ビットコイン投資で失敗する人の特徴は

ビットコインを買いたいんだけど

今後どうしようかな。

と投資に迷っている

ひとはいるかもしれません。

しかしこれから投資するにしても

絶対に抑えておいてほしい

点があります。

それを抑えておいてくれないと

失敗する可能性が非常に高いからです。

それでは仮想通貨投資で

失敗する人の特徴をお伝えします。

さおりん
仮想通貨でも

失敗しやすい人は

いるんだ?

オギタ
もちろんだっぷ!

ビットコインは危険性が高いの?という記事も

合わせて読むと参考になります。

 

仮想通貨で失敗する人の特徴

1,仮想通貨の仕組みが全くわからない

まずは仮想通貨をするにあたり

最低限の知識は
絶対抑えておかなければ

いけません。

例えば基礎中の基礎である
ブロックチェーン技術は

取引台帳だけでなく
世界中で

様々な用途に応用することが
できちゃうんです。

⇒詳しくはブロックチェーンとは

という記事を参考にしてみてください。

例えば、その用途が革新的なものであれば

非常に人から求められ、

価値が高くなることは
間違いありません。

投資の判断をするためにも

最低限の知識と仕組みは
理解していきましょう!

 

2,短期売買を繰り返す

実際にビットコインレバレッジを高めて
短期売買することは

おすすめできません。

仮想通貨市場はまだまだ小さいので

ちょっとした出来事で
下落を起こしやすいのです。

ビットコイン分裂

有名人のコメント

中央銀行や金融庁のけん制

関連性の高い仮想通貨同士の連動

挙げればきりがありません。

暴落をおこしやすいので
短期売買だと

強制ロスカットのリスクもあります。

そのため調教投資の視点を
持つようにしましょう。

さおりん
ビットコインは

まだまだ市場が小さいから

ちょっとしたことで

暴落を起こしやすいんだね!

3,単一の通貨のみに全ての財産をかける

例えばでてまもない通貨に

全ての財産をつぎこむということ
です。

この手法は非常に危険です。

基本的には
リスク分散が基本になるかと
考えます。

あくまでも余剰資金の
中で複数の通貨に

分裂投資をするように
しましょう。

4,価格冒頭中にあせって買い足しする

価格が冒頭するとあせって

買い足すひとは注意です。

暴騰したら
必ずストンとさがることが

多いので

確実に損をする可能性があります。

暴騰は必ずあせらず待つということを

しましょう。

急にストンとさがる時、

その時がまさに買いと言えます。

5,詐欺通貨に投資してしまう

例えば資金集めの先行販売として

ICO通貨というものがあります。

⇒詳しくはICO通貨とは?

という記事を参考にしてみてください。

資金集めして開発して有名になれば

価値を上げて還元しますよ

というものです。

しかしICO通貨の中には
そもそも資金集めだけして

ドロンをしてしまうことがあります。

中には、

ネズミこうのように、

会員をつかまえるという

方式もあります。

このようにはまってしまうのは

ある程度検討することで

防ぐことができます。

例えば、

ICO通貨はホワイトペーパーを

必ず発行するので

それを読むだけでも

天と地ほどの差て
身を守ることにつながります!

⇒詳しくはホワイトペーパーは?

という記事を参考にしてみてください。

あくまでも余剰資金の中で安全な投資を行う

あくまでも仮想通貨においては

安全で余剰資金範囲内で

投資を行うようにしましょう。

少しずつ

「これで利益を得ることができる」

という感覚を持ち、
少づつ慣れていくようにするということですね。

いきなり、

ガーンといって大きく当てるという

手法は危険になっちゃいます!

 

ただ今期間限定で

■ビットコインが無料でもらえる方法

■仮想通貨初心者のための教科書

期間限定でプレゼントをしています。

以下の画像をクリックすると

ダウンロード画面に移行します。

↓      ↓      ↓

 

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です