今やどの仮想通貨も

かなり爆あげを行い

仮想通貨元年と呼ばれる2017年ですが

 

いまだお買い得感のある

siaコインという物があります。

実際に

Siakoin2015年に誕生した

仮想通貨の1種です。

ビットコインと比べると

なかなか聞きなれはしないですが

 

今後爆あげ期待の

仮想通貨になります。

 

siaコインがどのような

特徴を持つのか

詳しく紹介をしていきたいと

思います。

 

オギタ
このシアコインは

画期的な機能を持っているん

だっぷ!

1,SIAコインができたのは個人のパソコンの空きストレージを利用すること

SIAコインの特徴ですが

まず抑えておいてほしい

大原則が

個人のパソコンの空き容量を

利用しましょうという考え方です。

 

1家に1台は確実にパソコンが

普及している時代です。

 

しかし容量があまっていることは

結構多いのです。

例えば私がもっているパソコンは

250Gバイトですが

 

半分くらい普通に余っています笑

 

そんな個人のパソコンを利用して

空き容量を利用していくという考え方です。

 

※実際にこのような考え方が生まれた背景として

企業のみでは対処ができないということです。

データーを保存するクラウドサービスは

実際に空き容量が飽和しているということなんです。

 

⇒クラウドサービスとはインターネット上にデーターを保存してくれる

ネットサービスです。パソコンが壊れていても

データーがそこに残っているので

バックアップがとられますよ。

 

ということですね。

その代り、データー保存を行うためには

それなりのコストがかかるということです。

 

空き容量が不足しているのに

今後よりビッグで

複雑なデーターを保存していく必要があります。

そんな中空いた家庭のパソコンの

空き容量を利用しようという

考え方が生まれたんですね!

なるほど!

家庭のパソコンの空き容量を

貸してくださいねということね。

 

そう。サービスだけでは今後

対応できないかもしれないだっぷ。

 

空き容量を渡す代わりにシアコインが支払われる仕組み

「すみません。空き容量を貸してくれませんか」

とデーターを保存したい人がいたとして・・・・

 

「わかりました。貸しますよ。その代り

シアコインを払ってくださいね」

ということで相互関係が成り立ちます。

つまり空き容量を貸してあげることで

シアコインがもらえるというメリットがあるんです!

 

一つのデーターサーバーに保存をするのではなくブロックチェーン技術を利用してデーターを分散させる

例えばクラウドサービスはデーターを1か所に

保存をしています。

 

しかし、siaコインの技術は

データーをあちらこちらに分散させるという

スタイルを持っているんです。

 

実際にそれを可能にしているのは

ブロックチェーンという

仮想通貨に代表される技術です。

⇒それを分散型クラウドソーシングといいます。

 

実際に分散されることで、

データーがあちこちに飛び散ってしまいますから

ハッカーもどこに攻撃していいのかわかりません。

 

セキュリテイもブロックチェーン技術に守られています。

 

実際にこの分散型クラウドは利用可能でして

今は100円から強大なクラウドストレージを

貸し出すことが可能です。

 

実際には空き容量を貸してもらい

その容量に応じて

 

料金が決まるということで、

その料金は貸し出した人へ

siaコインとして支払われる仕組みに

なっているということです。

 

データーを借りたい人もクラウドサービスより

安値で利用することができる

データーを貸した人も実際に仮想通貨で見返りを

受け取ることができる。

まさに双方winwinの関係がある

機能性の高い通貨といえます。

 

2,秘匿性が高い(プライバシーが守られる)

実際に分散型クラウドという体制をとっているので

いかなる理由でもデーターは第3者が覗き見る

ことは一切できなくなります。

 

実際にファイルはネットワークで分解されて

暗号キーとして配布をされることになります。

 

そのため自分のデーターを持っているために

外部からは除かれることはありません。

3,稼働が安定する

これは分散してデーターを保存する形式を

とっているためです。

例えば

人の場所にがんがんデーターを保存してしまうと

パソコンは非常に重たくなってしまいます。

分散しているために

稼働が安定するということです。

 

シアコインの今後は??

シアコインは現在12月20日時点で

おおよそ2円程度になります。

 

実際に2円なので非常に格安と

言えます。

 

しかもsiaコインは開発暗号通貨ランキングで

5位にランキングを

しているんです。

ビットコインやイーサリアムに次ぐ

6位です。

なかなか将来性が高いと

言えるのではないのでしょうか。

 

そして2017年前半では100倍の成長を

見せたものの

 

依然として2円~3円の間でうろうろとしている感じです。

 

私からするとまさに

今がチャンスという感じがします。

 

つまり底値から

価値がどんどん上がる可能性があるということです。

 

※siaコインは現在国内では取引を

行う事はできません。

 

実際には

日本でビットコインに返還を

してから

海外の取引場でビットコインから購入する

必要があります。

実際には海外のBitrexという

取引場を利用することがお勧めです。

実際に英語ばかりですが

ブラウザをChromeにしておけば

日本語訳にすることが可能です!

ただ今期間限定で

■ビットコインが無料でもらえる方法

■仮想通貨初心者のための教科書

期間限定でプレゼントをしています。

以下の画像をクリックすると

ダウンロード画面に移行します。

↓      ↓      ↓

 

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です