今平成29年12月末現在

急激な上昇をしている

リップルコインですが、

「そもそもリップルコインは

なんだろう」

とよくわからなくなる人も

いるのではないのでしょうか。

確かに価格だけ上がっているのは

わかるけど

特徴そのものがよくわからない

ということですね。

この記事ではリップルコインの特徴とは?

ということに焦点を当てて

特徴など詳しく解説をしていくようにします。

リップルコインの特徴とは?

1,仲介通貨であるということ(ブリッジ機能を持つ)

リップルコインというものは

一言でいうと

仲介システムのようなものである

と考えてください。

例えば、

円で送金して海外で

ドルとして使いたいという人はいるのではないのでしょうか、

そんな手順を踏むためには

銀行や両替所など

さまざまな仲介を利用しないといけません。

そんな中で

リップルが間に立ち

仲介を行いますよ!ということです。

つまり円をドルで送金したい場合

ドルを円で送金したいとき

この間がリップルという共通通貨が入り

円とドルなどの返還をしてくれるというわけです。

これまでは国同士の送金を行うのに

莫大な手数料がかかっていましたから。

リップルを利用することで

莫大な手数料が削減することができるんです。

2,リップルはIOU取引の性質を持っている

次にリップルの特徴として

大きいことは電子借用書としての

役割を持っているということです。

ようは1万円をリップルで購入することで

1万円分の借りがありますよ。

証明書をもらうということになります。

またリップルユーザー同士であれば

借用書を用いて

ユーザー間のネットワークを広げることができるんです

さおりんは起おぎたに10000円借りている

おぎたは業者で10000円の商品を買った!

そこで、おぎたは

10000円を業者に支払う必要はないんです。

なぜならばさおりんに1万円貸しているからです。

つまりップルネットワークにおいては

さおりんにお金を払ってもらえば

いいわけなんです。

このように借用書というシステムが

今後も注目されていくことでしょう。

リップルの今後は?

リップルコインの将来性は

非常に明るいです。

一番の理由は

国間の送金を

手数料なしで行うことができるということです。

実際にリップルコインを用いて

メキシコ間で送金実験もありました。

実際にドルから

リップルを介して

メキシコペソへの変換も完了をしています。

この送金実験を機に

これからますます流動性が高まるのではないかと

考えています。

 

取引できる場所が爆増

次にリップルコインを取引できる

場所が激増しています。

 

そしてXRPは、流動性の向上に向けて確実に進行してます。今年度初旬、XRPを取り扱う取引所は僅か6ヶ所でしたが、現在は世界中の取引所50社でXRPの取引が可能になりました。

 

なんとこの1年で40か所以上も

取引できる場所が増えています。

取引で着る場所が出来ればできるほど

リップルを売買する人が

増えて市場に流れ込むという

流動性が増強していきます。

 

リップルを保持している日本人も非常に多い

リップルを保持している

日本人も非常に多いです。

企業をはじめとしてリップルに

投資している人は多いのです。

 

SBIの北尾会長もその一人なんですね。

 

↓    ↓     ↓

https://youtu.be/u5TBEqRuKs8

 

今後提携する世界中の銀行も

増えており

今後指導していく2018年は非常に

楽しみな年になりますね!

ただ今期間限定で

■ビットコインが無料でもらえる方法

■仮想通貨初心者のための教科書

期間限定でプレゼントをしています。

以下の画像をクリックすると

ダウンロード画面に移行します。

↓      ↓      ↓

 

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です