今回は仮想通貨の中でも

モネロコインを取り上げてみました!

 

ビットコインもあまり聞いたことがない方

ならばモネロっていったい何

と頭をかかえてしまいそうです笑

 

そんなあまり聞いたことがない

モネロコインの特徴を紹介をしていきます。

さおりん
このもモネロコインの

圧倒的な特徴はなに?

さおりん
それは匿名性が非常に高いことなんだっぷ。

モネロコインの特徴とは

2014年にモネロは4月から運用が開始されました。

時価総額にも10位以内に入る通貨としていて結構

メジャーであるといえます。

 

モネロコインはいったい何か?ということですが、特徴としては

匿名性がある

素早く取引ができる

というものに特徴があります。

動画でもぜひどうぞ。

1.匿名性が高い

モネロは

匿名性が非常に高い

コインであるとされています。

匿名性とは誰がということが

わからないということです。

 

またビットコインはビットコインプロトコルを使っていますが

モネロはCryptoNetプロトコルというものを採用しています。

 

これがプライバシーを優先するのに最適であると

言われています。

 

実際にどういうことで匿名性が高いかというと

送金した人、受け取る人が誰かわからないようになっていて

 

一切追跡できないようになっているぐらいです。

 

ワンタイムリング署名というシステムが

匿名を高めているといわれます。

 

閲覧用のアドレスと送金用のアドレスが

秘密鍵になっています。

 

送金先、送金元にワンタイムアドレスという一時的な

アドレスが発行されます。

このシステムがモネロのセキュリティを高めていることになります。

 

実際にここにお金をおくってくださいと
送金を頼むときに

ワンタイムアドレスが
発行されます。

そのワンタイムアドレスは

非常にすぐれている点は

ある一定の時間が過ぎると消えてしまうのです。

 

ようはワンタイムなので送金を
した後にアドレスがきえて

しまいます。

そのため第3者はアドレスを
おうことができません。

実際に受け取り用と

送金用と2つのアドレスに別れ
て管理できるので

非常に匿名性と
セキュリティシステムが高いのです。

 

特徴2ブロック生成の容量が決まっていない

次にモネロの特徴として

ブロック生成機能に
容量が決まっていないと
いうことです。

例えばビットコインでは
ブロックの容量が1mと決まっています。

つまり1mの中でやりくりをしないと
いけないので、

回線が混み合ったときには

スピードが落ちてしまう
可能性があるんです。

⇒これでわかるビットコインの仕組みとは

という記事を参考にしてみてください。

しかし、モネロは容量がきまっていないので、

大量の入金などが飛び込んできても

スピードがおちないってことに
なりますね!

実際に取引時間も2分と

非常に早いんです^_^

 

特徴3マイニングがしやすくなっている

次にマイニングですが、

→マイニングがわからない方はこの記事を
参考にしてみてください。

マイニングそのものが

ビットコイン等に比べ簡素化している

とのことです。

ようはパソコンの処理能力を課すことで

よりビットコインを得やすくなります。

でもモネロコインはCPUでもマイニングができるんですよ。だから無茶苦茶早いCPUを持っていればそこそこ可能なのかもしれませんが、でもMinerGateで見ているとGPUの処理速度にはかないませんね。

 

http://www.tokilog.jp/entry/cryptocurrency-moneroより引用

 

つまり、普通の仮想通貨であればGPUという普通に処理速度が

早いものでマイニングを行うということですが、

ある程度落ち着いた速度で実行できる

CPUでもマイニングが行えるということなんですね。

 

この点がビットコインなどに比べてマイニングがしやすい

点であると考えることができます。

 

ビットコインのマイニングは会社レベルでの高い電力を供給する

大掛かりのものですが、モネロコインは家庭のパソコン

からでもはじめることができるという点です。

 

 

