この記事では

zaifトークンについて

取り上げていきます。

 

今現在トークンという種類です。

トークンとは

何かということですが。

 

既にあるブロックチェーン

を利用しているのがトークンの扱いです。

 

新技術を利用しているのが、

仮想通貨(アルトコイン)といいます。
⇒アルトコインの記事は

こちらが参考になります!

 

そんな既存のブロックチェーンを
有する。

 

zaifトークンの特徴はいったい
なんでしょうか?

将来性はあるのでしょうか?

さおりん
zaifってどこかで聞いたことあるね!
オギタ
そう仮想通貨の取引上の

名前だっぷね!

 

zaifトークンの特徴とは

ではzaifトークンとはいったいなんでしょうか

大まかな特徴をお伝えしていきます。

1,zaifが発行したトークン

まず、一番目玉なのが、
コイン取引所
ザイフが発行した独自のトークンですね

 

具体的にには、

ザイフを運営しているビューロテックという

運営会社が発行している
トークンですね!

 

実際にzaif取引所でしか

取引ができないです。

 

実際にビットコインなどは管理者を持たず、マイニングで

取引承認を行っています。

ただひとつの難点としてマイナーの意見が非常に強くなってしまいます。

「もっと簡単にマイニングを行いたい」というように。

 

そうすることで仮想通貨などが分裂したり意見がかたよりやすく
なってしまうんです。

 

テックビュー社は事態が発行したものなので

テックビュー社はより大きな会社になり、

 

流動性を高めて行きたい

 

保持者は、とにかく持っているza-fトークンの値段をあげたい

 

と双方の利益が一致させることができます。

 

もちろん、中央集権制の通貨になるので

テックビューロの業績にも応じて、値段が連動する可能性が

非常に高いですね。

 

たとえばCOMSAトークンのICOのときに

ビットコイン

イーサリアム

ネム

zaifトークン

 

と4種類で送金を受付しましたが、

zaifトークンで、購入したときにのみ2%の

ボーナスをつけたということです。

 

企業がプロデュース提携できるところが非常に大きいですね。

 

2,実際にコムサトークンのセールスに有効通貨として使用できるとされた

次に、コムサトークンセールをする時に有効通貨として

 

zaifトークンが使用されたと
されます。

 

実際にコムサトークンは
ザイフを運営する

 

テックビューロという
会社が発行したものになります。

⇒comsaトークンの記事は
コチラを参考してみてください。

 

コムサトークンの特徴的なところは

今後発行されるICO通貨の

資金調達を行うためのプラットホームに

なるということです。

 

今後ICOが活発になれば間違いなく
コムサトークンに価値が集まりより価値を上げるでしょう。

 

プレセールでトークンの価値を企業がつけたので

今後はよりCOMSAトークンとの連動に

注目が集まります。

 

3,ロックアップを行う


zaifが自社の
トークンを25パーセント

ロックアップしていることも重要です。

 

簡単に言うと、私達が持っているzaifトークンを

売りませんよという話です。

 

そうすることで実際に

貨幣通貨を抑えることができます。

 

2018年12月末まで90億枚のうち、4分の1が

ロックアップをされるということですね。

 

すなわち貨幣のカズが少ないというほど

価値を上げることができます!

 

zaifトークンの将来性は

zaifトークンですが

将来性はどうでしょうか

私の意見からすると

まだまだ価値は高騰すると

考えています。

現在のチャートをざっくりと見て行きます。

これを見ると、おおよそ、1年で最高のときを比較すると

0.1円⇒4円台とおおよそ

40倍の高騰をきたしていることがよくわかります。

 

そこから、年始にかけて、徐々に下落、現在はおおよそ0.8円程度

で推移をしています。(すごいボラリティの高さですね笑)

 

大きく値段をさげましたが、時価総額的にまだまだ将来性は高いとおもいます。

 

