(Ethereum Classic)イーサリアムクラシックとはいったい何か?特徴や将来性は?

実際仮想通貨の2位の規模を誇る

イーサリアムという仮想通貨があります。

この仮想通貨は契約内容を保存できる

スマートコントラクトシステムというシステムを有し、

イーサリアム独自のブロックチェーン上で開発できるようにした

プラットフォームが大きな特徴です。

 

⇒詳しくはイーサリアムとは?

という記事を参考にしてみてください。

 

ただ懸念する材料もありまして、イーサリアムがハッカーの

攻撃を受ける、THD DAO事件で

イーサリアムからクラシックという通貨が生まれたんですね。

 

イーサリアムを支持している人は基本的に分散型システムを

主張する人たちによって生まれた仮想通貨のひとつです。

 

では実際に
イーサリアムクラシックの特徴と将来性について
  詳しくみていきましょう。

 

イーサリアムクラシックの特徴とは

イーサリアムクラシックの特徴なんですが
基本的にイーサリアムと機能は

ほぼ相違されないといいます。

ようは契約内容をブロックチェーンに

記録するスマートコントラクトシステムは

もっているとされます。

 

どちらかいうと、イーサリアムクラシックは

生まれた過程そのものに特徴があるとされています。

 

またイーサリアムクラシックはIOHKという企業が手をかけていますが、

そのIOHKがかかわっているのはカルダノADAコインという

爆上げを果たした通貨です。

 

つまりイーサリアムだけでなく、ADAとも関連性が深いと

されているのです。

 

 

イーサリアムクラシックはなぜ生まれたのか

イーサリアムクラシックはなぜ生まれたのでしょうか?

 

きっかけはまぎれもなく
THE DAO事件とされています。

 

イーサリアムのプロジェクトであるTHE DAOというシステムの脆弱性を

つけこまれてイーサリアムが不正流出した事件のひとつです。

 

実際にイーサリアム通貨はハッキング攻撃を受けて、

数十億円の通貨を盗まれたという事件がありました。

 

実際にはTHE DAOにセキュリティ面で問題があったていうこと。

イーサリアムそのものには問題はなかったとされます。

 

さすがに65億円もの損失は非常にでかいですよね。

そこでみんなが賛成したのは、

「盗まれた後のブロックを盗まれる前の状態に戻そう」

というものでした。

 

つまり「ハードフォークを行い、盗まれる状態の前に戻そう」という案が出たのです。

 

それに対して90パーセントの人が同意をしてハードフォークが行われました。

 

盗まれたあとの対応に疑問を感じイーサリアムクラシックが誕生した。

実際に時間を巻き戻すような対応であるハードフォーク。

 

それによって不正に盗まれた65億円をなかったことにできるのですから

「やった帳消しにできる」と喜んだ人も大半でしたでしょう。

 

よかったと思いますが一部では

「それははっきりいっておかしいんじゃないか」

という意見もでたわけです。

 

いくらハッキング対応のために

ある一部の「人間がしくみそのものを

かえてしまうことはいったいいかなるものか」という
考えですね。

 

これを中央集権化と呼ぶ人もいます。

 

つまり一部の人間がしくみをかえるので

 

仮想通貨の権利分散に

価値がないんじゃないかということですね。

 

「そもそも仮想通貨は管理者がいない分散型のテクノロージーであるのに

それを簡単に認めてしまうのはどういうことか?」という風に、

怒った人がいるということですね。

 

もちろんお互いの気持ちも私はわかります。

不正に流出した仮想通貨を戻したいという思いと

非中央集権型の思いを貫いていきたいという思い。

 

このような双方の思いが生まれて分裂してしまうことが

ハードフォークの特徴でもあります。

 

そして、イーサリアム層と対立した結果、

新たにイーサリアムクラシックというアルトコインがうまれることに

なりましました。

さおりん
なるほど!

イーサリアム通貨が

ブロックチェーンを巻き戻したことが

原因なんだね!

