仮想通貨ブームと言われておりビットコインを少しずつ

知っている人が増えてきました。

 

しかし、

「なんとなく知っているんやけど、それだけでよくわからんのや」

という人がいるのではないのでしょうか。

 

私も最初は仮想通貨を勉強する前は「聞いたことはあるけど

よくわからない」ということが正直なところでした。

そもそもビットコインを怪しいものとさえも思っていましたから。

⇒ビットコインは怪しい?という記事を参考にしてみてください。

 

 

「そもそも誰がビットコインを作ったのか?」

と思う人もいるでしょう。

この記事はビットコインの開発者を紹介していきます。

 

ビットコインを開発したサトシナカモトの存在

実際にビットコインを開発したのは

サトシナカモトという存在と言われています。

 

なんと日本人がビットコインを開発したと言われているんです。

 

実際に今までの現物通貨に関しては

元締めがいるということです。

振込をしたときって

振込手数料がかかりますよね。

 

それは銀号が間にたって、手数料を取ることで仲介役を

果たしているということになります。

 

また中央銀行などの中心機関が景気に合わせて

貨幣を調整することで仕組みを図っているのですが

 

仮想通貨ではそのような一つの権力が

有することはなしにしようという

考え方がとられています。

 

そんなシステムを開発したのがサトシナカモトです。

 

P2Pシステムというシステムを開発し

ブロックチェーンという

コンピュータ台帳を用いることで

 

ユーザー間で

仲介をせずに取引ができるようなシステムを

開発したと言われています。

⇒ブロックチェーンの記事を

参考にしてみてください。

 

サトシナカモトの詳細とは

そもそもサトシナカモトという名前も本名ではないかもしれない

と謎に包まれているのです。

 

実際に2008年にビットコインの論文を発表し

アメリカのギーグという団体が

仮想通貨を開発したとされています。

 

そこで、

ビットコインソフトウエアに中本氏はリリースに

寄与し続けたということですが

 

2010年半ばにはソフトウエアの管理を

コミュニテイ内に引き渡しを行い、プロジェクトそのものを

引き離していると言われています。

 

しかもプロジェクト中もメールのみでやり取りを

続けており素性を一切あかさなかったとされています。

 

つまり存在が謎に包まれているということですね。

正体そのものは様々な議論がなされています。

・例えばサトシナカモトは京都大学の

教授ではないのか?

・ビットコイン共同開発者が作り上げた

仮想に自分つではないか?

・実は日本には存在していなくて

アイルランドの学生ではないか

といろんな議論がなされているのですが・・・

実は正体は謎に包まれたままなんです。

 

サトシナカモトの正体は実はAI説?

次に面白い情報が飛び出してきました。

それはサトシナカモトがAi説であるということです。

http://tocana.jp/2018/01/post_15754_entry.html参考

 

これはYOUtubeのUFO todayというチャンネルがサトシナカモトは

悪意を持ったAiだということを流したことです。

 

それはサトシが明らかに謎につつまれているということと

ブロックチェーンそのものが非常に完璧なセキュリティであるということ。

 

このブロックチェーンという分散型管理台帳機能は

次々と関連性のあるブロックが整合的につらなっていくので、

ハッキングをしようとしても

最初から計算をしていかなければいけず、

非常に難解な作業になります。

 

計算をしていくにも次々とブロックの生成がされていくので

ハッキングが追いつかないということになります。

 

しかも、取り引き承認は参加者で行っていくマイニングを採用しているので、

見事に中央集権管理から、外れることができるのです。

 

このように金融大革命と呼ばれるテクノロジがーがあまりにも

完璧すぎるためにAiが人類を支配するために

作ったということ見たいです。

「ビットコインのコード(仮想通貨の中核技術であるブロックチェーン)がこれほど完璧なのは、優れたスキルを持った個人や人間集団がこのコードを作ったの“ではない”ということではないだろうか? むしろ、極めて先進的なAIが作成したのではないだろうか?」(UFO Today)

見ようによってはそれだけ、

今後全人類に採用されていく技術の一つとして

将来性の高さをうかがうことができますね。

 

 

ナカモト氏が保有するビットコインは100万BTC?

ビットコイン開発者は

2013年にビットコインを有するナカモト氏は

おおよそ100万BTCという推測がされているということです。

 

実際に今の価値が200万円として、

とてつもない量のビットコインを有しているということに

なりますね!

 

ただ、それだけ売りに出していれば

当然下落をする可能性が高いですから、

詳細はさだかでないということになります。

 

サトシナカモトが発表した論文

実際にサトシナカモトが発表した論文は

おおよそ8ページとされています。

 

純粋なP2P電子マネーによって、金融機関を通さない甲乙間の直接的オンライン取引が可能になる。電子署名は問題の一部を解決するが、依然信用できる第三者機関による二重使用予防が求めらため、その恩恵は失われる。当システムはP2P電子マネーにおける二重使用問題の解決を提案する。このネットワークは取引に、ハッシュベースの継続的なプルーフ・オブ・ワークチェーンにハッシュ値として更新日時を記録し、プルーフ・オブ・ワークをやり直さない限り変更できない履歴を作成する。最長である一連のチェーンは、取引履歴を証明するだけでなく、それがCPUパワーの最大のプールから発せられたことを証明する。大多数のCPUパワーがネットワークを攻撃していないノード(ネットワーク接続ポイント)によってコントロールされている限り最長のチェーンが作成され、攻撃者を凌ぐ。ネットワーク自体は最小限の構成でよい。メッセージは最善努力原則で送信され、ノードは自由にネットワークから離脱、再接続することができ、離脱していた間のイベントの証明として最長のプルーフ・オブ・ワークチェーンを受信する。

https://bitcoin.org/bitcoin.pdf   より引用

どうしてサトシナカモトは

正体が隠されたままであるのか?

ここからは私の意見になりますが、

これはこれからの仮想通貨の業界を

有利に進めるためではないのかと

考えています。

正直今までの経済は中央集権のシステムで回っていました。

 

例えばお金の管理は中央銀行という

元締めがしきっていますね。

 

つまり、仮想通貨の普及によって

その中央集権体制が崩壊をしてしまう可能性もあるのです。

そんな中では当然仮想通貨に対するアンチもでてきますね。

 

「誰がビットコインを作ったんだ!」

ト標的にし、時には命そのものを狙われることもあります。

 

所在が明らかで命を奪われるなんてことがあると

今後ビットコインそのものの市場が

帯やされていく可能性があります。

 

そのために開発者があくまで

仮想の自分物を奉りあげたのではないかと考えます。

 

仮想の人物を奉り、詳細を不透明にすることで

標的そのものからそらしているのではないでしょうか。

 

謎に包まれたサトシナカモト!

ただし彼の作ったビットコインは

 

これから世界に革命を

与える可能性があるのです。

 

そのため現在は金融大革命の転換期にあるのではないかと

思っています。

 

つまり、これから技術が本格的に普及していくと考えることができます。

つまり今の段階はまだまだ先行者利益を得ることができる可能性

が大きく、ぜひ早目から投資をしておいて長期な視点で

 

運用していくことが望ましいですね。

ただ今期間限定で

■ビットコインが無料でもらえる方法

■仮想通貨初心者のための教科書

期間限定でプレゼントをしています。

以下の画像をクリックすると

ダウンロード画面に移行します。

↓      ↓      ↓

 

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です