なぜなら発行枚数90億枚のうち、

4分の1がロックアップされていますから、

市場に出ている分はおおよそ67.5億枚ということになります。

 

67.5億枚×0.8円なんで時価総額はおおよそ60億円ぐらいなんですね。

 

ちなみにモナコインであると500億円ですね。

 

単純に考えて時価総額が低いということが特徴です。

 

今後仮想通貨業界がさらに成長し、zaifそのものに

投機マネーが流れ込めばまだまだ価値を上げる可能性は

 

高いと考えています。

 

テックビューロが発行しているのでプロデュース活動も可能

zaifが発行した通貨だと

いう理由です。

 

実際にzaifだけしか買えませんよ
ということなんで

今後ビットコインの高騰などで

余計に仮想通貨ブームが
起きるでしょう。

そんな中でザイフは取引所なんで

続々と投入する人が増えていきます。

 

そうなると

zaifトークンは非常にめがいきます笑

そう自社というブランディングを

見事に連携させています。

 

また、テックビューロ社はかまいたちという

お笑いグループとも連携をし、

実際にユーチューブで宣伝活動を行っています。

 

今後テックビューロが有名になれば

なるほど自社トークンもガンガンあがっていきます。

 

まだまだテックビュー社もベンチャー企業の段階で、

東証などにも上場していません。

 

今後株式に上場を行うことで、より自社株に近い

zaifトークンの価値が高まるのではないか?

 

とすごく期待をできますね。

 

今の時点ようやく仮想通貨をみんなが知り始めたところ…

はい将来性は非常に高いです。

 

ちなみに12月16日に爆上げをした要因は

一言でいうと

お笑いコンビのかまいたち効果

ということです。

かまいたちがザイフのCMを
したことが非常に大きいですね。

まだまだ小さな規模のために

小さなきっかけでガツンと上がることが

非常に大きいんです。

まだまだ上場し進出余地の高いzaif

コムサトークンとも関連性で

より値上げを期待することが
できますね!

たとえばCOMSAはICOのプラットフォームになるということですので

ICO案件を独占することができれば

もしかしかしたらzaifトークンも採用するのではないかと考えています。

 

ようはCOMSAのプレセールのときのようにzaifで購入すればボーナスを

付与するというように連動した使い方されるのでは

ないかとおもいます。

 

追記どうやら、ロックアップ中のzaifトークンがネムに移行するとのこと。

どうやら、現在テックビュー社が保持している

ロックアップ分のzaifトークンをネムプロトコルに移行をさせる

ということみたいです。

ちなみに2018年の2月中旬にプロトコルを

実施するということです。

わざわざ使い道のないと言われる

トークンを通貨に変える意味は
いったいなんでしょうか?

 

もしかしたら意外な展開が待っているかもしれませんね。

 

理由はともあれ
zaifトークンの価値を上げたいからだと
予測できます。

テックビューロー株のようなもので

それだけ価値が上がれば

会社も潤いますから。

 

zaifトークン2018年もしかしたら

熱い年になるのではないかと個人的に予測をしています。

 

zaifトークンを購入できるのはzaif一択

zaifを購入できるのは

zaif一拓になります。

 

管理者がはっきりとしているので

これまでの仮想通貨とは異色であるといえますね。

 

つまり、一種の自社株のようなものであると

考えたほうがよいでしょう。

 

判断材料としてはNEMプロトコルへの移行や
COMSAトークンとの連携

 

そして、テックビュー社そのものの成長。

コラボレーションしているかまいたちの言動や

動きにも注目が集まりますね

 

仮想通貨だけでなく、自社株を購入しているような気になるのも

zaifトークンの特徴ではないかとおもいます。

 

非常に面白いですね!

 

今後にきたいですね。

 

 

ただ今期間限定で

■ビットコインが無料でもらえる方法

■仮想通貨初心者のための教科書

期間限定でプレゼントをしています。

以下の画像をクリックすると

ダウンロード画面に移行します。

↓      ↓      ↓

 

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です