仮想通貨のホワイトペーパーとはいったい何か?

仮想通貨を投資したいけど

どれも同じに見えてしまう?

と混乱している人は

ホワイトペーパーが非常に役立ちます。

実際にどの仮想通貨にも

ホワイトペーパーというものが

存在しています。

ではホワイトペーパーという物は

何をさしているんでしょうか?

 

詳しく紹介をしていくということと

使い道を

お伝えしていきます。

さおりん
うーん。これは

白い紙ということ?

オギタ
うん。そのまんまだっぷね

 

ホワイトペーパーとはいったい何か?

ホワイトペーパーとは一言でいうと

企画書のようなものと考えておいてください。

仮想通貨発行前に

どのような理念や仕組みなどがあるか

説明書きをしている

パンフレットのようなものですね。

 

買う前に仮想通貨を知ってくださいね。

 

というような意図で作られています。

買ってもらうことで

仮想通貨は価値を上げていくことが

わかりますから。

 

ビットコインをまねしただけの仮想通貨では

今後見向きもされないでしょう。

 

⇒実際にはビットコインをより進化させようと
仮想通貨が誕生をしているのです。
ビットコインゴールドもその一つです。

 

大手取引上では

ホワートペーパーを見たうえで精査したうえで

採用していると言われます。

 

それだけホワイトペーパーは

重要な設計書ということになりますね。

 

ビットコインのホワイトペーパーの場合

ビットコインにももちろんホワイトペーパーというものが

存在します。

実際に開発者であるサトシナカモトの論文であると

考えてもらえばよいです。

 

台帳である

ブロックチェーンや

⇒ブロックチェーンについてはこちらの記事を

マイニング(採掘)などの理論が

⇒マイニングについてはこちらの記事を

原案として書かれています。

 

 

⇒https://bitcoin.org/bitcoin.pdf

ただ難点は英語で紹介をされているという

点です。

 

コインチェックより引用した

ビットコイン白書の引用があります。

 

純粋なP2P電子マネーによって、金融機関を通さない甲乙間の直接的オンライン取引が可能になる。電子署名は問題の一部を解決するが、依然信用できる第三者機関による二重使用予防が求めらため、その恩恵は失われる。当システムはP2P電子マネーにおける二重使用問題の解決を提案する。このネットワークは取引に、ハッシュベースの継続的なプルーフ・オブ・ワークチェーンにハッシュ値として更新日時を記録し、プルーフ・オブ・ワークをやり直さない限り変更できない履歴を作成する。最長である一連のチェーンは、取引履歴を証明するだけでなく、それがCPUパワーの最大のプールから発せられたことを証明する。大多数のCPUパワーがネットワークを攻撃していないノード(ネットワーク接続ポイント)によってコントロールされている限り最長のチェーンが作成され、攻撃者を凌ぐ。ネットワーク自体は最小限の構成でよい。メッセージは最善努力原則で送信され、ノードは自由にネットワークから離脱、再接続することができ、離脱していた間のイベントの証明として最長のプルーフ・オブ・ワークチェーンを受信する。

引用元:https://coincheck.com/blog/292

実際にこの白書を目にすることで

中央に権力が集まらないということ

ブロックチェーンの有用性など

特徴を理解することができるわけです。

 

ICOなどの際に非常にホワイトペーパーは参考になる

仮想通貨発行者は

ICOというシステムを使い

資金調達をしようとするのです。

 

ようは先行販売を行い

「買ってください」というように

購入すれば資金調達が

出来るようになります。

 

私たちがICOに投資するべきかどうか

ホワイトペーパーを見ることで

非常に検討しやすくなるのです。

 

中には金だけ集めて

消えてしまうという

悪徳な業者も中にはいることも事実です。

 

仮想通貨は1000種類物があり

まさに大半は

詐欺通貨といわれているぐらいですから・・・・・

ホワイトペーパーに目を通すことで

「この通貨は価値がでてくるものなのか?」

ということが検討できるようになるのです。

 

仮想通貨そのものの仕組み

⇒例えばビットコインとまったく一緒の場合

ただのパクリ通貨とわかります。

価値はおそらく上がらないでしょう。

 

そもそもホワイトペーパーない時点では取引場に

上場しない可能性が非常に高いということが非常に高いです。

 

そもそも取り引き場に上場するにはホワイトペーパーを

確認したうえで上場させるのかを検討するということ。

 

そもそもホワイトが無い時点でそもそも相手にはされていない

ということですね。

 

仮想通貨の理念

⇒例えばイーサリアム通貨から分裂した

イーサリアムクラシックという仮想通貨は

ハードフォークという手法でハッキング被害を

なかったことにしたイーサリアム通貨に対して

「中央集権体制ではないか?」と反発し

誕生したと言われています。

 

どのような目的で誕生をしたのかと

いうことは非常に重要なことです。

 

運営会社の明確なビジョン⇒薄っぺらいと

何がしたいのかわからなくなってしまいます。

 

ホワイトペーパ読んで、以上

3点は必ず確認をしておくように

しましょう。

 

しっかりと記載をされていること

 

詳しく書かれていることに加えて

 

大手取引場でも

頻繁に取引をされていることなど、総合的に情報をかき集めて

 

仮想通貨を購入していきたいものです!

 

初心者はビットコインのホワイトペーパーを確認しよう!

まずホワイトペーパーを確認しましょう。

 

「ホワイトペーパーをわからない人はとりあえず

ビットコインのホワイトペーパーを見てみましょう」

 

ビットコインのホワイトペーパーを見ることで大方仮想通貨に関する

ルールや仕組みを理解することができます。

 

ビットコインに関してのホワイトペーパーを読むことで

P2Pシステムの仕組み

ブロックチェーンの仕組みを理解することができます。

 

「仮想通貨のペーパーが何がわからないという人は、

ビットコインのホワイトペーパーを比べてみることが

一番の理解の近道です」

 

英語のホワイトペーパーはグーグル翻訳をしましょう

ホワイトペーパーが読みにくいといわれているのは、

一番の理由は、英語で書かれており、日本人から読みにくいのは明らかですね。

 

そこでグーグル翻訳がお勧めです。

⇒https://translate.google.co.jp/?hl=ja&tab=wT

 

これは無料で英語を翻訳してくれるので、

めちゃくちゃ便利ですね。

 

 

このようにホワイトペーパーを見ることで

仮想通貨詐欺から身を守ることにつながります。

 

ホワイトペーパー以外でチェックしたほうがよいところ

ホワイトペーパー以外でチェックしたほうがいい部分を紹介しておきますと、

開発者をチェックしておくことをお勧めです。

 

特に「誰が開発したのか?」というのを

チェックしておくべきでしょう。

 

 

特に開発者チームの人数をしっかり見ておくことをお勧めします。

 

いくら有名人でも、

人数が少ないことはマンパワーが少ないということなので

開発がされないということがあります。

 

そこで「どんな人がどれぐらいいるか?」ということが大事になります。

 

仮想通貨ICOに関しては、人に着目してみることもひとつの

近道です。

 

 

 

ただ今期間限定で

■ビットコインが無料でもらえる方法

■仮想通貨初心者のための教科書

期間限定でプレゼントをしています。

以下の画像をクリックすると

ダウンロード画面に移行します。

↓      ↓      ↓

 

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です