実際に高騰で

今世間に認知されつつある

ビットコインですが、

なんじゃらほいな?

とよくわからない人がいるということも

現状ではないでしょうか?

もちろんビットコインを使用することで

便利にかるお得になることは間違いないですね!

ただ良い情報と同時に

悪い情報を仕入れておく必要も

あります。

そこで、

今回はビットコインを使用することの

デメリットについて

詳しく紹介をしておきます。

 

ビットコインのデメリットまとめ

では一般的にデメリットとなる部分を

紹介しておきます。

1,売りたいときに売ることが出来なくて買いたいときに買うことができない可能性

ようは流動性が

まだまだ低いということです。

 

例えばFXや株式に関して

市場は定着しているので

十分な人口がいるということです。

すなわち売りたい人もいるし

買いたい人もいるということです。

流動性が高ければ高いほど、

あなたが売りたいときに

買いたいときに自由に

選択することができます。

しかし、

流動性が低いとなると

買いたいときに人がない

売りたいときに人がない・

と思い通りにならないことが

あるということです。

ただし、今現段階の話でして

今後、市場へ参入する人口が

増えれば増えるほど、

流動性は高められていくということです。

2,保管の多様性

実際に現物紙幣の場合は

財布に入れるか

銀行に

貯金をしておくかの2通りでしょう。

しかし、ビットコインは

保管場所に多様性があります。

 

例えば自分のパソコンにも

保管をすることができるし、

取引場のオンラインで

保管をすることができます。

スマホにも入れることができるし

紙として発行する

ペーパーウオーレットもあります。

⇒詳しくはウオーレットという記事を

参考にしてみてください。

それぞれおメリットやデメリットがあるので

目的や用途に応じて

使い分けないといけなくなってしまいます。

 

ただ最初は戸惑うぐらいで

なれてくれば運用は十分に

できますね。

 

3,現物でないことから今後無駄遣いなどの浪費につながりやすい

これはクレジットカード払いのようなものですね。

貨幣であれば

現物が見えるので

 

支払ったという感覚が

強くなるので

浪費はしにくいと言えるでしょう。

仮想通貨に関しては

目に見えないもので

残高は残るけども

実際には端末をかざすというような

 

支払方法になるでしょうから。

 

中には思った以上に

買い物をしてしまう人も少なくありません。

 

また流動性を高めるために

ビットコイン割引もおそらくあるでしょうから。

結果として使いすぎという事態が生じる

こともあります。

ただ、知識をつけて

仮想通貨の特性をつかめば

浪費を防げると考えます。

そしてアプリなどと連動もあるでしょう。

それを利用し家計簿のように

つけていくということもできるかもしれません。

 

4,価格が変動しやすい

実際にビットコイン業界は

まだまだ参入段階にあるので

市場が動きやすいといえます。

例えば平成29年12月22日では

金融規制や

中央銀行から

ビットコイン価格の上昇のための

勧告がされました。

それにより、売りに走ってしまい

ビットコインが200万から150万円と

短期間のうちに下がってしまったこともあります。

ようは価格変動が高い中では

投資ではなくギャンブルになる可能性

があるということ。

ただし、ビットコインをはじめとする仮想通貨は将来性が

非常に高く、今後間違いなく

価値を上げていくだろうと

感じます。

そのために短期の変動に

一喜一憂するのではなく

長期的な視点で投資をしていくことが

望ましいといえます。

ただ今期間限定で

■ビットコインが無料でもらえる方法

■仮想通貨初心者のための教科書

期間限定でプレゼントをしています。

以下の画像をクリックすると

ダウンロード画面に移行します。

↓      ↓      ↓

 

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です