特徴4 麻薬などに取引をされているのではないかと思われているコイン

モネロコインは匿名で秘密裏に取引を行うことができます。

実際、匿名性の高さから、「麻薬や密輸など

何か悪いことに取引をしているんじゃないか?」

 

と考える人もいて「怪しいコイン」と考えている人も

いるみたいです(笑)

 

ただ匿名性を守りたいのは、日常生活でもよくあるでしょう。

たとえば「口座の中身を見られたくない」というのは

自然の反応ではないかと思います。

 

一般生活を送っていても「秘密を守りながら

取り引きをしたい」と考えるのは自然なことですから。

 

これからも世界的に求められるコインになるのではないかと

考えています。

 

特徴5,ハードフォークが行われたこともある

モネロコインはイーサリアムのように

ハードフォークが行われたことがあります。

 

ただコインそのものが分裂をするというものではなく

アップデートのような印象です。

 

実際にはプラットフォームの変更やフルノードの変更

小さなバグの修正などがされたといいます。

 

もしかしたらバージコインのように、レイスプロトコルというように

匿名性や非匿名性を切り替えることができるような

昨日を備えるかもしれません。

※これはあくまでも私の意見です。

 

実際にはマネーローダリングなどダークサイドで使われる可能性もあるということ

実際にあまりにも匿名性が高いということで

マネーローダリングなどにも使われる可能性があるかも

知れないといわれています。

 

このマネーローダリングというのは麻薬や、密輸など不正なことで

得た金を複数の口座や、よくわからない口座に送信を行うことで

送金事態がばれないようにするということです。

 

実際にはモネロのワンタイムリング署名とワンタイムアドレスを

発行することで不透明な取り引きができてしまいます。

 

そのために、秘密裏の取り引きや、時には税金対策などにも

使用される可能性はゼロとはいえないんです。

 

ただモネロは悪いコインではないということです。

悪いのはモネロを使って取り引きをするということや

扱う人そのものです。

 

くれぐれも仮想通貨自体は悪くないということは考えておいてください。

 

モネロコインの今後の将来性は

 

モネロコインの将来性はいったい
どうでしょうか

モネロコインの推移ですが、

実際にモネロコインですが、

2014年当初に発売し、

500円程度でしたが、

2016年から上昇を始めて2017年は最高40000円までにも

上昇しています。

 

つまり約1年ほどで40倍にも価格が高騰しているコインになります。

 

モネロの特徴は
匿名での取引が主流ですが

今後秘密裏に取引をする人がモネロを購入することで

価値は上昇するのではないかと考えています。

 

実際に取り引きをするのって人に除かれたくないですよね?

銀行口座の中身を見せたいという人も

なかなかいないはずです。

 

つまり、取り引きした人のプライバシーを守りたい

と考える人が普通なんじゃないかと思います。

 

そんな思い出モネロコインは今後より取引量が

ましてくる可能性も考えられます。

 

またギャンブルなど、なるべく記録に残したくない

相場にも今後モネロはルカ割れるんじゃないかとも

言われています。

 

ただ、使う人に問題がありますが

麻薬や密輸で、モネロが使われる可能性もあるということは

なきにしもあらずです。

 

もちろん、それで取引量が伸びて価値が上がる可能性がありますが、

もしそれがわかり、取締りなどがされると価値を下げてしまう可能性

もあります。

 

摘発などの問題点があると

今後価値を下げたり規制が

かかるかもしれません。

 

ただプライバシーを守り匿名性を守るという

特徴は今後も求められていくことは

間違いありません。

 

セキュリティの高さプライバシーを守るという側面。

そしてブロック生成制限がないので

大量の取り引きを行うことができるモネロは

 

今後も求められていくことは間違いありません。

 

 

ただ今期間限定で

■ビットコインが無料でもらえる方法

■仮想通貨初心者のための教科書

期間限定でプレゼントをしています。

以下の画像をクリックすると

ダウンロード画面に移行します。

↓      ↓      ↓

 

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です