ビットコインは正直胡散臭いと感じている人が

 

中にはいるのではないのでしょうか?

現在下がったにもしろ

非常に高騰を見せているビットコイン

⇒12月12日にビットコインが下落した原因は

コチラを参照してください。

大分投資している人も少ない中

「胡散臭い」と感じるのはどうしてなのでしょうか?

 

ビットコインが胡散臭いと感じてしまう理由

1,仮想通貨そのものがよくわからない

実際にビットコインがそもそも

何のために存在をしているのか

わからないということがあります。

仮想通貨元年と呼ばれた

2017年にも

 

しかし、そんな「バブル」と叫ばれる2017年においても、実のところ一般市民の9割近くは未だ仮想通貨(ビットコイン)に対して、

  • よく分からない
  • なんか怪しい
  • なんか胡散臭い

という「無関心以下」の印象しか持っていません。

http://story-is-king.com/post-9604#i-4より引用

値段は上がっているけれども

「いったい何がおこっているのか?」

さっぱりわからない。

実際に仮想通貨

どのような役割をもっているのか

さっぱりわからない

ということが、

ビットコインを胡散臭いと

思わしめる原因になっているかもしれません。

もし知識がないという状態で

胡散臭いと考えてしまう場合

まずは知識を取り入れることから

してみましょう。

⇒ビットコインの仕組みとはという記事を

参考にしてみてください。

例えばビットコインのブロックチェーンという技術は

非常に革新的な技術で今後

より多くの可能性を秘めていることが

勉強をするとわかります。

⇒仮想通貨のブロックチェーンとは?

 

2,2014年マウントゴックス事件によるマスメデイアの影響

ビットコインで有名なのが

実際に起こったマウントゴックス事件というものです。

ここでは詳しくは説明をしませんが

ビットコインが取引場から消失した

という話になります。

実際にビットコインを持ち去ったものの中には

取引場の社長も犯人にありました。

逮捕をされてしまいました。

ここで問題があったのは

ビットコインが悪者ではなくて

取引場や

銀行などに問題があるとされています。

しかし、

ここでマスメデイアはこぞって

ビットコインは怪しいというニュースを

報道しました!

 

ビットコイン=胡散臭いという公式が

成立してしまったのです。

ビットコインが何かよくわからないということに

加えてマスメデイアという

大衆操作の上で

国民が

「よくわからないし、怪しい」という

公式を頭の中に描いてしまったのではないかと

思います。

 

後はマスメデイアの普及でより仮想通貨が盛り上げられていく

2017年にはビットコインが大幅に上昇を

行い、

200万円台と1年で

20倍の価値を向上させました。

そんな中でさすがにマスコミや

媒体メデイアも取り上げられざるを

得ない状態になっています。

マスコミは間違いなく

「ビットコイン高騰。最後の通貨」

などと、

あおりにあおった記事やニュースを

飛ばしてくるに違いありません。

極端なあおりを行い

世間に注目を集めるのが

マスコミの一つの役割ですが、

もしこのようなニュースが取り上げられていくと

どうなるか?

おそらく

誰もが飛びついてしまうような

状況になってしまうと思います。

するとビットコインはしばらく値段を上げるのではと

考えます。

しかし、

先行投資をしていたアーリーマジョリテイが

売り抜けをしたときに

一気に価値は下落します。

そうなるとマスメデイアは今度なんと

取り上げるかというと

「ビットコインはもう終わりです」

と簡単に報道してしまうかもしれません。

今度はみんなが一斉に売り出しを行ってしまいます。

結果的に

ビットコインは下がってしまうのではないかと

将来的には考えます。

大事なことはマスメデイアの対して

受け身にならないことですね。

自信で知識をつけて判断し

自己責任で投資を行う事ですね!

 

ただ今期間限定で

■ビットコインが無料でもらえる方法

■仮想通貨初心者のための教科書

期間限定でプレゼントをしています。

以下の画像をクリックすると

ダウンロード画面に移行します。

↓      ↓      ↓

 

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です