モナコインの将来性は??これから上昇するか?

日本初の仮想通貨であるモナコインですが

今後投資するにあたって

「将来はどうなっているのか」

ということは非常に気になりますね。

 

実際に、2チャンネルのキャラもなーをモデルにしている

仮想通貨です。

 

一見するとふざけているようなイメージがありますから笑

→モナコインの特徴はこちらの
記事を参考にしてみて下さい。一見疑ってしまうこともありますね。

 

そんななか、モナーコインの

将来性を見ていきましょう。

 

さおりん
モナコインは日本初の

仮想通貨なんだね!

オギタ
そうだっぷ。

逆を言えば

日本に注目があつまれば

価値を上昇できるだっぷ!

 

モナコインの将来性は

 

モナコインの将来性はズバリどうでしょうか

私の意見では

まだまだ高騰すると

考えています。

ではその理由を
詳しく説明していっちゃいます。

 

1,モナコインの技術力が高い

「なんだよふざけたコインは本当に使えるのか?」

と声がきこえてきそうですが、

実際には機能はなかなかのものです。

 

まずビットコインも装着しているsegwitを先に実装したのが

モナコインであるといわれています。

 

まずモナーコインですが
ブロック生成速度がとにかくはやいということがあります。

ビットコインであれば、10分でブロック生成が
かかるのですが、

⇒詳しくはビットコインの仕組みとは
という記事を参考にしてみてください。

 

モナーコインであれば90秒ほどでブロック生成

をできてしまいます。

 

つまり、送金を非常にスムーズにしてくれますね。

ただいいことばかりではありません。

 

ブロック生成時間はセキュリティを考慮するためにも

かけるべき時間です。

 

実際にセキュリティを加味したうえで

構築するべき時間は10分が最適と言われているぐらいです。

 

またモナーコインはビットコインとのアトミックスワップにも成功しています。

 

これはどういうことかというと取引所などの第3者を通さずに

違う仮想通貨での取り引きができるというシステムになっています。

 

 

つまりビットコインよりも送金が早いということですね!

そうなるとビットこいんよりも気軽に使われる可能性も高いといえそうですね!

さおりん
早いけどセキュリテイのことも

考えないといけないのね。

 

 

2,マイニング半減期は3年ごとに更新される見込み

マイニング半減期は実際に
3年ごとに更新されていきます。

マイニングがわからない人はコチラの記事を参考に

 

→マイニングという採掘で得られる
報酬が半減してしまうんです。

 

これはマイン二ング半減期といいますが

実際にいうとマイニング作業で得られる報酬が減ると言われるので

市場に出回る通貨が減るために

価値が上昇すると言われています。

 

 

実際には2017年7月のマイニング半減期では

4月の時点で五円程度だったのが、

半減期が迫る時点で六十円に上昇をしたんです。

 

その時点で約12倍の価値をたかめていますからね。

 

次におとずれるマイニング半減期は

2020年の7月と言われています。

 

マイ二ング半減期は価値が上昇することが多いです。

もちろん必ずあがるということはいえませんのでご了承ください。

 

 

3,東京オリンピックがひかえている

東京オリンピックがひかえているということも非常に大きな要因ですね!

 

オリンピックは世界式典なので、より日本に注目が集まります!

 

日本に注目が集まるということは日本初のモナーにも当然

注目が集まることになります。周知が広がれば、

より購入に注目が集まりますね!

東京オリンピックは2020年7月に 開催になります。

これはなんと

マイニング半減期と

被っていることになります。

2020年はより熱い年に
なるのではと予測しています。

 

4,ツイッターアカウントで送金ができる!

なんとモナーコインはツイッターアカウントで

入金を行うことができるんです。

 

登録はツイッターを登録するだけ。

ツイッターボットが
残高入金などをしらせてくれるんてす。

 

実際にはtipmonaというシステムを用いることで

残高等確認することができます。

 

5モナ払いを採用しているところが急増中!

仮想通貨の醍醐味は「いかに仮想通貨が使われるか?」

ということにあります。

コインギフト

いかに決済を増やすことができるかということも注目が集まっています。

たとえばコインギフトというサイトではモナコインを用いて

決済を行うことができます。

 

モナコインのステッカーばかりということではなく、商品券など

実用性の高いものでも交換することが可能です。

 

名古屋タワーサイドクリニック

名古屋タワーサイドクリニックという美容外科は

なんとモナコインの支払いに応じているということ。

 

なんとまあ先進的な美容外科でしょうか笑

⇒http://towerside.jp/

 

ark

秋葉原にあるパソコンショップになります。

さすがに秋葉原はオタク文化がつよいので、

優先的にモナーコインが採用されていることがわかります。

 

パソコンなどを販売しているarkでは、オフラインオンラインともに

モナコインで販売を行うことができます。

⇒https://www.ark-pc.co.jp/

そうまだまだ序の口でもなーコイン決済を採用している店が非常に

多いということ、

もちろんツイッターの投げ銭にも使われていて、

使い道がどんどん増えていくことでしょう。

 

 

今後もモナーコインに期待!

もちろん不安材料もあります。

例えばブロック生成時間が

早いので、それに対するセキュリティの

問題があります。

ツイッター上での送金というのも
正直不安が残りますね!

今は大きな事件は起こっていませんが

今後にも期待をしたいところです。

 

ただ今後の動向を考えると非常に熱い市場ですので

私もモナーコインに投資を

はじめていきます!

 

オタク文化は非常に強い

モナーコインですが、これは一言で言えば、

仮想通貨+オタク文化の特性を反映した独自の仮想通貨といえます。

これって将来性を見れば非常に価値があるのではないかと考えています。

 

このように、日本発のオタク文化は、人種を問わず非戦略的なところで、気付けば世界的に受け入れられるようになっていました。

そして、本格的に日本のオタク産業を世界に向けて発信するようになった2000年代、その勢いはアジアの大国である韓国・中国、ヨーロッパ各国、更に東南アジア、南米諸国へと一気に広まりました。

それまで世界のサブカルチャーを牽引していたアメリカやイギリスをすっかり押しのけ、日本発のオタク文化は今、圧倒的な人気を博しています。

https://japanjapanese.net/nerd-culture/world.htmlより引用

そう。世界でオタク文化は非常に受け入れられやすいということです。

 

つまり、日本発のもなーコインも非常に受け入れられやすいということでは

ないでししょうか?

 

ちなみに、ぺぺキャッシュもオタクに近いデジタルトークンであると

言われています。

 

しかし、日本と比較すると、アメリカはオタクに関して

まだまだ後進国に値すると考えています。

 

つまりモナーコインが上昇した後に、そのタイムラグとしてPEPECHASHは

上昇するのではないか?と個人的に考えています。

 

モナコイン⇒遅れてPEPECHASHという方程式が

今後も成り立つのではないかということを

今後も考えています。

 

話はそれましたがオタク文化は今後も消滅しないということ。

そう考えればモナーコインは今後も将来性が高いと個人的に

考えています。

 

ただ今期間限定で

■ビットコインが無料でもらえる方法

■仮想通貨初心者のための教科書

期間限定でプレゼントをしています。

以下の画像をクリックすると

ダウンロード画面に移行します。

↓      ↓      ↓

 

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です