 

アルゴリズムはPOWを継続していく

イーサリアムクラシックは今後もプルーフオブワーク(POW)というアルゴリズムを

続けていくということ。

 

ちなみにイーサリアムの場合、現在POWを採用していますが、今後アップデートを

行うにつれてPOS(プルーフオブステーク)を採用していく予定です。

 

プルーフオブステークは、イーサの保持の割合によってマイニング難度が少なくなり、

持っている人ほど、イーサリアムをマイニングしやすくなるというアルゴリズムです。

 

ただイーサリアムの割合が増えていく人が有利になるのでやはりクラシックはこの中央集権

体制を嫌っているのではないかと考えます。

 

そのためプルーフオブワークを利用して、

権利の分散化に勤めるということなんでしょうか?

 

今後ビットコインゴールドのようにGPU採用して

よりみんなが参加しやすいように調整をしていくかもしれません

 

ハードフォークによって同額のイーサリアム保持者はクラシックを手に入れることができた

実際にハードフォークによってクラシックが誕生しましたが、

それにより、イーサリアム保持者に対して同額のクラシックが付与されたというのが

大きな特徴です。

 

つまり、イーサリアムと同様に配られるのですから、取り引きがしやすい状況となり、

価値が保たれやすいという側面があります。

 

ビットコインキャシュもハードフォーク後、ビットコイン保持者に対して

付与されましたから。

これは仮想通貨に関する新しい戦略とも考えることができます。

 

あげることでいっぱい使ってくださいねというメッセージを暗に秘めている

ということですね!

 

拡張性の制限によるセキュリティの向上

実際にイーサリアムは分散性のネットワークを重んじる仮想通貨です。

 

つまりハッキング被害などを受けた際に、ハードフォークなどを使ってしまえば

「まさしく詐欺通貨」であるという烙印を押されかねないということです。

 

つまり「だれもが操作できないような仮想通貨」が根本にありますので、

操作による改ざんはできないということになります。

 

でも「もしイーサリアムクラシックが盗まれてしまったら?」

そう元に戻すことができないイーサリアムクラシックは必然的に

セキュリティを向上させる必要性が高いということ。

 

そこで考えられたのは拡張性を抑えることでセキュリティの向上を

図るというもの。

 

 

 

イーサリアムクラシックの今後は

イーサリアムクラシックの今後はどうなっているでしょうか

2016年は100円だったのが

現在2017年12月に高騰を見せており

非常に明るい未来が想像できます。

 

最初私は
イーサリアムと同じ機能をもっているのであれば、時価2位を誇る

本家の方があっとうてきだと
正直思っていたんです!

 

でもイーサリアムクラシックも今は
非常に熱いです!

 

その理由は2つ

1半減期を迎える

2ハードフォークを実施すると
いうことです

半減期を迎えるということは

半減期はどういうことかというと

マイニングを行なうことで得られる報酬が下がっていくことをさします。

 

たとえばビットコインの半減期ですが

2016年に25→12.5と実際に報酬が半額になっているんです。

うーん難しいという人はとりあえず

市場に出回るイーサリアムクラシックが減るので価値があがると

押さえておきましょう。

 

また2017年12月12日にハードフォークを行うということも発表しています。

これはブロックごとの報酬の減額

発行上限数を2.1億に設定などをするということ。

 

ようは大がかりなアップデートが行なわれるという噂を聞いて

価格が高騰しているということ。2018年も目が離せませんね。

 

今後はいかにイーサリアム本家と独自性を分けることができるのか?

イーサリアムクラシックがいかに将来性を明るくするのか?

ということですが、

それはイーサリアムと独自性を分けていくのか?ということです。

 

まずイーサリアムクラシックは理念こそ違いますが、

基本的に機能はイーサリアムと同じであると考えてよいです。

 

そんなときに有利になるのは明らかに本家のブランドに左右されやすいということです。

 

今後イーサリムの変動に大きく左右されていくことは間違いないでしょう。

ただ今後マイニング方式の違いなど、時間が経過することで

より分散型という独自性に注目し、

イーサリアムと袂を分かつ可能性があります。

 

そうなると一般市民に支持されたりなど、

独自の用途や可能性が広がると考えることができます。

 

イーサリアムクラシックはまさにこれからでしょうね。

ただ今期間限定で

■ビットコインが無料でもらえる方法

■仮想通貨初心者のための教科書

期間限定でプレゼントをしています。

以下の画像をクリックすると

ダウンロード画面に移行します。

↓      ↓      ↓

 

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です