また新しい仮想通貨が出てきました!

その名前はADAコインという物です。

実際にADAコインはCARDANOというプラット

フォームを持つ仮想通貨で

 

プラットフォームに関連した

特徴を秘めているとされています。

 

この記事ではADA通貨の特徴と

今後の予測を加えて紹介を

していきます。

 

ADAコインの特徴とは

 

ではADAコインはどのような特徴を

持っているのでしょうか?

1,発行数は450億枚である

2017年10月にやってきたADAですが、

ADAの発行数は450億枚になります。

なかなか仮想通貨では非常に多い

量ではないでしょうか?

そのうち130億枚は

自社が持っていて

マイニング報酬として

保有していると言います。

⇒リップルは550億枚をロックアップしている

といいます。詳しくはリップルと

ロックアップの関係を参照にしてください。

実際には300億枚が市場に

出回る予定です。

2,実際にエマーゴという会社が営業活動を行う

実際にはADAという通貨以外にも

CARDINOというプラットフォームを

合わせて使ってもらいたいと

考えています。

 

そのためにエマーゴという営業会社が

活動を行いCARDINOを広めていく

事となります。

 

エマーゴ自体が企業にアクセスを行い

ADAブロックチェーンの活用や
情報提供を行い

CARDINOを普及していく役割を

持ちます。

3,日本のATMで引き出しをすることができる

日本のATMでADAを引き出すことができるように

なるということです。

今現在では取引場でしか

仮想通貨を引き出すことができないので

 

ATMから引き出せるというのは

日常的な戦略であるといえそうです。

 

ADAはダイダロスという専用のウオーレットを利用するダイダロスという専用のタブレットを使用しています。

ADA情報開示

CARUDINOというプラットフォームは

ブロックチェーン内の情報を

見ることができると言われています。

 

実際には

送金したADAの量

送金者のアドレス

トランザクションなどの

情報を閲覧できると言われています。

 

CARDINOでビッドカードで支払いができるようになる

CARDINOでビッドカードで

他の通貨に変わり支払いができるようになるということ。

ADAをカードに送金することができるということ

実際にビットコインをクレジットにすると

多額の手数料がかかると言われています。

 

投票センターというシステム

ADAは非中央体制のシステムを有しているので

仮想通貨の今後のアップデートに対して

投票制度で決めるということです。

 

例えば

「もっとスピードを速くしたい」

などとみんなが投票をすれば

 

ブロック生成についてアップロードされるかもしれません。

 

実際にADAの保有率に対して

どのような投票権をあげるのか?

 

ということは決まっていませんが、

ADAを持っていれば誰でも

保有することが可能になります。

マイニングはプルーフオブステークを採用している

例えばビットコインは

より計算能力の高い

コンピューターを長時間使用することで

 

マイニングをするということが基本になります。

→これをプルーフオブワークと言います。

これを行う事で、

仮想通貨を報酬として得ることができます。

 

問題点としては

一部のスーパーコンピューターを使用できる

企業が、利益が集中するという問題点があります。

 

そこでADAで採用しているのは

プルーフオブステークというシステムです。

 

このプルーフオブステークは

 

保持している量×保有期間=coinageという

ポイントに加算することが

マイニングに生かすことができるということ。

 

プルーフオブワークであると

パソコンの電源を24時間

つけっぱなしにしないといけませんが

 

ADAであればcoinage値をもとに

第3者に委託することができるので

 

24時間パソコンをつけるという必要は

一切ありません。

今後ADAコインはどうなるのか?

 

ADAコインですが投資は0.3円で

トークンセールとして販売されましたが

現在2017年12月時点では0.1ドルで

販売をされています。

 

実際に15円ですが、

セール当初から購入した人は

 

おおよそ50倍の高騰で

すごいウハウハ状態ではないかと思います。

 

私の予想では

まだ上がると思いますが

 

今後打ち止めになるのではないかと

思います。

なぜならばICO通貨で営業活動を

行うにしても

露出機会が少ないのではないかと考えています。

例えばzaifコインや

モナコインは

今後露出する機会があるので

それが宣伝効果になり、

使う人も増えていくでしょうから、

非常に価値を上げていくのではないかと

思うのですが、

ADAは露出機会がそれらに含めて

少ないのではないかと考えます。

もちろん画期的なアップデートがされれば

話は変わってくるかもしれませんが。

 

ADAをはじめとするICO通貨は

なかなか読めないことが多いので

今後の動向に注目しながらも

騙されないようにしましょう。

ただ今期間限定で

■ビットコインが無料でもらえる方法

■仮想通貨初心者のための教科書

期間限定でプレゼントをしています。

以下の画像をクリックすると

ダウンロード画面に移行します。

↓      ↓      ↓

 

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です