今回は少し面白い通貨を

紹介します。

ぺぺキャッシュチャートと
いうものです。

 

最近になり好投を見せている

非常に熱い通貨の
一つです。

 

今回はぺぺキャッシュの特徴をくわしくみていくこととします。

 

⇒ぺぺキャッシュの値動きやチャートの解説はこちらの

記事はめちゃくちゃわかりやすいです。

 

ぺぺキャッシュチャートの特徴とは

ぺぺキャッシュは

実際には仮想通貨というよりもトークンと呼ばれるものです。

トークンとは実際には
記念品のようなもので、

発行元や発行枚数がきまっています。

 

例えば仮想通貨取引所である

ザイフが発行したものに

ザイフトークンがあります。

 

今後取引が活発になると

ザイフが有名になり

ザイフトークンが有名になる可能性がありますね!

 

つまり価値があがるということ。

このようにトークンは何かの拍子で

価値があがる可能性があります。

 

特徴1,アメリカの4chで有名なPEPEというカエルキャラから生まれた仮想通貨

PEPEとはカエルのキャラクターで、

実際にアメリカの4chで有名なキャラクターです

 

カエルをモチーフにしたキャラクターなんですが、

あんまりかわいくないのですが、アメリカでは非常に人気が高いみたいですね。

 

cuunterparatyという独自のトークンを自動発行する機能を

用いてトークンを自動発行できるようにしたものです。

 

CUNTER PARTYとは?

ビットコインのブロックチェーン上で展開されている金融の

プラットフォームになります。

その中でXCPという基軸通貨が用いられており

 

プルーフオブバーンというアルゴリズムにてビットコインを破壊することによって

XCPが発行されます。

 

そのXCPという通貨を利用することでトークンというものを発行でき

用途として使用することができます。

 

ビットコインそのもののブロックチェーンを発行しているので

既存のブロックチェーンを使用したものになります。

 

またプルーフオブバーンというシステムを利用しているので

一部通貨が利用できなくなるという特徴があります。

 

つまり、一部が利用できなくなることで通貨の価値が上がるという

一面を持っているということですね。

 

 

特徴2トレーディングカードゲームの売買に用いられる

実際にぺぺキャッシュは、

RERE PEPEというトレーディングカードゲームを閲覧することができるんです。

 

またトークンを用いてカードの売買に使われるということです。

 

つまりぺぺキャッシュの一番の特徴は

トレーディングカードの売買に使われるということです。

 

ちなみにデジタルカードということですので

コンピューター上にカードが保管されることになります。

 

 

Counterwalletというアプリを用いることで

カードを自由に保管することができたり、閲覧することができるようになります。

 

しかもカードの偽造や不正はできません。

つまりブロックチェーンを用いているのでそのカードは唯一無二のものとして

存在が守られるということになります。

 

そして売買だけでなく、ぺぺカードを自分でプロデュースして

販売したりすることもできます。

 

実際にはRare Pepe審査ガイドラインという場所で審査を行い

売買できるかというのを決めるみたいです。

 

そう現在では非常にマニア色が強いと考えることができますね。

つまり熱狂的なファンに支えられているということ。

 

 

実際にPEPEカードは価値のあるものだと

100万はくだらないといいます。

 

http://rarepepedirectory.com/でカードを確認すること可能です。

 

 

かけ銭の
ベットのような役割を持っているんです。

またチップなどの役割もあります

 

特徴3モナコインの世界版のような位置づけ


実際にぺぺキャッシュは
アメリカの4chで生まれたのですが、

日本で登場した2chのモナコインと
似たような役割があります。

 

 

実際にモナコインもツイッターで
投稿すれば

送ってもらえるという
投げ銭のような特徴があります。

 

ただモナコインはsegwitなどを実装しており、

機能的にはビットコインには負けないものです。

 

また飲食店などでも決済の手段として、拡大されています。

 

一方ぺぺはトークンになるので、

決済というよりも比較的モノとしての特色が強いです。

 

この点ではモナコインとは大きく違いがありますね。

 

特徴4,ホワイトリスト入りした通貨

一見ふざけたカードかのように考えることができますが、

実はホワイト入りした通貨でもあります。

 

 

これは改正資金決済法(仮想通貨法)で定められた

国内で購入してもよい仮想通貨に定められているということで

 

金融庁のお墨つきということですね。

 

つまり意外と安全性が高いということになりますね。

 

特徴5,コミュニティが厚い

モナコインと同様にコミュニティの層が厚いということがあります。

 

コミュニティが厚いことで周知がされていき、仮想通貨の認知度

そのものがあがりやすいということがあります。

 

rerapepedirectoryというコミュニティではぺぺカードを自由に売買したり、

カードそのものをプロデュースしたりなど、

活発な交流がされています。

 

 

ぺぺキャッシュの今後と将来性は

実際にぺぺキャッシュは
15円ほどまで

値上がりをみせています。

 

0.2円なんでおおよそ

数十倍値上がりした計算になります!

 

ただ今後の予想としては
二つにわかれると考えます。

 

一つは同じ性質のモナコインが
上昇することにより

連動して上昇をするということ。

 

とくに2020年は東京オリンピックが
控えているんで

 

国内生産のモナコインが
知れ渡る可能性が高いです。

 

それにつられて
ぺぺキャッシュがあがるという
見方ですね!

 

次に
ぺぺキャッシュが投機マネーとして
一時的にあがったのではないかという見方です。

 

モナコインも現在2000円近く爆上げしたんで
ヤバい乗り遅れたと
考えたひとがいるということです。

 

そこで乗り遅れたひとが
代わりに投資したのが

ぺぺキャッシュということに
なります。

 

ようはモナコインからの投機マネーが
流れたということですね。

 

今は爆上げしているけど
今後収束するのではないかという見方です。

 

ぺぺキャッシュの課題

また現在はぺぺキャッシュは用途が限られていると考える

ことができます。

 

たとえばモナコインであればある程度仮想通貨としてに機能も

ありますがぺぺはあくまでもトークンであるということです。

 

つまりデジタルカードの販売にしか使われていないということですね。

 

もちろん世界レベルにまで広がれば非常に価値を持ってくる可能性も

ありますが、

用途が限られている以上、まだまあ流通量が低いということがひとつの課題に

なります。

 

今後ぺぺでゲームが世界的に普及したりすれば

より独自性がまして、価値も上がると思うんですけどね。

 

今後もう人材料ほしい感じですね。

 

ただ長期でみればぺぺキャッシュはあがる!

 

私の意見は今後ぺぺキャッシュは
上昇すると考えています。

 

これはやはり
投機マネーにしても
連動にしても

まだまだ、モナコインの将来性が高いからです。

 

まだまだモナコインが上昇すると
思っているので

連動で上がると考えていますし
乗り遅れた組の投機マネー

としてもまだまだ流れ込むと
考えているからですね。

 

モナコインとの連動性のほかにもぺぺは

まだまだ価格が安いというのも魅力的です。

 

2018年3月現在、まだ6円という安さなので、

買い求めやすいというのも特徴です。

 

そしてホワイトリストしている分今後国内での上場も十分に期待する

ことができます。

 

そうなると自然と流通性が増しますからね。

 

ぺぺキャッシュ今後も期待です!

ただ今期間限定で

■ビットコインが無料でもらえる方法

■仮想通貨初心者のための教科書

期間限定でプレゼントをしています。

以下の画像をクリックすると

ダウンロード画面に移行します。

↓      ↓      ↓

 

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です