実際に価格をバク上げし、

200万超の最高値をつけた

ビットコインですが、

12月22日を1万3000ドルを割り

5日間で3割減の

下落をしてしまいました。

「なんでこんなに下落をしてしまったのか?」

今回はその原因をまとめておこうと

思います。

さおりん
ビットコインが下落してしまったのは

実は理由があるなりよ

ビットコインが下落した原因とは?

,ビットコインに対する銀行からの警告,金融警告規制

具体的にはどういうことかというと

ビットコインが余りにも

高騰しているために

銀行や、金融機関が警告を

かけているということです。

実際に12月中旬までは

異常なまでの高騰を見せているビットコインです。

2017年は当初は10万円代だったものが

12月中旬には

200万円代と

まさに20倍の上昇を見せています。

この価格上昇はまさにバブル期を上回る

ぐらいに上昇をしているのです。

ビットコインバブルは
米社の株にも影響を与えました。

飲料会社が

ビットコインのシステムである

ブロックチェーンという

文字を社名に加えたところ

株価がなんと4倍にも上昇をする

という事件までもが起こっているんです。

ブロックチェーンは社名ではなく

用語になります!

こうしたバブル期のような高騰を見せている
ビットコインに対して、

各国の中央銀行や

金融庁の各国のトップが

けん制を加えているためだとされています。

実際に日銀の黒田東彦総裁は

21日にビットコインの上昇について

異常な高騰

と言及をしています。

 

アメリカのイエレン議長も同様に

発言をしています。

ようは世界の銀行関連がビットコインは

上がりすぎているというニュアンスを表面化しているのです。

また金融規制当局も当然厳しい視線を
ビッとコインに向けています。

FCAのベイリー長官は

ビットコイン投資家は
全てを失う覚悟をすべきだ

とまで言い切りました。

 

こういった発言を受けて

投資家たちは現実を直視したといえます。

つまり、利益確定のときに
売りが有効になったということです。

「損をする前に
今にうちに打っておこう・・・」

という動きですね!

その売りの動きにより

ビットコインは下がったと

考えてよいでしょう。

 

今回の下落から考えられること

1,仮想通貨に対する価格下落抵抗が弱い

簡単に言うと
仮想通貨は上昇の一途を

たどってきたので

価格の下落に対する抵抗が

非常に低いということです。

 

ですから今回の銀行や、金融規制などの

警告にも非常に反応をしてしまったという事。

価値が下がることを恐れた投資家たちが

こぞって売りに出たのだと

考えることができます。

 

2,まだまだ市場が小さい

まだまだ仮想通貨に対する市場は小さいと

考えることができます。

 

小さいなりにやはり有名人の発言や

ニュースで容易に価格が左右される

可能性が高いということですね。

⇒市場は小さいのはビットコインの危険性の

一つになります。

今は市場が拡大するときの

荒波が起こっていると

考えることができます。

このような波は今後も大なり小なり

必ず起こってくるでしょう。

私は

仮想通貨の可能性を見通したうえで

長期的な視点で

投資を続けていこうと思います。

ただ今期間限定で

■ビットコインが無料でもらえる方法

■仮想通貨初心者のための教科書

期間限定でプレゼントをしています。

以下の画像をクリックすると

ダウンロード画面に移行します。

↓      ↓      ↓

 

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です