ビットコインというものは

そもそも何か

全く知らない人からすれば

昔流行った円天

と同じようなものではないかと
感じてしまうのでは

ないのでしょうか。

この記事では
ビットコインと
円天の違いを

お伝えしていきます。

実際まだまだビットコインは

詐欺に近いと感じてる人も多いのではないでしょうか。

これは2014年にビットコインが消失した

マウントゴックス事件報道の影響も

あるのではないかと思います。

⇒詳しくはマウントゴックス事件の記事を

参考にしてみてください。

さおりん
「ねえ。円天って昔は

流行ったの?」

オギタ
そう。昔は資金を集めるために

円天というモノがあったんだっぷ!

円天とは詐欺

円天とはいったい何か

L&Gという健康会社が

実際に発行した電子マネーの
一種です。

例えば、10万円を預けて1年待って
くれれば

1年後には10万円分の
円天ポイントを与えますよ

というものでした。

実際に会員を集めるために
美川健一などの

大御所芸能人をあつめて
会員を洗脳したといわれています。

資金を預けても
それらの資金は配当にまわしている

ということで、

実際には資金なんて払えないという

典型的なネズミこうだったんです。

円天は幅広く使えるという触れ込みでしたが

結局はごく一部で使えるのみ

会社の裁量で

際限なく発行していて

価値がないもの。

最終的には資金がショートし

社員の給料も

価値がない円天で支払われる始末。

最終的には倒産をしてしまったのです。

詳しくは上記の画像を見てみてください。

 

ビットコインと徹底的な違い

ビットコインはそもそも、

管理者が存在していません。

つまり、ブロックチェーンという

コンピューター上で
大きな台帳を作り

それを全ての人で取引をしているから
公平であるといえるのです。

⇒これでわかるビットコインの仕組みとは?

という記事を参考にしてみてください。

これが円天の場合は

全ての権限がL&Gに行くので

全て会社の都合次第で

発行され

配当なども好きにできます。

実際に払えなくても、

支払いますよ
としれっと嘘をつくことが
できるんです。

中央集権がない仮想通貨は透明性が高い

このように
嘘で塗り固められた円天は

不透明の塊なのですが、

ビットコインはだれもが

平等に取引する

ことができるんです。

実際に一つの台帳に全ての記録が

残るので透明性が非常に高いんです。

また、実際にユーザー間でやりとりできるものなので、

円天のように、

一つの組織に操作される事態

心配する必要はないんです。

結論からいうとビットコインと
円天は全く違うということです!

円天にもビットコインにも共通すること

最後に円天とビットコインにも共通することですが

安易に自分で考えず

人の言われるがままに投資をするのは

辞めようということです。

人から勧められて買うのは

結局思考の内ギャンブルと同じです。

正しい仮想通貨の知識を身に付けた

上で投資を行うということが

投資で勝てるための近道です!

ただ今期間限定で

■ビットコインが無料でもらえる方法

■仮想通貨初心者のための教科書

期間限定でプレゼントをしています。

以下の画像をクリックすると

ダウンロード画面に移行します。

↓      ↓      ↓

 

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です