数々と仮想通貨が生まれていくわけですが、

今回はCOMSAトークンに注目を
しています。

「またわけのわからない
用語がでてしまった。」

 

確かによくわからない仮想通貨はたくさん飛び出してきますが

落ち着いて機能や理念を見ていけばその仮想通貨の特性が

非常によくでてくるので、かりやすいですよ。

 

はい今回その
コムサトークン(comsa)くまなく説明していきます!

 

 

さおりん
この通貨はどこかで聞いた

ことがあるようなブランドね!

オギタ
絶対何か勘違いをしている

だっぷ・・・・

 

コムサトークンはICO通貨

「COMSA(コムサ)」は、「Computer」の「Com」と日本語の「鎖(さ)」を組み合わせた、

「ブロックチェーン」に由来する造語だそう。

 

コムサトークンで抑えるべきことは
ICO通貨のプラットフォームになるという意味です。

 

→ICO通貨そのものがわからない場合
はこちらを参考にして見てください。

 

まず仮想通貨を開発しようと思うと多額の資金がかかりますよね。

またたいていの開発プロジェクトはベンチャー企業なども多いために

銀行にお金を貸してもらえない可能性も非常に高いと考えることができます。

 

 

そこで事前にトークンを発行し資金を集めて仮想通貨を開発。

価値が上がれば、資金を還元しますよというものです。

 

具体的にはプレセールで販売したトークンが価値を挙げれば

購入者は先行者利益を得ることができますね。

 

つまりCOMSAはICOすべてを担うために作られました。

実際にICOのプラットフォームになれば

資金はcomsaのほうに集まってくることは間違いありません。

 

検索エンジンのプラットフォームは間違いなくグーグルですが、

時価総額は非常に高い超有名会社になっていますね。

 

またCOMSAの場合資金集めのプラットフォームだけでなく

プロモーション活動もしてくれることになります。

 

つまり経済的に不安の残る中小企業からすると非常に

役立つ仕組みなっていると考えることができます。

 

またブロックチェーンを今後企業に導入していくための

ソリューションとしての役割もあります。

 

つまり「あなたの会社にブロックチェーンを導入しますよ」

という風に、技術面でのサポートも実施していく

予定です。

 

ザイフとの連携

またテックビュー社の持ち物であるザイフとの連携を行い

決済サービスや取り引きを手助けするというのも大きな特徴です。

 

 

またNEMでもおなじみのテックビュー社のプライベートブロックチェーンである

mijinを活用し、内部勘定を役立ててくれるシステムも持っています。

 

そうまるで自社株のようで自分の会社をフルに使って

サポートをしてくれるのですね。

 

 

 

 

資金が多額に集まったICO通貨のcomsaトークン

ICO通貨はまず機能が優れていることは

大前提なんです。

 

ただいくら、優れていたとしても「資金を集める方法がわからない」

とICOできないですよね。

 

そこで「こうやって集めるんですよー」と実際にICO調達をしたのが

comsa自身なんです。

 

自分が実験台になることで、今後のICO調達の展望を見せようとしたという

ことですね。

  • プレセール2017/9/9~9/21
  • トークンセール2017/10/2~11/6

 

という風にきげんを決めてコムサはトークンを発行し

テックビュー社で資金集めをしたということになります。

 

ビットコイン

イーサリアム

ネム

zaifトークン

 

4ほん立てでプレセールを開始したということになります。

 

 

ちなみにトークンとは独自の仮想通過とは少し違います。

ようは既存のブロックチェーンを利用した決済手段というよりも

モノに近いと考えたほうがよさそうです。

 

 

で、どれぐらい集まったかというと
109億円集まっているんです!

 

これって世界第7位なんですよ!

