仮想通貨ブームで

たくさんのアルトコインがバク上げを

していますね!

ファクトムという仮想通貨があるのですが、

これは日本で取り引きできる

通貨の種類になります。

もちろん

ビットコインが

始めたブロックチェーン

技術があることは

間違いないのですが、

⇒ブロックチェーンという用語が

わからない方はこちらを参考にしてみてください。

ファクトムは

それに加えて

違う面を持っているんです。

この記事ではファクトムの特徴と

今後の将来性を
見ていくことにします。

オギタ
ファクトムってなんか格好いい

名前ね!

オギタ
そうだっぷ。

実際に名前に由来した機能を

持っているだっぷ。

 

ファクトムの特徴とは

仮想通貨ファクトムはどのような

特徴をもっているでしょうか

特徴1電子データーをブロックチェーン上に保存することができる

たとえば、取引をする場合は
契約書が

今の社会には使われることに
なりますね!

また、保険者と被保険者できる契約を
するときにも

保険証書が必要になります。

つまり、何かしらのとりひきには

紙面での証明書が

必要になります。

そこで、

証明書をブロックチェーンの中で
保存しようとしたのが

ファクトムの役割になります。

イーサリアムのように契約上で

実用的ともいえます。

⇒詳しくはイーサリアムとは?

という記事を参考にしてみてください。

 

2,仮想通貨名にあった真実を保存するという特徴

実際にコンセプトとしては、

仮想通貨のブロックの

中にファクト=真実を

保存するということです。

実際に取引や契約をした
という事実を

証明書として保存することが
できるので、

第3者に委託する必要はなくなり

手数料などのコスト削減が
可能になります。

 

特徴3個人情報を守るファクトイドというシステム

次に個人情報を守るためのシステムに
ファクトイドというものが

あります。

これはセキュリティが強化
されており

個人情報をまもると

されているのです。

 

ファクトムは契約に非常に実用的な

仕組みを持つ仮想通貨ですが

今後、住宅ローン業界に適用していこうという

試みがあります。

それをファクトムハーモニーといいます。

 

ファクトムのブロックチェーンを用いたファクトムハーモニーとは

証明をブロックに保存することができる

技術を利用し

それを住宅ローンに

採用していこうと
いうものが

ファクトムハーモニーの
詳細です。

実際にアメリカの住宅ローン業界に

採用していくということが

決まりました。

実に市場は1兆ドルに達すると
いいますから、

非常に大きな市場に

ファクトムが参入していく
ことになります。

アメリカ運用で問題がなければ

今後さらに拡大されていく

可能性があります。

ファクトムがこの市場を

制覇してしまえば

間違いなく価値はバク上げすることは

間違いないでしょう。

 

今後ファクトムの将来性は

すでにアメリカで

住宅ローン業界に導入されると

しているので、運用がうまくいけば、

今後世界に広がる可能性も
あります。

またブロックに証明書として保存する

以外にも、世界中のハッキングからも

強くできています。

事実ファクトの可能性を信じ

ベンチャー企業などが?

8億円ほど出資したと

言われています。

 

将来の技術の普及が非常に楽しみですね!

2018年はファクトムの
熱い年になるかもしれません!

ただ今期間限定で

■ビットコインが無料でもらえる方法

■仮想通貨初心者のための教科書

期間限定でプレゼントをしています。

以下の画像をクリックすると

ダウンロード画面に移行します。

↓      ↓      ↓

 

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です