ビットコインは実際にマイニングを

行うということで

報酬としてビットコインが支払われます。

 

⇒マイニングをを参照にしてみてください。

 

パソコンの処理能力を用いる

取引台帳を処理能力で

承認していくという作業を行う

ことでビットコインが報酬として

貰えることになります。

 

現在高騰中のリップルコイン今後のことも考えて

リップルもなんとかマイニングできないのか

と考える人もいるかと思います。

 

そこでこの記事ではリップルはマイニングできるのか?

ということを書いてみました。

 

リップルもマイニングできたらいいね?

でも家でしたら電気代の方が高いと思うだっぷ。

 

リップルはマイニングすることができない

結論から言いますと、

リップルコインはマイニングすることはできません。

「はいそれでは話が終わりますので」

もっと具体的に説明をしていきます。

 

まずリップルは分散型台帳ではなく

ビットコインのようにブロックチェーンを

用いてはいないんです。

 

プルーフオブコンセンサスという

システムを利用しているので

コンピュータによってブロック承認を手伝うのではなく

承認者の80%が承認をすることで

取引が認められるという方式をとっています。

 

マイニングとは仕組みから異なるので

計算能力を貸してビットコインのように報酬を得ることは

リップルではできません。

 

リップルがマイニングすることができない理由とは?

いや、どうしてリップルがそもそもマイニングすることができないのでしょうか?

それはリップルがすでに1000億枚の発行枚数は出ているからといえます。

 

たとえばビットコインであれば総発行枚数は2100万枚といわれています。

しかし、最初から2100万枚あったわけではなく、

マイニングをしていくことで、徐々にビットコインが採掘されていくという

仕組みです。

 

しかしリップルはすでに上限枚数まで発行されており、使用されれば

枚数が徐々に減っていくという仕組みをとっているのです。

 

眠っているコインはすでにないので、採掘のしようがないという

ことですね。

 

リップルがマイニングできないことで得られるメリット

リップルがマイニングできないことで

「リップルがもらえないやんけ」と重いデメリットが

大きいかと思いますが、

実はマイニングが無いことでリップルが安定するという側面もあります。

 

たとえば、ビットコインでは数多くのマイナーという採掘者が存在しますが、

マイニングすることにより報酬を得ているということです。

 

そうすると、マイナーの利益を追求するという人も表れてきます。

 

ビットコインはマイニングにもらえる報酬が4年間ごとに減っていき、

計算何度もあがってきていて、採掘しづらくなってしまいます。

 

 

そうなると「ビットコインを分裂させることはできないか?」と、考えるのが

マイナーです。

 

ビットコイン開発者がビットコインの機能をあげるためにsegwitを実装しようと

しましたがそこで、マイナーと争いが生じ、最終的に生まれたのが

ビットコインキャッシュであるといわれています。

 

このようにマイニングがあれば、利益を追求するマイナーと

開発者の間で争いが生じるものです。

 

ただマイニングができないと「誰が承認システムをつくるのか」

という疑問が存在します。

 

つまり、それが正当な取り引きなのか?ということを

承認することが求められるということです。

 

その面ではリップル社という管理会社がシステムを

管理しています。

 

リップルはマイニングが無く、管理者によって管理を

されている。

ある意味安定性が高い仮想通貨ということなんです。

 

リップル社がリップルを半分以上有している?

次にリップル社がすでに半分以上のリップルを有しているというのも

大きな原因です。

 

最初半分以上リップル社が持っているために

「一気に売られたらリップルの価格が下がってしまうんじゃないか」

と心配されていました。

 

しかしリップル社は急激な価格高騰を防ぐために、

550億枚のリップルを2017年にロックアップをしています。

 

使えないように徐々に市場に放出していくことで、

価格の安定を図ることができるということです。

 

このように管理者が価格の安定性を図るという点では非常に

よい面かもしれません。

 

マイニングをしなくてもリップルを手に入れる方法はあるの?

ただし、リップルを無料で手に入れる方法はある

マイニングは行えないけど

リップルを無料で手に入れる方法は

存在します。

World Community Grid

というコミュニティに参加をすることです。

 

実際にワールドコミュニティでは

人権的な研究がされています。

 

エネルギー分野

医療分野

癌の研究などが

具体的なものに当たります。

 

このような研究を手伝うために私たちが持っている

パソコンなどのデバイス能力を貸してあげるのです。

 

その結果、

報酬として、リップルコインがもらえるという

仕組みになります。

 

まずは、

World Community Grid公式サイト

にアクセスしインストールをしましょう。

 

そしてチームの一員になり、

実際にワールドコミュニティを利用する事ができるようになります。

 

 

実際にどれぐらいのリップルがもらえるのか?

処理能力を貸してあげることで

リップルはどれぐらいもらうことができるでしょうか?

ちなみに、普通にscrypt系コインをCPUで掘った場合、このCPUで30khash/sぐらい、1日あたり0.0004BTC程度なので、まぁそれよりはマシな気がします。

 

この文献を見ている限り

ビットコインのマイニングとはあまり

大差がないかもしれません。

 

ちなみに、私がビットコインを1か月分マイニングしてみましたが

パソコンの電気代の方が高かった結果がありますから

あまり期待はしないほうがいいかもしれません。

 

ただ、自分のパソコンの処理能力を貸してあげることで

社会貢献ができるという点がありますので

 

そう考えると有意義なものを感じるのではないか

と考えます。

 

また非常にお勧めはしませんが、イーサリアムやZcashなど家庭のGPUマイニングといって

比較的家庭のパソコンでしやすいマイニングを行い、

他の仮想通貨に交換するという方法もあります。

 

 

総理論上はリップルコインを間接的にマイニングすることが

可能になります。

 

そう。理論上はね。

 

つまり、家庭のパソコンを使用しても

採掘量は知れているということですね。

 

管理者が存在する独特な仮想通貨リップル

仮想通貨には管理者が存在しないのが特徴であるということです。

その代わりマイニングなどのルールを用いて、参加者同士で管理をしているのですね。

 

ただマイナーという新たな概念が生まれ、開発者と摩擦を起こしてしまう

というのは想像にもつきませんでしたね。

 

ビットコインであれば、開発者や投資家、マイナーなどさまざまな側面で

摩擦が生じていく可能性があるということです。

 

そこで、管理者が間に入り、調整を行うというのは

なかなかいい方法であると思います。

 

もちろん従来の銀行制度のように価格操作を仮想通貨に適応するというのは

賛成することはできません。

 

 

ただ今の状況を見ている限り、リップル社は「いかにリップルが世界に

普及していくのか」というのに焦点を当てているので。

黒い部分は今のところみえません。

 

ただ独特の仮想通貨で世界でつなぐブリッジ機能を持っているので

今後リップルネットワークが世界で普及していく

リップルは非常に期待値が高いですね!

 

ただ今期間限定で

■ビットコインが無料でもらえる方法

■仮想通貨初心者のための教科書

期間限定でプレゼントをしています。

以下の画像をクリックすると

ダウンロード画面に移行します。

↓      ↓      ↓

 

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です