実際に現在暴騰中の

リップルコインです

リップル社=ロックアップというのは

非常にキーワードで

今後の価値を左右する出来事では

ないかと思っています。

 

そこでリップルコインと

ロックアップの関係について

詳しく調べてみました!

 

リップル社は60パーセントのリップルを保有している?

リップルは管理者を持つ特別な仮想通貨です。

つまりリップル社が管理をしているということ。

 

ちなみに、XROleaderという分散台帳にリップル社が代表者として

取り引きを承認するというシステムを採用しています。

 

したがってリップルはブロックチェーンという定義からは

大きく外れているのです。

 

⇒詳しくはリップルはブロックチェーンを採用しているの?

という記事を参考にしてみてください。

 

このように管理者を有するリップルなんですが、

みんながひとつ心配していることにリップル社がおおよそ

60パーセントにあたる600億枚のリップルを保有していることです。

 

もともと1000億枚というただでも多い量に加えて、

リップル社が売りにだしてしまえば一気に価格が下落してしまうのでは

ないか?とみんなが心配していたんです。

 

市場に出回れば出回るほど供給過多になり、

価格が落ち込んでしまいますから。

 

そんなしんみんなの心配をリップル社が弾き飛ばしてくれました。

 

つまり600億枚のうち550億枚をロックアップするという施策です。

 

どうしてロックアップを施工したのか?

ということですが、これはリップル社が価格が急激に変化しないように

少しずつ市場に出していきましょうということみたいです。

 

ボラリティバランスを保つために今回行われた施策のひとつで

あるといわれています。

 

リップル社とロックアップの関係とは

まず一番のニュースですが

リップル社が保持しているコインを

550億枚分ロックアップするということを

発表しました!

平成29年12月にリップルは高騰しています

これはどういう事かというと

550億枚のリップルは

すぐに売りませんよ!

ということなんです。

 

今リップルコインは

発行上限数が1000億枚ということが

はっきりと決まっています。

 

つまる約55%のリップルコインを

リップル社がすぐに売りませんよ!

と広言をしていることになります。

 

リップル社が550億リップルをロックアップすることで

何が考えられるのか?

 

 

それは先ほども述べたとおり急激な価格下落による

ボラリティバランスを防ぐことができるようになります。

 

 

市場にたくさん一気にでまわってしまったら

価値が非常に落ちるということです。

 

ようは世の中の1万円札が

世の中に急に10倍になってしまったら

おそらく1000円の価値にしかなりません。

 

また供給量が計算しやすいというのもひとつのメリットになります。

つまり、リップル社が半分以上リップルを持っていると

いつどれぐらい市場に出されるのか?

 

ということがわからなくなってしまいます。

つまり市場への供給量がわからなくなってしまいます。

 

しかし550億枚ものリップルが固定されてしまえば今ある分の供給量が

非常に計算しやすくなりますよね。

 

今後55ヶ月かけて10億枚のリップルを月に放出をしていく予定

 

実際に平成29年では

リップル社が550億枚のロックアップを

完了しており

 

今後55か月をかけて

10億枚分毎月放出をしていく予定です

 

月10億枚を放出していくということ

暴落につながるのでは?

 

実際に2018年から10億枚分のリップルを

 

毎月放出していくという話ですが

10億枚というのも結構な量に

なりますよね。

 

毎月毎月出されたら

それだけ暴落してしまう可能性が

あるのではと考えてしまいます。

 

しかしリップル社の公式発表ではこれらロックアップが解除されたXRPは、今まで通りXRPに流動性を供給する「機関投資家」やXRPへの投資に興味がある「マーケットメーカー」へのインセンティブとして分配するようです。

https://hajimete-tousi.com/archives/108/#XRP

リップル社の目的は

リップルそのものの流動性

いかに使用されるかということを

目的にしていますから。

 

市場に直接売りに出されず機関投資家や

マーケットメーカーへの

放出となります。

 

つまり利益もくてきのために売りに出されることは無いいうことなんですね。

もしも市場に10億枚ずつ売りに出されてしまえば、

それだけ市場に売り圧がどんどん月ごとに行ってしまいます。

 

そうなると価格は少なからず下落に向かうかも知れないということでしたが、

市場で出ずに世界等指揮官に配布するということなので

その心配はなくなったといえます。

 

そのため急に市場で回ることはないので

価値の暴落ということはないでしょう。

 

もちろん機関投資家が売りに出せば

多少の影響があるかもしれませんが強大な暴落には

つながりにくいといえそうです。

しかし公式情報にてリップル社は、ロックアップ発表以前の過去18ヶ月間、毎月平均して約3億 XRPを放出しているにで、そこまで劇的な変化ではないですね。

そう。これまで

3億リップルが放出されてきていましたが

特に劇的な変化はなかったですね。

 

また10億枚分配予定で余った

コインは再びロックアップされて

55か月間は使用不可となります。

 

急に550億枚のロックアップが解除されるということはないの?

心配なのは

リップル社が約束をやぶるんじゃないかということです。

ようは

倒産の危機に陥った会社が

自社株を手放すかのように

リップル社が解除をしてしまうのではないかということですね。

 

しかし、突然のロックアップ解除はないので

安心をしてください。

これは契約がされており

期限がきっちりと定められているということです。

実際に550億枚の通貨は

エスクローという口座に

保管されていると言います

その550億枚は月に10億枚分という

解除設定になっているので

その契約自体を覆すことは

できないとされています。

 

つまりこれはリップルの分散型台帳機能である、

XRPleaderというシステムの中で加わっているのものなので

簡単に解除できるものではありません。

 

もしも解除できるとしてもリップル社の信用そのものが

地に落ちる可能性もあります。

 

一度約束したことを破るということでもはやリップル社は終わりを迎えます。

おそらくそのようなことをする道理は一切ありませんね。

 

 

ロックアップされたことによるリップルの今後

実際に12発8日にロックアップがされたのですが

その報告を受けて

12月中ごろには20円台のリップルが

50円台までに上昇をしてしまいました!

そして2017年12月のチャートを見てみましょう。

 

もちろん他の企業の連携などのニュースや

国間の送金実験なども

要因にありますがリップル保持者や購入者が

安心をしたのではないかと

考えています。

 

ロックアップをすることで

当然すぐに売られる心配はなくなりますね!

 

この安心感は非常に重要です。

 

 

例えば急に売りに出される可能性があれば

リップルの今後は非常に不安定なものになるでしょう。

 

当然その不安定からか

購入そのものがなくなったり

急に売りに出してしまう可能性があります。

 

流動性そのものの心配があるわけです。

 

ただあくまでも「心配の材料がなくなったというだけで」

 

価格高騰の肝はリップルがブリッジ通貨として以下に使われていくか?

ということが今後の価格高騰につながります。

 

すでに国際送金企業の5つのうち3つとも提携を結んでいるといわれ、

急速にリップルネットワークが構築されている段階です

 

2018年リップルはもっと熱い年になると思うので

 

リップルコインにまだまだ投資を

行っていきます!

ただ今期間限定で

■ビットコインが無料でもらえる方法

■仮想通貨初心者のための教科書

期間限定でプレゼントをしています。

以下の画像をクリックすると

ダウンロード画面に移行します。

↓      ↓      ↓

 

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です