「これだけは抑えておいて!」ビットコイン投資で失敗する人の特徴は

ビットコインを買いたいんだけど

今後どうしようかな。

 

と投資に迷っているひとはいるかもしれません。

 

しかしこれから投資するにしても

絶対に抑えておいてほしい

点があります。

 

それを抑えておいてくれないと

失敗する可能性が非常に高いからです。

それでは仮想通貨投資で

失敗する人の特徴をお伝えします。

さおりん
仮想通貨でも

失敗しやすい人は

いるんだ?

オギタ
もちろんだっぷ!

ビットコインは危険性が高いの?という記事も

合わせて読むと参考になります。

 

仮想通貨で失敗する人の特徴

1,仮想通貨の仕組みが全くわからない

まずは仮想通貨をするにあたり

最低限の知識は
絶対抑えておかなければいけません。

 

 

例えば基礎中の基礎である
ブロックチェーン技術は取引台帳だけでなく
世界中で

 

様々な用途に応用することが
できちゃうんです。

 

 

⇒詳しくはブロックチェーンとは

という記事を参考にしてみてください。

 

 

例えば、その用途が革新的なものであれば

非常に人から求められ、

価値が高くなることは間違いありません。

 

 

投資の判断をするためにも

最低限の知識と仕組みは
理解していきましょう!

 

2,短期売買を繰り返す

実際にビットコインレバレッジを高めて
短期売買することは

おすすめできません。

 

仮想通貨市場はまだまだ小さいので

ちょっとした出来事で
下落を起こしやすいのです。

ビットコイン分裂

有名人のコメント

中央銀行や金融庁のけん制

関連性の高い仮想通貨同士の連動

挙げればきりがありません。

 

暴落をおこしやすいので
短期売買だと

強制ロスカットのリスクもあります。

そのため調教投資の視点を
持つようにしましょう。

 

また仮想通貨には暴落を利用して売ってから買い戻すというから売りという

方法があります。

 

ひとつの方法なのですが、イレギュラーな方法ではあるので、

いきなり初心者が始めるというのは絶対にやめておきましょう。

 

特にレバレッジをかけて大量の仮想通貨を取り引きすれば

それだけ損をしたときの損益も非常に高くなってしまいます。

 

さおりん
ビットコインは

まだまだ市場が小さいから

ちょっとしたことで

暴落を起こしやすいんだね!

 

3,単一の通貨のみに全ての財産をかける

例えばでてまもない通貨に

全ての財産をつぎこむということ
です。

この手法は非常に危険です。

 

基本的には

リスク分散が基本になるかと考えます。

 

あくまでも余剰資金の
中で複数の通貨に分裂投資をするように
しましょう。

 

また全財産をかけて購入した仮想通貨を取引場においたままにしている

人が多いのも現状です。

 

藤崎マーケットのときさんはNEMを全額コインチェックに預けていたたため

それを全額盗まれてしまったという事件もあります。

 

儲けた資産はセキュリティに高いウオーレットに保管するようにしましょう。

 

資産を守るといのも失敗しないための特徴になります。

 

4,価格冒頭中にあせって買い足しする

価格が冒頭するとあせって

買い足すひとは注意です。

暴騰したら
必ずストンとさがることが多いので

確実に損をする可能性があります。

 

 

暴騰は必ずあせらず待つということを

しましょう。

 

急にストンとさがる時、

その時がまさに買いと言えます。

 

5,詐欺通貨に投資してしまう

例えば資金集めの先行販売として

ICO通貨というものがあります。

 

⇒詳しくはICO通貨とは?

という記事を参考にしてみてください。

 

資金集めして開発して有名になれば

価値を上げて還元しますよというものです。

 

しかしICO通貨の中には
そもそも資金集めだけして

ドロンをしてしまうことがあります。

 

中には、ネズミこうのように、

会員をつかまえるという方式もあります。

 

このようにはまってしまうのは

ある程度検討することで防ぐことができます。

 

例えば、ICO通貨はホワイトペーパーを

必ず発行するので

それを読むだけでも

天と地ほどの差て
身を守ることにつながります!