それだけ価値のあるものに

投資をしている可能性が高いのです。

 

 

コムサトークンはICOのプラットホームになる

非常に、今がわかりにくいですが、

ようは、コムサトークンが

他のICO通貨の人の手助けをしてあげるということです。

 

これから新たな仮想通貨がうまれて

いきますので資金調達をしていきたい

という開発者はたくさんいます。

 

 

もしICO関連でCOMSAがすべてを独占することができれば

間違いなく価値あるプラットフォームになりますから。

 

その期待は非常に高いのですね。

 

 

ただ資金調達は非常に助かります!
ジャフコでは16億の調達ですから^ ^

今後コムサトークンが販売された
としたら……

今後プラットホームとなり。

ICO通貨に革命を起こすかもしれません。

 

今後のCOMSAの将来性はどうか?

まずCOMSAはプラットフォームとしての役割以外にも

自社株としての役割を持っていることがわかります。

 

実際にはzaif取引所を作ったテックビュー社が作ったとされており

おおよそ半分のcomsaを保有しているといわれています。

 

これはどういうことかというと自社株のようなもので、

テックビュー社が技術を開発し、時にはプロモーションを行うことで

よりCOMSA自身のい価値を上昇させることにつながります。

 

 

そうなると自社株のようにCOMSAで潤い、かつ保有している

顧客自体も利益を出すことができるというWINWINの関係性を

築くことができます。

 

そのためテックビュー社のプロモーションも非常に

動向が話せません。

 

またCOMSAトークンはまだ100円にも満たないということで

非常に買いやすいのも特徴です。

1. NEMとEthereumのブロックチェーンでペッグされたハイブリッドトークンの発行。
2. 上記を用いたICOソリューション。
3. NEMとEthereum上の、暗号通貨とペッグしたトークン(BTC, ETH, and XEM)。
4. NEMとEthereum上の、法定通貨とペッグしたトークン(JPYZ、Tetherなど)。
5. 内部高速トークン勘定としてのプライベートブロックチェーンmijin。
6. ペッグされたトークンの裏付けとなるZaif取引所と、そこでのトークンの取引取り扱い。

 

そして発行したコムサトークンはどういう用途として

使用できるのか?

 

ということですが、

それはICOを開始するときにコムサトークンは絶対的に使用されるということです。

 

つまりCOMSAトークンだてでICOを開始する枠があって

それで買えばボーナスがもらえるという

そんなお得な参加権としてに役割を持っています。

 

非常に需要性が高いと考えるかが今後は規制も起こりえるか

これからも仮想通貨を発行していきたい人は

山ほどいます。

 

つまりその中でICOとしての高い需要を持っているのが

コムサトークンということになります。

 

ただ、今後時間がたつにつれてICOの規制はおそらく少しずつされていくでしょう。

そもそもICOは簡単に資金集めができてしまうために、

資金だけ集めて実際に逃亡したりなど、

 

詐欺の温床になることが非常に多いです。

 

仮想通貨に比較的寛容な国のアメリカでも

今後はICOに関して規制を行っていくという情報もあります。

 

 

つまり、COMSAがいかに良質なICO調達をできるかどうか?ということに

将来性がかかりそうですね。

 

 

非常に将来が高いコムサトークンですが、

12月4日よりリリースされています。

 

COMSAトークンはどこで手に入れることができる?

 

実際に買いたい人はどうすればよいか

まずはzaifに口座開設を

するようにしましょう。

コムサトークンが発行する運営会社

テックビューロが運営している取り引き所ですね。

 

 

⇒テックビューロが関わっている
ネムコインのカタパルトにも期待です!

そして買う際には

2種類あることに

注意する必要があります。

これはどういうことかというと

ネムコイン

イーサリアムコインと

2つからの買い方があるということですね。

ちなみにトークンに投資を行い、

それを売却する時に

イーサリアムコインとして
受け取るのか

ネムコインとして受け取りを行うのか

考えておかなければいけません。

両方でうけとることは不可能なんです。

 

 

 

 

ただ今期間限定で

■ビットコインが無料でもらえる方法

■仮想通貨初心者のための教科書

期間限定でプレゼントをしています。

以下の画像をクリックすると

ダウンロード画面に移行します。

↓      ↓      ↓

 

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です