平成29年12月現在

おおよそ150円台と爆上げをしてきた

リップルコイン

⇒実際にリップルコインは2107年、12月13日に

バク上げしたと言われています。

 

 

 

⇒詳しくは12月13日にリップルが高騰した

理由についてという記事を参考にしてみて

ください。

 

 

 

この爆あげで実際に

億万長者が

何人か誕生した可能性もあります。

 

いやそもそも専門家の中では

「ようやく上がったよ」と安心する人もいて。

 

これまで20円台をうろうろとしていました。

 

 

ようはこれまでリップルに対して

「絶対に上がるんだけど、いつにいったい上がるのか?」

と心待ちにしていた人がすごく多かったということです。

 

 

実際にその期待への一つの理由として

 

リップルコインにグーグルが

出資していたという

ことも非常に大きいのではないのでしょうか?

 

 

グーグルがリップルコインに出資をしていたという事実

グーグルはリップルに対して投資をしています。

 

リップル・ラボはこれまでにグーグル・ベンチャーズの他、米投資会社のアンドリーセン・ホロウィッツやファウンダーズ・ファンド、中国のIDGキャピタルパートナーズなどから合計650万ドル(約6億5000万ドル)を調達した。金融サービスを受けられない「アンダーバンク」と呼ばれる人々の問題解決に特化した米コアイノベーションキャピタルも重要な投資家の1つだ。

http://investor-a.com/3930#i-2より引用

これを見ていても何かよくわからないですが、

リップル社にグーグルが

資金を出資しているということですね。

 

しかも非常にさらりと書かれていますが、

時価総額2位のグーグルが出資しているのは

リップルのみになります。

 

実際にグーグルも国際送金が

数秒できる

ブリッジ通貨としての価値を

認めているのかということが

考えることができます。

⇒詳しくはリップルの特徴とは

という記事を参考にしてみてください。

 

グーグルが出資した理由

どうしてリップルに

グーグルが投資をしたのかというと

やはり決済システムが非常に

魅力的であると言えるのではないのでしょうか。

実際にグーグルプレイをはじめとする

各サービスにおいてリップル決済を

用いることができるかもしれません。

 

 

またグーグルが出資をするということで

リップルは非常に

信用を得ることができますね!

 

 

グーグルと

リップルお互いがお互いを求めるという

親和性が出資に至ったのではないかと

考えています。

 

今後リップルをグーグルやアップルが実装する予定?

出資をしていたグーグルですが

今後はリップルのサービスを

実装していく可能性が非常に

高いといえます。

 

まあ普通にそうですよね。

出資しているということはそもそもリップル社の技術を

将来的に活動に用いたいという可能性が非常に高いものです。

 

W3C(World Wide Web Consortium)がGoogleやApple、Microsoft、Mozilla、Facebookと共同で仮想通貨での支払いに対応したブラウザAPIを開発し、また企業らがこれを採用することが分かった。

http://coiner-blog.com/news/google-apple-ripple#GoogleAppleAPI

 

うーんこれはコインデスクで発表をされたものですが・・・

これだけを見ても非常にちんぷんかんぷんなものです。

 

まずAPIというのは財布を紐付けしたということです。

たとえばこれまでグーグルなどの支払いは、クレジットカードなどを

入力したりなどをしていましたが、

APIを実装することにより仮想通貨での支払いが

現実的になったと考えることができます。

 

まずこれまででグーグルさんやアップルが

APIで仮想通貨決済を導入するというところまで

抑えておいてください。

では次にリップル社と関係性が深い、W3Cという用語を見ていくようにします。

 

 

実際にW3Cというのは非営利団体のひとつです。

ティムバーズナリー氏が

が初期メンバーとして立ち上げたといわれています。

 

 

つまりこのティムバーズナリー氏がリップル社と非常に

関係が深い人間です。

 

 

実際にリップル社が開催した

SWELLというカンファレンスがあるのですが、

 

実際にそのカンファレンスの中で出てくるのが

W3Cを開発したティムバーナーズリー氏が出てくるのです。

つまりリップル社と関係が深い

W3Cというシステムを今後

グーグルが採用していくと考えると

やはり使われるのは

リップルコインなのではないかと

考えることができます。

 

 

APIにリップル社のILPを採用したとされている

次にリップルが使われる可能性が高いひとつの理由として

APIにリップル社のILPを採用したという情報があるということです。

 

ILPというのは非常にややこしいですが、

ようはブロックチェーンを超えて

あらゆる通貨の種類で支払いをすることができるシステムと

考えてもらえればOKです。

 

もし本格的にリップルがグーグルの決済システムに採用されると価値が一気に上がる?

もしもリップルコインが

グーグルなどの決済システムに採用されると

価値が非常に上がることを予測している人もいます。

 

もちろんこれまで100以上の世界銀行や企業と提携をしている

リップルですが、グーグル決済の不可欠な部分になることで

ファイナンシャルの柱を持つシャーシになることができるのです。

 

 

つまり、それだけ役割を担えるのがリップルだけということになり、

か価値そのものが大きく飛躍するとも言われているのです。

 

 

ちなみにグーグルにリップルが採用されることで

 

1XRPあたり60000円となると主張する専門家もいるぐらいです。

 

そうなると今はリップル100円ぐらいですから・・・・・

 

おおよそ600倍の資産ということになりますので

非常に楽しみにすることができますね!

 

 

ちなみに世界的企業の決済サービスでリップルが用いられやすいのは

やはり絶対的に国際的に強いからだと考えることができます。

 

 

つまりリップルを介して世界中の法定通貨を仲介できる

技術は非常に便利ですばらしいんですね。

 

 

世界中の人に求まられるのは

間違いなく便利なものです。

 

つまりファイナンシャルにおいてリップルは非常に

便技術なんですね。

 

実際にブリッジ通貨として

世界中の銀行に

 

送金としての目的を広めようとした

リップルですが

 

最強のプラットホームであるグーグルなどの

決済システムとしての市場を埋めることになると

価値は間違いなく上がってしまいます。

 

 

今後のグーグルの動きにも

注目をしていきましょうね!

ただ今期間限定で

■ビットコインが無料でもらえる方法

■仮想通貨初心者のための教科書

期間限定でプレゼントをしています。

以下の画像をクリックすると

ダウンロード画面に移行します。

↓      ↓      ↓

 

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です