「仮想通貨を買ってみようかな?」

とあなたは考えているかもしれません。

 

「でもそもそもわからないんだけど」

と仮想通貨を持つことそのものに

意味が分からないという人もいるかと思います。

 

そもそもビットコインが盗まれるという事件も

2013年に起こっていますから。

⇒詳しくはマウントゴックス事件を参考にしてください。

当然慎重にならざるを得ませんね。

今回の記事では

実際にビットコインを持つことで

得られるメリットを記載していきます。

 

1,中央集権体制がない

まず仮想通貨の最大の特徴である、中央集権体制がないというのは

そのままメリットになりうる可能性があります。

 

たとえば、円やドルなどは国が管理する法定通貨になります。

金本位制から始まり、国が価値を補償した通貨ということになります。

 

国の機関である中央銀行が景気に応じて紙幣をすったり、

売りにだしていくことで需要と供給の関係性の下

調整をしているということです。

 

ただ考えによっては、国が管理しシステムを作っているのであれば、

国の価値が崩壊したときには法定通貨そのものの価値が無くなるといっても

過言ではありません。

 

「そんな大げさな。円やドルが無くなるわけがないじゃないか?」

と思いますかね。

 

たとえば店の周りを見渡してください。

物価って自然に上がっているように感じませんか?

 

たとえば缶ジュースって100円切るような時代もありましたよね。

それが今では130円~という値段になっています。

 

もらえる給料はどんどん減っているのにインフレーションにより

物価が上昇している。

 

まさに国の不景気を受けて紙幣の価値も大きく変わっているという

わけです。

そこでキプロス政府はEUの各国に支援を求めるのですが、この危機に対してのEU及びIMF(国際通貨基金)が出した救済条件は、国内の預金者たちにも負担を求める「預金課税」を提案します。そしてキプロス政府は銀行預金の封鎖、そしてその預金の一部を税金として回収しようとします。

ttps://bitcoin-joho.com/より引用

「はあふざけてんじゃないよ」と耳を疑う事件ですよね。

これはギプロスが経済危機に陥ったために銀行を封鎖して

預金者に税金を課すというまさにとんでもない事件です。

 

そんな中でパニックに陥ったギプロスの人々は仮想通貨を買いあさったとされています。

 

管理者のいないビットコイン

ここで法定通貨から仮想通貨に注目が集まった理由として、

中央集権制のない独立したシステムが際立ったのです。

 

つまりビットコインは取り引きをすると自動的に

分散型台帳で記入される仕組みになっています。

 

マイナーをおいて承認作業を行い、参加者全員で台帳を監視するという

システムの下に成り立っています。

 

つまり、独立しているので国の制限や監視が無いということ。

いかに流動性が高まり、いかに使われるのか?

 

ということに重点が置かれ価値が高まるので、

管理者が突然つぶれてしまい、一切のコインが価値を失うということが

起こりえないのです。

 

2,手数料が格安もしくはかからない

ビットコインは独立した通貨であるために手数料が格安

もしくはかからないということがあります。

 

「なんで独立していると手数料がかからないのさ」

と疑問に考える人もいるかと思いますが、

それは銀行のような仲介者が存在しないからです。

 

たとえば送金を円でしたい場合、銀行が台帳をつけるという仲介を通すので

手数料がかかってしまいますよね。

 

店でクレジットカードを決済するにも店側がカード会社に多額の手数料を

支払い、会社を仲介するのでコストが自然とかかります。

 

そこで独立して台帳を書き込んでくれるビットコインであれば、

仲介者を通さなくてもよいので手数料が一切かかりません。

 

3,ビットコインを決済することで安く買い物をすることができるかもしれない

実際にアメリカのスターバックスではビットコインを用いて決済ができます。

⇒詳しくは

ビットコインはスターバックスの記事を参考にしてみてください。

⇒ちなみにアメリカのスターバックスではビットコイン決済を

行うことで20パーセントOFFができるということ。

 

またアマゾンをビットコイン決済することで

安くできるというシステムもあります。

 

