ビットコインというものは

そもそも何か全く知らない人からすれば、

昔流行った円天

と同じようなものではないか
感じてしまうのではないのでしょうか。

 

円天というのはちょっとした電子マネーのようなものを餌にして流行った

ねずみ講ビジネスのようなもので、

実際には運用会社も摘発されてしまいました。

 

そんな事件を受けてビットコインというよくわからないものが

出てくると「もしかして円天なんじゃ」と非常に怪しくなってしまいますね。

 

この記事ではビットコインと
円天の違いをお伝えしていきます。

 

実際まだまだビットコインは

詐欺に近いと感じてる人も多いのではないでしょうか。

 

これは2014年にビットコインが消失した

マウントゴックス事件報道の影響も

あるのではないかと思います。

⇒詳しくはマウントゴックス事件の記事を

参考にしてみてください。

さおりん
「ねえ。円天って昔は

流行ったの?」

オギタ
そう。昔は資金を集めるために

円天というモノがあったんだっぷ!

 

 

円天とは詐欺

円天とはいったい何か

L&Gという健康会社が

実際に発行した電子マネーの
一種です。

 

例えば、10万円を預けて1年待って
くれれば

1年後には10万円分の円天ポイントを与えますよ

というものでした。

 

発行会社がL&Gという会社が、ポイントを与えることになるので、

DMMのポイントやマイレージのようなものに近い内容でしょう。

 

その円天ポイントはさまざまな買い物に利用できるという

ものでしたが実際にはごくごく一部の中でしか買い物はできないというものでした。

 

 

実際に会員を集めるために
美川健一などの大御所芸能人をあつめて
会員を洗脳したといわれています。

 

その宣伝を用いて多額の資金を集めて、L&Gは際限なく円天ポイントを

発行したみたいですが、最終的にはねずみ講のような状態に

なり終わりを迎えています。

 

資金を預けても
配当にまわしているということで、資金なんて払えないという。

典型的な詐欺状態でした。

 

会社の裁量で

際限なく発行していて価値がないもの。

 

最終的には資金がショートし

社員の給料も価値がない円天で支払われる始末。

 

最終的には倒産をしてしまったのです。

詳しくは上記の画像を見てみてください。

 

つまり、今回はL&Gという何の信用も無い企業がわけのわからないポイントを

発行したということが一番の原因です。

 

たとえばアマゾンや楽天ポイントはある程度の信用が保たれていますよね。

株式を上場し、ある程度の知名度もしっかりしています。

 

また円やドルの通過も、国の信用のもとで成り立っているといえます。

 

ギプロス危機といって小国ギプロスが信用を失い、ATMから通貨をひきだせなくなる

という事件がありました。

 

つまり、ポイントであり、法定通貨であり、管理者としての信用の下に

成り立っていると考えることができます。

 

 

ビットコインと円天の徹底的な違い

1,作られた目的が違う

そもそもビットコインと円天では作られた目的がまったく違います。

ビットコインはこれまで、金融において銀行を仲介とする

手数料のカットや中央集権制をなんとかできないのか?

ということで作られた仮想通貨ということです。

 

つまりこれまでの取り引きに関しては銀行が間に入り、

取り引き台帳をつけて、仲介を通すというものでした。

 

また法定通貨に関しては国の信用や情勢に大きくかかわります。

不景気であれば、国が紙幣をはっこうしますが、

数が増えることにより、物価が上昇するというインフレーションなどが

引き起こされてしまいます。

 

そんな中央集権体制をつぶして個人間で取り引きをできるように

しようと世界共通の通貨として作られたのがビットコインですね。

 

一方円天はなぜ作られたのかというとL&Gが儲けるために作られたということです。

 

実際には資金を集めるだけ集めてポイントを払えなくなった

ねずみ講ビジネスのようなものでした。

 

つまり作られた目的が世界レベルで見てもまったく違うということが

わかるのではないのでしょうか?

 

2,管理者がルールが決められているかいないか?

ビットコインはそもそも、管理者が存在していません。

一方円天はL&Gという一応の管理者がいます笑

 

「管理者がいたほうが安心じゃないか?」と考える人もいますが、

 

仮想通貨は管理者がいない分、しっかりとルールが決められています。

 

つまりシステムがしっかりとしているということ。

 

たとえば、唯一無二の取りひき記録は仮想通貨のブロックチェーン上に

確実に保存されるようにできています。

 

また取り引きが妥当かどうかという承認は、ビットコインであれば

プルーフオブワークと呼ばれるブロック承認システムで

ユーザー間で管理をしているのです。

 

また発行枚数もビットコインであれば2100万枚と決まっていて、

マイニング半減期の取り入れにより、徐々に報酬を減らしていきながら、

2140年までに2100万枚がすべて発行されるといいます。

 

つまり誰にもかえることができないルールやシステムは存在するのです。

これは第3者の介入により不正や変更はされる心配は無いのです。

つまり、ブロックチェーンという

コンピューター上で
大きな台帳を作り

それを全ての人で取引をしているから
公平であるといえるのです。

⇒これでわかるビットコインの仕組みとは?

という記事を参考にしてみてください。

 

これが円天の場合は

全ての権限がL&Gに行くので

全て会社の都合次第で

発行され

配当なども好きにできます。

 

つまり、よくわからないルール体系の中で

管理者が好きにルールを作ることができるという

とんでもない無法地帯になっていることです。

 

 

実際に払えなくても、

支払いますよ
としれっと嘘をつくことが
できるんです。

 

3,ビットコインは電子マネーではない円天は電子マネー

まず円天は電子マネーに属するということです。

たとえばICOKAなどは円を用いて購入し、

そこにポイントをためておくことができますよね。

 

ようは電子マネーは円を返還したものであるということ。

(実際に価値すらもたない円天は電子マネーと定義することそのものに

抵抗がありますが)

 

ビットコインは仮想通貨なんですよね。つまり円やドルなどとは

まったく違うものになるということです。

 

中央集権がない仮想通貨は透明性が高い

このように
嘘で塗り固められた円天は

不透明の塊なのですが、ビットコインはだれもが

平等に取引することができるんです。

 

実際に一つの台帳に全ての記録が

残るので透明性が非常に高いんです。

また、実際にユーザー間でやりとりできるものなので、

 

円天のように、

一つの組織に操作される事態

心配する必要はないんです。

 

結論からいうとビットコインと円天は全く違うということです!

 

円天にもビットコインにも共通すること

最後に円天とビットコインにも共通することですが

 

安易に自分で考えず

人の言われるがままに投資をするのは

やめようということです。

 

つまり仮想通貨に投資をするのであれば自分で正しい知識を身につけて

自己判断のもと投資を行うことが大事です。

 

今後仮想通貨市場はより高まっていくでしょうから、

円天のような詐欺が出てくる可能性も非常に高いです。

 

特にICO案件は注意が必要です。まったく価値もないのに

セミナーを開いて「第2のビットコインになりますよ」といって

投資をさせるという手法も次々と出てくる可能性もあります。

 

今は法規制がすすんでいない無法地帯のような状態なので、

詐欺が次々と横行するケースがあります。

 

人から勧められて買うのは

結局思考の内ギャンブルと同じです。

正しい仮想通貨の知識を身に付けた

上で投資を行うということが

投資で勝てるための近道です!

ただ今期間限定で

■ビットコインが無料でもらえる方法

■仮想通貨初心者のための教科書

期間限定でプレゼントをしています。

以下の画像をクリックすると

ダウンロード画面に移行します。

↓      ↓      ↓

 

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です