ビットコインなどが値段を上げている中

Augur通貨という物があります

 

この通貨は今までにないユニークな特徴を持っており

 

今後の仮想通貨業界を

引っ張って行ってくれる可能性があります。

 

売らないという機能を利用して、今後は保険などの分野に大きく貢献する

ことができる可能性があります。

 

また発行枚数は1100万枚で時価総額でいえば

トップ30以内にランクされているなかなかの通貨です。

 

そんな可能性の中

Augur通貨の特徴と

可能性を見ていくようにしますね!

 

オギタ
この通貨は

なかなか面白くて

他にはない独特な

通貨だっぷ!

 

仮想通貨Augurの特徴はいったい何?

仮想通貨Augurとはプラットフォームの名称です。

 

正式にはイーサリアムのスマートコントラクトシステムを搭載し、

予測市場にユーザーが参加するために作られたプロジェクトです。

 

実際にAugurの中で使われる「Reputation(評判)」で、

通貨単位が「REP」になります。

 

「なんだかややこしぞ」となりそうですが、

ようはAugurはひとつの大きな塊で、そこでREPが使われると考えたらよいですね。

 

オーがーという名称は占い師から来ているのですね。

 

ブロックチェーンテクノロジーにより、

公正な取り引きを記録し、仲介者がいない分散型の未来予想市場を

実現させようとしています。

 

たとえば、未来予想などの市場で思いつくのはブックメーカーなどが

ありますね。

 

サッカーの勝ち負けを予測し、ベットすることで賭け事を行う

ということですね。

 

ただ賭け事には胴元というクライアントサーバーという存在があって

仲介を行いながら運営をしていることになります。

 

その運営者をなくして自由に参加できるようにしよう

としたのがAugurですね。

 

またAugurは複数で予測を立てていくことでより正確性の高さを実現しよう

としています。一人で予測を立てるよりも

みんなで予測を立てたほうが結果として正しい方向へ行くというのが

考えのベースになっています。

 

Augur通貨の特徴とは

1,イーサリアムのウオーレットで保存される(スマートコントラクトの搭載)

Augurコインは

イーサリアムネットワークのためのトークンの

ためイーサリアムのウオーレットで保存される

ことになります。

 

⇒イーサリアム仮想通貨はこちらの記事を

参考にしてみてください。

 

2,ギャンブル性を秘めた通貨

これはどういうことですか?ということですが

例を挙げて説明してみると

明日晴れか?

曇りか?

と予想してくださいと言われたとして

どちらかで答えを出しますよね!

そこで実際には晴れだったとします。

 

正解をした人がAugerを得ることができ

間違えた人は逆に失ってしまうという仕組みですね。

 

簡単に言えばギャンブルの

要素を秘めているということです。

 

すごく面白いシステムですね!

 

「でも怪しいんじゃないか?」確かにそう思いますね。

でもギャンブルがある意味予想ということです。

予想は様々な市場で使われています。

例えば保険はその例ですね。

言い換えると
保険会社とかけをするということですね。

病気になれば

保険金を受け取るという賭け事を保険会社と行うということです。

 

被保険者は病気ならなければ予想が外れたとして

保険料を支払続けます。

しかし、

病気になってしまった場合保険者より保険金が支払われますね。

このような仕組みをAugurを利用することで

成立させることができるかもしれません。

 

またAugurというプラットフォーム内では誰でも賭け事を作ることが

できるというのも一つの特徴です。

 

保険会社であれば

病気になるか

病気にならないか

という予測の下で活動を開始することができ、

だれもがその賭けに参加することができるようになります。

 

また胴元がいない分、公平性が保たれて、

配当金や結果が公正に判断されるということになります。

 

 

 

事実認定をするレポーターの存在

Augurを使えば、プラットフォーム内で自由に賭け事に関する

活動を行うことができるようになります。

 

胴元がいないために公正に配当がされて、フェアな活動が行うことができる

用になります。

しかし、多数が予測している中でどれが正しい予測であるのか?ということを

認定する人が必要になります。

 

それが多数存在するレポーターという存在になります。

「賭けとなっている予想が本当に正しいのか?どうか?」ということを

事実認定し、報告する義務が生じます。

 

「何でそんな面倒くさいことをしないといけないのさ」

と思いますが。

実際レポーターが正しい事実判断を行うと、レポーターには

報酬が支払われるようになっていきます。

 

しかし、事実とは違う判定を行うと「レポーターになるための供述金が没収され」

資格を失ってしまうということ。

 

「これなら不正なく事実判定をしっかりしないと」と思いますよね。

なかなかうまくできているものです。

 

Augurはどのようなことに活用することができるか?

このギャンブル性を秘めた

仮想通貨はいったいどのようなことに

活用できるか

 

ということですが一番の利便性は

中央集権が存在しない環境で

ギャンブルができるということです。

 

例えば今売っている宝くじですが、実際には宝くじを売っている

胴元がいますよね。

 

宝くじ券を発行しそこから利益を得ています。

 

当選番号なども先に胴元で確認してから

全国へ発送されるということになりますね。

 

ギャンブルは実際に運営者が消費者の間に立つことで

運営がされています。

 

実際に運営者が存在することで

・情報を操作される可能性

・宝くじであれば

・買い占められる可能性

・運営者の仲介料を通した

・配当金の減少

などが考えられます。

 

中央集権体制を

Augurを用いて分散させることができれば

消費者みんなで運営することができます。

 

もちろんギャンブルの不正なども

防ぐことができますし、情報の開示や購入など

全ての人に平等に機会が与えられることになります。

 

公平性というところでブロックチェーンの存在が非常に大きいですね。

 

Augurの今後の将来性は?

公正なギャンブルを可能にしてくれる

Augur実際には将来性はあるのでしょうか?

 

これは日本国内においては

まだまだ読めない点があると思います。

 

 

理由としてまず日本ではギャンブルの規制が非常に激しいからです。

競馬や競艇などまだまだ世界に比べると

一部しかないということが正直なところです。

 

ただ保険の市場とAugurの予測市場は非常に共通点が大きいと

言われていますから、

もしも保険市場にシェアしてしまえ社会的インフラをとることができますね。

 


また1月には新しいホワイトペーパーも公開されていて

より予測市場が実用化していくことが考えられます。

 

今後国内での動きにも注目をしていきたいところですね!

もちろん賭け事がさかんな世界の動向も合わせて

みていかないといけません。

 

2017年当初は300~400円台でしたが

1年でおおよそ3~4倍の上昇となっています。

 

今後実用化されていけばより、価値が高まると考えることができます。

実際に購入できる場所は

コインチェックという取引場になります。

ただ今期間限定で

■ビットコインが無料でもらえる方法

■仮想通貨初心者のための教科書

期間限定でプレゼントをしています。

以下の画像をクリックすると

ダウンロード画面に移行します。

↓      ↓      ↓

 

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です