まだまだビットコインは

周知の段階ですので「ビットコインを用いれば何%OFF]という風にセールを

行う可能性が非常に高いです。

 

実際にビットコインを使う人が増えれば増えるほど、

価値はあがりますから、なるべく使ってほしいわけです。

 

そんな中に実際にキャンペーンと称して

ビットコイン決済を勧める

市場やサービスが拡大していくでしょう。

 

そうすることで

 

紙幣で決済をするよりもよりやすく

買い物を済ませることができるかもしれません。

 

4,取引が24時間可能

もしあなたが

円に変えたいだとか急な高騰でビットコインを購入したい

考えたときに24時間いつでも取引ができるということが

非常に大きいですね。

 

これが為替やFXなどの市場になると時間制限がかかり、

取引したいときにできない

という不具合が生じることがあります。

柔軟性を持ち、かついつでも取引できるという便利さが非常に

高いんですね。

また海外にお金を送金したいときは今のシステムであると

非常に時間がかかります。

 

仲介を通すために数日かかるというのはざらなんですよね。

10分間でブロックを生成できるビットコインは非常に使い勝手が

よいということになります。

 

 

 

4,安価で取引を行う事ができる(小額投資)

例えば株式投資を行うのであれば

高価な軍資金が必要になることがあります。

 

しかし、ビットコインは

1000円からでも投資をすることが可能です。

つまり。今までは株式は

お金持ちの人がするという認識から

 

仮想通貨は一般の人でも投資がすることができると

非常に垣根が狭くなるということがあります。

 

5,今後の将来性でビットコインの価値が上がるかもしれない

実際にビットコインをもっておくだけで

価値があがるかもしれません。

 

これはどういうことかといと、

まだまだ拡大市場にあるからです。今でも約200万円と

2017年で見れば価値はおおよそ10倍に上がっています。

 

今後ブロックチェーンや

マイニングという仮想通貨システムに賛同し

参入してくる企業はどんど増えていくとされています。

 

しかも2020年は東京オリンピックが控えているので

世界中のお金が集まりやすくなるということです。

今後の将来性を見ていくと

価値が今後も上昇する可能性があるということですね!

 

つまり小額で購入をしておきそれを持ってだけで

中長期で見れば大きなリターンを得ることができる可能性

が高いということ。

 

銀行に預けていても体験することができないような

資産を得ることができるかもしれません。

 

6,チャージバックなどが起こらないようになっている

ビットコインは一度送金してしまえばそのまま消えてなくなります。

取り引きはすべてブロックチェーン上に書き換えられるので

不正の使用がないということ。

 

PAYPALで時々起こるようなチャージバックの問題を

解決することができるようになります。

 

※チャージバックの問題とは、

クレジットカードなどを用いて購入した人が

支払いに同意しないときに、

販売者がカード会社にお金を支払わないといけないという

トラブルです。

 

「はあそんなバカな」と支払ってもらえない人は半端ない

状況になります。

 

ただ実際に被害として起きているのが現実ということ。

 

そこでビットコインはすべて公正な取り引きをしてくれるので

チャージバックなどの問題は無くなるということです。

 

⇒送金すればそのままビットコインは消えて、

相手にそのまま送信されることになります。

 

ビットコインは非常に便利!

いかがでしたでしょうか?

ビットコインは非常に便利なものだということがわかってもらえたでしょうか。

 

国境を越えて、個人間でつながることができる世界共通の通貨として

金融の大革命を起こす可能性を持っているのです。

 

もしも世界中の人がビットコインを持ち始めたら?

おそらく今では考えられないような価格上昇をきたす可能性も

あります。

 

今のうちにビットコインを小額購入しておいて運用していくのが

非常に賢いかもしれません。

ただ今期間限定で

■ビットコインが無料でもらえる方法

■仮想通貨初心者のための教科書

期間限定でプレゼントをしています。

以下の画像をクリックすると

ダウンロード画面に移行します。

↓      ↓      ↓

 

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です