組みとは

ねえ仮想通貨で

よく聞く

ブロックチェーンとはなに?

仮想通貨世界の
中でブロックチェーンは

基本中の基本になります。

 

ブロックチェーンとは

取引台帳のようなものなのですが、

特徴的なのが、

一つの取引が完了し、次の取引となると、

新たなブロックを形成するということなんです。

うーん。なんかイメージつきにくいですね。

たとえばビットコインは

毎10分ごとに取引がされることに、

新たなブロックに記録をかきこみ、

これまでの取引きデーターも

一緒に保存されていきます。

これまでのデーターは、

サイズを小さくした形で

ハッシュ関数として処理されています。

取引をするたびに新たなブロックを作り

それが延々とチェーンのようにつらなっていく。

そのハッシュは前のブロックが

どれかわかるように関連づけられているのです。

それがブロックチェーンの概要です。

うーん。ようは取引がされたら

新しブロックに情報が

書き込まれることになります。

さおりん
そうなんだ!

取引すればどんどん記録が

ブロックになっていくんだね!

ブロックチェーンと合わせて
マイニングという用語も

仮想通貨には基本的なので

合わせて読むと

参考になります。

→いまさら聞けないマイニングという用語は

いったいなに?

オギタ
そうそれが

ブロックのように

つらなるんだ!

 

えっブロックチェーンてデーター改ざんはされないの

 

ブロックチェーンを聞いたうえで最初心配になったのが、

ブロックチェーンってデーターを書きかえられることはできないのとい

うことです。

つまりデーターを書きかえてしまえば

取引をなかったことにできます。

そうすれば、詐欺などは容易にできますよね。

でもこちらもすごいシステムで

カバーをできてしまうわけです。

プルーフオブワークというシステムを

用いているわけなんです!

これすごいんですよ。

原則は1番長いチェーンを

正規のブロックとして認めることになるんです。

たとえばデーターを書きかえちゃえと思って

改ざんを行なってもチェーンが枝分かれしてしまうので、

そこで止まってしまい、

嘘だとすぐにバレてしまうんです。

つまり鎖をつなげていってできた

ブロックチェーンは一本だけなんです!

さおりん
なるほど!

ブロックチェーンは枝分かれしないんだね

オギタ
そうだから。

1本だけなんだ

ブロックチェーンはいったいなにに役立つの

ブロックチェーンは

どういうことに役立つのでしょうか

簡単に言うと
台帳に全ての取引が記録されているので、

二重決済を証明する必要がないんです。

たとえば電子マネーを個人間で

支払っても取り引きされた記録が残らないので

二重決済をした証明ができません。

そのため
払ったのに払っていませんよと言えば

まかり通る可能性があります。

取り引き記録を銀行が間にたって作りますよというのが、

今までの体制でした。

そのぶん手数料を

銀行に払っていたことになります。

仮想通貨はすでに台帳に記録が残るので

二重決済じゃないと照明をする必要はないんです。

銀行が仲介する必要もないので

手数料をとられる心配がありません。

数億円の手数料が浮いてしまうのですから

当然利用する国や企業がどんどんふえていきます。

 

さおりん
なるほど!

ブロックチェーンを

使えば取引台帳を

銀行に頼まなくても

いいんだね!

オギタ
そう。手数料が

かからないんだ!

ただ今期間限定で

■ビットコインが無料でもらえる方法

■仮想通貨初心者のための教科書

期間限定でプレゼントをしています。

以下の画像をクリックすると

ダウンロード画面に移行します。

↓      ↓      ↓

 

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です