⇒詳しくはホワイトペーパーは?

という記事を参考にしてみてください。

 

6,ボラリティが高すぎて心理的に耐えることができない

「少し下がったから売ろうかどうしようか」

とそんな感じで毎日のようにチャートを見つめる日々が続いていきます。

 

そうすると今は一時的な暴落かもしれないのに、

「やばい売らなきゃ」と損きりをしたいがために狼狽売りをしてしまう。

 

それって「もちろん頭の中でわかっていながらも」思わずやってしまう人も

いることが事実です。

 

つまり、相場そのものに踊らされてしまうというのが失敗に

非常に結びつきやすいということです。

 

私も仮想通貨を始めたころは毎日のようにチャートを見るような

日々を続けて「ちょっと下がったら」

「やばい売らなきゃ」という風に体そのものが反応をしてしまって

いたんです。

 

そこで何でだろうな?と自分で考えていたんですが、

「最初の軍資金8万円をすべて仮想通貨投資にあてていた

ことが大きな原因でした」

 

 

つまり手持ちのお小遣いをすべて投資してしまっていたということ。

 

少し値段が下がっても自分のお小遣いが減っていくのは

目で見てわかるんですよね。

 

すると「売らなきゃ売らなきゃ」とずーッと心の中で葛藤を

していたという日々が続いていました。

 

つまり全財産は自分で投資をしないということが大事です。

 

全部を投資すると絶対に相場に振り回されてしまう日々が続いてしまうからなんですね。

 

7,チャートがあがっているのに思わず買ってしまい高値つかみをしてしまう

失敗する人の特徴として、高値つかみをしてしまう人、

つまり上昇トレンドの終わり際にあせって

「やばい買わなきゃ」という風に買ってしまう人がいます。

 

確かに2017年年末ってどの仮想通貨も爆上げしてしまったじゃないですか?

つまり稀に見る上昇トレンドがやってきたわけです。

 

そうすると「やばい買わなきゃ」とどんどん買ってしまう人が実際に

いたっていうこと。

 

結果として2018年は暴落をしてしまい、大損をした人も

中にはいます。

 

ここで大事なのは激しく相場が動いているときに

買いをいれるのはよくないということです。

 

 

特に上昇が激しく、思わず高値つかみをしてしまうのは

代表的な例です。

 

そのため購入するときは比較的相場が落ち着いている

時が最適であるということです。

 

おすすめなのが比較的上昇傾向の落ち着いたチャートでは

ないでしょうか?

 

ただ仮想通貨はボラリティが高すぎてまだまだ天井が読めない

ということもありますのでまだまだ検証と観察が必要になるでしょう。

 

あくまでも余剰資金の中で安全な投資を行う

あくまでも仮想通貨においては

安全で余剰資金範囲内で

投資を行うようにしましょう。

 

そう、まずは心に余裕を持つことが大事になります。

私も経験がありますが、全財産をかけたとしても

頭がわかっていたとしても心が勝手に動いてしまうんですよね。

 

「自分でもわかっているのに」と頭ではわかっているんですが、

少し下がると損切りをしてしまいたい衝動に駆られてしまいます。

 

 

また私生活でもチャートや相場を見る時間が続いてしまい、いつの間にか

自分のプライベートの時間すらも無駄にしてしまっていました。

 

そう。幸せになるはずの投資で人生が破滅する可能性もあるのです。

これは決して大げさなことではありませんから。

 

少しずつ

「これで利益を得ることができる」

という感覚を持ち、
少づつ慣れていくようにするということですね。

いきなり、

ガーンといって大きく当てるという

手法は危険になっちゃいます!

 

ただ今期間限定で

■ビットコインが無料でもらえる方法

■仮想通貨初心者のための教科書

期間限定でプレゼントをしています。

以下の画像をクリックすると

ダウンロード画面に移行します。

↓      ↓      ↓

 

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です