今現在は取引としての要因が強い

ビットコイン・・・・

実際には安値で買い、

高騰したという部分で

ニュースなどで取り上げられています。

しかし、今後10年

20年と経過していくうちに

 

今後ビットコインはどうなっていくのかということは

 想定をしておきたいですね!

この記事では

ビットコインの可能性について

詳しく見ていきたいと思います。

オギタ
これからもビットコインの

可能性はいつから?

さおりん
もう始まっているかもしれない

だっぷ!

 

ビットコインの可能性

1,世の中の消費者がお得になる可能性

ビットコインが普及をしていくうえで

世の中の人が

お得になる可能性を秘めています。

一番のお得でわかりやすい点は

仲介料を取られないということです。

例えばネットで買い物を行った時に

振込手数料や

代金引換費などが

わかりやすいのではないのでしょうか?

これらは実際に

仲介料として

取られることになります。

ビットコインをはじめとする

ブロックチェーン技術が

市場に普及していけば

今後手数料は間違いなく

必要なくなる仕組みですね。

そうなると消費者全体が

得をする可能性があります。

 

2,分散で通貨のリスクを回避できる可能性

実際に

今信用通貨として

現物にあるのは

紙幣と金ではないかと思います。

私たち普段

この紙幣を用いて買い物をしていますね。

ただこの紙幣に危機感を覚えている

人たちがいるということを

知っておかねばなりません。

例えば

中国の人はビットコインをおおよそ

80%所持していると言われます。

 

これはどういう事かというと

中国の人は

中国の紙幣そのものに

信頼を置いていないということが

 

読み取れるのではないのでしょうか?

例えば世界でもリーマンショックという

恐慌が起こされ紙幣が大量に売りに出されてしまい

国に対する信用も

大きく失われてしまうことがありました。

また、日本やアメリカなど

経済大国と呼ばれる国も

多額の借金をしていると

言われています。

今後経済が破たんし、

紙幣が大量に売りに出されてしまったら

紙幣としての

価値は信用を失うという

可能性があります。

 

そこでビットコインの登場です。

実際に送金手数料が一切かからないのが

仮想通貨の強みですから

今後みんなが信用を行い

投資をしていくことで

 

価値が高まり、よりビットコインが使われるようになります。

実際にビットコインという仮想通貨が

誕生することで

 

より分散投資を行い

一方のプラットフォームに依存しない

ということができます。

 

ようは一つの中央集権の判断により

 

貨幣の価値が白湯される危険性を

 

防ぐことができるようになると

いうことです。

 

アメリカなどではスターバックスが

ビットコイン決済を行う事で

一時器ニュースで取り上げられました。

 

今後求める人が増えれば増えるほど

世界共通の通貨として

いろんな市場を巻き込んでいく可能性があります。

今後ますます仮想通貨市場は

発展の一途をたどるに違いありません。

そのために、

少額から分散投資として

初めて見るのもよいのではないのでしょうか?

ただ今期間限定で

■ビットコインが無料でもらえる方法

■仮想通貨初心者のための教科書

期間限定でプレゼントをしています。

以下の画像をクリックすると

ダウンロード画面に移行します。

↓      ↓      ↓

 

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です