ビットコインと電子マネーの徹底的な違いとは?

ビットコインという仮想通貨は

現在急速な勢いで広まっていますが

よく混同しがちなのが仮想通貨ということ

 

電子マネーを混同してしまうことです。

実際に私も仮想通貨と電子マネー

 

そのものが同じようなものと

勘違いをしていました。

 

しかし、実際には

仮想通貨と電子マネーには違いがあるのです。

 

さおりん
ねえねえ具体的にはビットコインと

電子マネーの違いは何があるの?

オギタ
ふふふふそれはね。

①電子マネーは法定通貨の対価でビットコインは通貨そのもの

②電子マネーは受け取りが困難、ビットコインは受け取りがしやすい

③電子マネーは一部の店舗で使用することが可能ビットコインは世界中どこでも使用可能

 

仮想通貨と電子マネーの違いとは

では実際にビットコインと電子マネーの違いについてみていきましょう。

いったいどのような特徴に違いがあるのでしょうか?

 

1,電子マネーは法定通貨の対価、ビットコインは通貨そのもの

電子とビットコインは似たもののように感じますが

仮想通貨と電子マネーは

両者に決定的な違いがあります。

 

それは電子マネーは結局のところは円で購入し、それに見合う

対価を受け取るということです。

 

ようは携帯電話やICOKAは代わりの財布のように考えることが

できます。

お金でポイントを購入し、それを財布に預けておくというような

感じですね。

 

 

例えば携帯電話をコンビニで振りかざすだけで

支払いが完了してしまう電子マネーですが、

紙幣や貨幣の代わりとして

支払いを行っているということなんです。

 

ようは見えませんが、実際に入金を行い

そのチャージ分(対価分)を目に見えないものとして

払っているということになります。

 

後はDMMカードのようなものも

電子マネーの一種と言えるでしょう。

つまり、課金を行いカードを購入します。

 

そしてDMMが作ったカードを受け取り

電子マネーとして使用できる仕組みということです。

 

ちなみに電子マネーは適当に発行をさせることはできません。

「第三者型前払式」の電子マネーを発行するには、法律でルールがきまっていて、適当に発行はできません。たとえば、発行にあたっては、内閣総理大臣あてに登録が必要でし、
このタイプの電子マネーは、明確な価値の裏付けがあります。なにしろプリペイドですから、事前にお金を預けているのですから。

http://agora-web.jp/archives/1582451.htmlより引用

ようは、お金を受け取り、

「それに見合うだけの価値をポイントとして付与しますよ」というのを

しっかりと国に報告しておくことが大事になります。

 

結果、ポイントはお金に変わる価値のあるものに変わるという

ことになります。

 

そのポイントは保障されて、会社や団体がつぶれない限り、

価値は保障されるということになります。

 

つまり電子マネーというものは携帯や、カードを通じて

ポイントで支払うことができますが、結局は独立したものでは

ありません。

 

国という法定通貨を存在する組織があって、その認可を受けて

初めて価値のある対価であるということが保障されています。

 

 

ビットコインの場合

ではビットコインは何か?というものですが、

決済の手段そのものであるということです。

 

そこに電子マネーとしての決定的な違いがあります。

つまり、仮想通貨そのものは独立をしているということになります。

 

電子マネーは支払いの手段の一つであって、そこには円が必要であり

国の存在が必要になります。

 

つまり取り引きをすることに銀行が台帳をつけて

その取り引きが唯一無二のものとして証明が必要であるということを

証明する必要があります。

 

しかし、仮想通貨はそれそのものとして独立することができます。

それはブロックチェーン機能というコンピューター台帳を書き換える機能を

有しているからです。

 

銀行などの中央集権が存在しないために、参加者同士で、ブロックチェーンを

お互いに監視していくようなシステムになっています。

 

ビットコインが通貨として存在できるのは

唯一無二の取り引きであるということを証明することが

可能になったからですね。

 

2,電子マネーは受け取りそのものがハードルが高く、ビットコインは誰でも簡単に受け取ることができる

次に電子マネーは受け取りに関して、ハードルが高いということですね。

つまり、受け取ることができるべきか?ということを

徹底的に審査をする必要性があるということ。

 

たとえばICOKAで電子マネーをチャージしようとしたときには

JR加盟店による審査を受けて、

それに対する決済のシステムを導入したり・・・・

 

つまり受け取るためにあれこれと審査を行い、

そのポイントが妥当なものなのか?

