ビットコインはいづれ下がってしまう?

さおりん
ねえねえ最近

上がりに上がっているビットコインは

いつか下がるのかな?

オギタ
この記事では

その点を詳しく見ていくなりよ!

 

今や価格の高騰を見せており

平成29年現在

1BIT=200万ほどの

大高騰を見せているビットコインですが

 

ここまで高騰するといった

いつ下がるのか?

 

ということも

気になってしまいますね。

確かにわかります。

下がるとわかっていて

投資に手を出すのも

非常に抵抗がありますよね。

 

そんな悩みも実際私はあるので

ビットコインはいつ下がるのか?

情報をもとに予想をしてみました。

さおりん
ねえ。いつかビットコインは下がるの?

 

オギタ
確かに下がるとは思うけど

いつごろ下がるか

考えるのが重要だっぷ。

 

1、まず世界市場全体からを計算した場合

まず長期的な視点で見る限り

まだまだビットコインはあがるのではないかと

私は予測しています。

 

まずですね。

ビットコインそのものの

時価総額を見てみましょう。

 

 

実際にビットコインは2100万枚と
通貨の枚数がきまっているので

 

実質2100万×200万ということで40兆円、

おおよそ4000億ドルと計算することができます。

このとんでもない値段はどれぐらいの市場を占めるのか

ということを考える必要があります。

 

実際4000億円という時価でも

金の総額と比較すると

おおよそ7パーセント程度と

まだまだ低いことがよくわかります。

株式市場においては

まだまだ数パーセントにも

及ばないとされていますから。

 

まだまだ市場は小さいといえます。

発展途上ということですので

価値はまだまだ上がると

予想できるわけです。

企業が今後参入していく

傾向ですので

より市場が拡大すると

予想することができますね。

 

さおりん
なるほど!

まだ市場がすごく小さいんだね!

オギタ
そうだっぷ

まだまだでかくなる可能性はあるから

必然と価値は上がるなり!

 

ビットコインのETF化がまだまだ整備されておらず

企業がまだまだ参入できない

状態のあるといえます。

 

※ETF化とはビットコインの上場投資信託といえます。

 

今後ETFが整備されていけば

より参入企業が増えていきます。

 

これが長期的な視点でみて

まだ価値があがるという理由ですね。

 

さおりん
なるほど!

企業が増えることで

より市場に

お金が流れ込むのね!

 

2,新規参入が増えていくことにより売り抜けを行う可能性

次に私の意見ですが

短期的な視点でみると

今の価格より落ち込む可能性があるといえます。

 

実際に今ビットコインを含める仮想通貨に
投資している人は

ごく一部と言われています。

 

※「アーリアダプター,アーリーマジョリテイ」と

呼ぶこともあります。

 

現在200万と異常な高騰を見せていますから

新聞や、テレビでも

必ず露出する機会が増えていくでしょう。

そのために

一部の投資家である人のほかに

一般人が大量に投資を始める可能性

があるということです。

→レートマジョリテイと呼ばれます。

 

「儲かるならば手を出してみよう」

と連なって今まで知らなかった

一般人がビットコインに

手を出しはじめるということです。

 

そうすると価値は上がっていくのですが

投資家である

「アーリーアダプター」

「アーリ‐マジョリテイ」

が一抜けたと

売り抜けをする可能性もあります。

結果。

売りぬけにより

価値が数十万円下がる可能性

もあります。

 

追記⇒実際に12月22日の中央銀行や

金融庁による

けん制が原因で

価格が下落し

売りが有利になったこともあります

 

そうすると近いうちに

高騰したビットコインは

暴落する可能性も正直ありますね。

価値があがっているうちに

売っておこうと考えるのが

賢い選択の一つでもあります。

短期的にみると

もしかしたら

急に下がるときが

あるかもしれないだっぷ!

 

3,参入者が増えることによりビットコインそのものの処理が落ちてしまう可能性

ビットコインは10分で送金を

完了するということが一つの利点といえます。

でも新規参入者がどんどん増えてブロック

生成が高まると

データーが膨大になってしまい

処理をするのに時間がかかってしまう可能性

があります。

 

処理が遅いとなると

送金スピードが遅くなってしまうなどの

可能性が起こり得るので

結果として

ビットコインは扱いづらいという

可能性を起こしてしまうのです。

→実際にこのような懸念から

ビットコインキャッシュという

分裂通貨も誕生しているぐらいです。

結果、

価値そのものが下がってしまい

値段を下げる可能性もあります。

 

長期的な視点見ると上がる可能性が高い

結果的に長期的な視点で見ると

ビットコインは下がらないと

考えます。

 

処理の不具合や

高騰による売り抜けにより

一時的に値段は下がる恐れはあるでしょう。

 

しかし。

アップデートなどによる不具合の

修正や

企業などの参入により

市場は拡大すると考えます。

結果、長期保有していた

方がより恩恵を受けられる可能性

があります。

また、仮想通貨は1000種類あるので

ビットコインのみでなく

アルトコインにも

分散して投資をしていくことも

重要だと考えます。

ただ今期間限定で

■ビットコインが無料でもらえる方法

■仮想通貨初心者のための教科書

期間限定でプレゼントをしています。

以下の画像をクリックすると

ダウンロード画面に移行します。

↓      ↓      ↓

 

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です