2018年から銀行に本格的に

トレードされていくリップルコインですが

有名になっていく中

「詐欺ではないか?」

と疑う人にも中にはいるということ!

 

⇒リップルってそもそも何?と思った人は

リップルコインの特徴とは?

という記事を参考にしてみてください!

 

結論から言いますと

リップルはれっきとした仮想通貨で

詐欺では間違いなくありません。

 

ただ、取引場を通じてリップル詐欺が

あったことは事実ということで

そこでこの記事では

リップル詐欺の詳細を

紹介していきます。

さおりん
そうなんだ?リップルじゃなくて

取引場がわるかったんだね?

オギタ
そう。2014年に起こった

マウントゴックス事件と

似ているだっぷ!

⇒詳しくはマウントゴックス事件という

記事を参考にしてみてください。

 

 

リップルトレードジャパンが起こした詐欺事件

リップルコインを取引している

取引場で実際に詐欺事件はありました。

それは取引場の一つ

リップルトレードジャパンの

社長が現金を受け取り

だましとっていたということです。

通常取引場は現金を受け取ると

インターネット上にIOUという

電子借用書を証明します。

 

その借用書の内容に

応じてリップルが支払われるということになります。

※これはリップルの特徴で
借用書をリップルネットワークで
作成を行います。

しかし、

リップルトレードジャパンは経営破たん寸前で

もはや支払能力がなかったにも関わらず

顧客から現金をだまし取っていたということです。

 

実質だましとったお金はおおよそ1700万円にも

及ぶということです。

 

しかもその社長は自分あてに

架空の電子証明を(IOU)を発行していたということで

不当にリップルコインを受け取っていたとも言います。

 

リップルは仮想通貨としてのブリッジ通貨としての機能を見れば、

詐欺がわけがないですし、現在時価総額3位という順位を見ても

仮想通貨の代表になると考えています。

 

そんな中で詐欺?と言われるのはこのような詐欺事件があったからなのですね。

たとえば「ビットコインが詐欺?」と言われたのにもマウントゴックス事件という

ビットコインが大量に消失した事件がありましたからね。

 

ただ悪いのは仮想通貨ではなくそれを扱う人や取引場に

問題があることが多いんですよね。

 

今後リップルそのものでは詐欺が起きることは少ないと思うが知名度を利用した抱き合わせ商法には要注意

まずリップルそのものは詐欺が起きる可能性が少ないということです。

時価総額3位を取っていますし、

グーグルなども実際にリップル社に出資しているという事実もあります。

⇒詳しくはグーグルがリップルに出資した事実は?という記事を参考に

してみてください。

つまり「リップルを買ってください。ぐへへへ」というような

詐欺は起こりにくいと考えることができます。

 

そもそも取引場でも購入することができますからね。

 

ただリップルという知名度を利用した抱き合わせ商法には

注意が必要かもしれません。

 

たとえば48ホールディングスという企業が出していた

クローバーコインですが、

実際に「クローバーを買ってくれれば、リップルをプレゼントしますよ」

というように付加価値をつけるといい宣伝をしました。

 

ICO案件でも「次はリップルのようになりますよ」というように知名度を

宣伝してお金を調達するというものですね。

 

つまりリップルの知名度を利用した「抱き合わせ商法」というものが

今後も詐欺案件として使われる可能性があるということです。

 

ようは名前を使って

ICO案件など人を集めるという作業ですね。

 

リップルが詐欺だと考えられている懸念点

次にリップルが詐欺であるといわれる懸念点をひとつ上げておきます。

 

それはリップル社が提携をしていて、リップルを使わないのでないか?

という懸念点です。

 

リップルは仮想通貨にはめずらしい、管理者を持つ仮想通貨です。

 

現在100を超える世界銀行や、送金企業とリップル社が提携を

しているといわれますが、実際にはリップル社の技術を

世界的に使われるように提携を結んでいるだけで、

 

仮想通貨リップルが使われる確証は無いということです。

 

また、リップル社事態、半分以上のXRPを保有していて、

価格操作に使われるのではないか?という心配もありました。

 

つまりXRPは自社株のようなもので、

一気に売ってしまえば一気に価値が暴落してしまう可能性もありますね。

 

ただ以上の点を考慮してもリップルは使われると私は考えています。

1000億枚もの仮想通貨が使われないというのは非常に考えにくいものです。

 

また2017年には550億枚のリップルはロックアップを完了しています。

 

つまり、リップルを550億枚凍結することで

急に売りに出される心配は無く価格操作をされる

可能性も一気になくなりました。

 

 

リップルでは詐欺ではないが取引場の詐欺には合わないように

まずリップルコインは

詐欺ではありません。

 

実際にグーグル会社もその価値を

認めて出資をしていたぐらいです。

出資した事実とはという記事を

参考にしてみてください!

 

それぐらい、リップルの可能性を誰もが

認めていることになります。

 

ブリッジ通貨として

今後世界の橋渡しになる

可能性は非常に高いといえます。

 

気を付けてほしいのは

取引場や人に注意を払うことです。

実際にマイナーな取引場ではないか?

 

信用に値するかなどの

条件は抑えておかないといけません。

 

いかに手数料のかからないような取り引き所を選んでお得に取り引きを

行おうと思っても信頼性がなければ

お金をどぶに捨てるようなものです。

 

また仮想通貨取り引き所のセキュリティーにも気を払う必要があります。

コインチェックで大量のNEMが盗まれるという事件が2018年発生しましたが、

これはインターネット上につながるホットウオーレットの管理が原因でした。

 

つまり本来はオフラインで切り離したコールドウオーレットに保管を行い

ハッカーからの攻撃を受けないようにするのが上策でしたが、

それを怠ってしまったのですね。

 

ただ金融庁からの業務改善命令も出て、今後は規制もよりすすんでいくでしょう。

 

ただ完全にせいびされるまでにはまだまだ時間がかかる可能性があります。

 

 

日本国内であればテレビなどの露出も

高い大手取引場を選ぶようにしましょう。

 

 

ビットフライヤーなどですね。

万が1紛失した時にも

しっかり保障があるところが望ましいです。

取引場でなく人に注意を払う

また詐欺を防ぐためには

人にも注意する必要があります。

 

特にMLM方式を利用して

人を紹介したら

何%プレゼントなどの案件には

とにかく手を出さないほうが良いです。

 

 

⇒例えば詐欺コインの

クローバコインは代表例と

言えるでしょう。

実際に仮想通貨は

中央集権がないと言われています。

 

ようは管理や調整する人がいないから

顧客同士自由に取引をすることができる

ということです。

 

その原理を完全に無視した

クローバーコインや

ノアコインなどのうまい話には

絶対に乗らないようにしましょうね。

⇒ノアコインの記事はこちらになります。

ただ今期間限定で

■ビットコインが無料でもらえる方法

■仮想通貨初心者のための教科書

期間限定でプレゼントをしています。

以下の画像をクリックすると

ダウンロード画面に移行します。

↓      ↓      ↓

 

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です