証明を行うことが必要になります。

 

そう。携帯や、カードを振りかざして使うのは簡単なのですが、

受け取りを行うときなど非常にハードルが高くなるというのが

特徴です。

 

ビットコインの場合

ビットコインは24時間いつでも、受け取りを行うことができます。

これは先ほどにも述べましたが、ブロックチェーンテクノロージーが

台帳を作成していくことで、送金の取り引きの証明ができるということです。

 

一応受け取りを行うためにはウオーレットというビットコインをためるための

アプリをダウンロードしていくことが必要になります。

 

送金とともに受け取り、それが証明として示されるために、

非常に簡単に受け取りを行うことができるようになります。

 

また迅速なかつ、停滞しない取り引きを実現できてしまうのは

パソコン同士の端末をつなげるためのP2Pという画期的なシステムが

充実しているからです。

 

銀行であればクライアントサーバーなどを通して、一度データーベースから

引き出すという作業が必要でした。

 

膨大なデーターがひとつに集まると、処理が追いつかなくなり、

スピードが落ち込んでしまうことができるということになります。

 

そこで分散型でインターネットでつなぐことで、

データーが分散化されてスムーズに取り引きを行うことができる

用になります。

 

3,電子マネーは限られた場所でしか使用することができないがビットコインは世界中どこでも使用することが可能になる

電子マネーは受け取りに関してもハードルが高いんだよ

ということでした。

 

たとえば、DMMプリペイドカードを使用しようとしても

DMMが現金を受け取り価値をしっかりと保障していかなければ

いけないということです。

 

それは国や決済など、あらゆる機関を通さないといけないということ。

 

そこまでやってもDMMカードはDMM加盟店でしか使用することが

できません。

 

つまり非常に限られた場所でしか使用することができないということです。

ICOKAのポイントをDMMで使用するということはできませんからね。

 

これはお互いが別々の取り引きとして台帳がばらばらになっているからです。

それらは結びつくことが無く、共通で使えるということはありません。

 

ビットコインの場合

ビットコインの場合は通貨そのものとして成り立つことができます。

管理者が存在しないので、世界中グローバルで使用することができるということ。

 

もちろんそれが通用するのもブロックチェーンテクノロジーが

取り引きを無二のものとしてしっかりと保管をしているからなんです。

 

つまりビットコインさえ持っていれば、

あらゆる買い物や飲食を世界中で決済することができるということです。

 

円をドルに変えたりなど、面倒なことをしなくても

それそのもので決済手段として可能にすることができます。

 

 

ビットコインは非常に便利!

よく電子マネーとビットコインは比較されうるものになりますが、

一言でいうと便利な世界通貨であると考えることができます。

 

電子マネーは支払いがスマートのように感じますが、

実はそこにいたるまでに国や機関の審査を厳しく通さないといけず、

手間がかかります。

 

また審査を通したとしても、一部の狭い団体でしか使用できないのです。

 

今あれこれと電子マネーを取り入れようとしても、

結局は審査の手間と、それを管理をするためのお金が発生します。

 

そこで仮想通貨が現れたのです。

 

仮想通貨のブロックチェーン機能が唯一無二の取り引きとして

きろくしてくれるおかげで通貨としての価値は保障されていきます。

 

つまり、取り引きそのものが証明につながるので、

銀行や審査に通す必要はなくなります。

 

世界中どこでもつかる可能性が出てきて

取り引きも簡単、しかも24時間どこでも。

 

決済を導入することで手数料などにもコストカットにもつながる。

つまりビットコインは今後も世界中から求められていく

技術であると考えることができます。

 

 

ただ今期間限定で

■ビットコインが無料でもらえる方法

■仮想通貨初心者のための教科書

期間限定でプレゼントをしています。

以下の画像をクリックすると

ダウンロード画面に移行します。

↓      ↓      ↓

 

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です