IOTAとはなに?今後の可能性は?

今回は

仮想通貨IOTAという

便利な通貨について紹介をしていきます。

実際にIOTAが出てきたのは
2017年なんですが

いつの間にか時価
総合10位以内にランキングするという

優れものなんです。

「どうしてこんなに急成長を

遂げるのか?」

理由は今後実用性で

非常に重視されているからですね!

これからの実用性と

将来性を兼ね備えた

期待の高い通貨と言えるのではないでしょうか?

この記事でIOTAの特徴と

将来性について紹介をしていきます。

さおりん
IOTAとはなに?
オギタ
この特徴的なところは

ブロックチェーンを使っていないんだ!

IOTAの特徴とは

まずIOTAの特徴ですが

「インターネットをあらゆるものに
つなごう!」というのが一番のコンセプトなんです。

それに沿った特徴を説明していきます。

1,あらゆるものをインターネットつなごうという理念

例えば、携帯電話のSIRIなどは

非常に良い例になりますね。

これは音声ガイダンスに沿って

話かけるだけで

自動的に話の内容を検索し

その答えを示してくれるという特徴があります。

あらゆるものに

インターネット使うことができれば

非常に便利になりますね。

例えば。電子レンジをインターネットと

つなげることができれば

料理名を伝えるだけで

最適な加熱時間をインターネットから

検索することができるかもしれません。

DMMなどの視聴サービスでは

シーンのみを音声で伝えると

そこかから検索してパッと

表示をしてくれるなどの可能性があります。

 

2,ブロックチェーンを用いないでTangleというシステムを用いている

IOTAの特徴的な部分は

ブロックチェーンを用いていないということです。

「えっそれって仮想通貨ではないんじゃ」

と思ってしまいますね。

しかし、ブロックチェーンを利用するには

無理が出てくるんです。

例えば、冷蔵庫をインターネットに

つなぎ、「すみません。10秒後は

解答を始めてください」と言ったとします。

それは一つの取引であると

みなされますので

台帳に書き込むことになりますね。

でもそんな取引が日常生活を見ると

何千何万と増えていくことがわかりますよね。

でもブロックチェーンってはPOWという

システムがあるので取引を承認してもらう代わりに

手数料を払わないといけなくなってしまいます。

⇒詳しくはマイニングの仕組みとは?という記事を

参考にしてみてください。

そう。取引の量が多すぎて

マイニングによって支払う量が多すぎるんですね!

するとマイクロペイメントという

手数料を払い込むシステムが多すぎて

結果赤字になってしまいます。

それを解消するために

ブロックチェーンを使わず、

手数料を無力化するために

Tangleというシステムを

利用していることになります。

 

Tangleで手数料を無料にする仕組みとは

ブロックチェーンであれば

取引を承認してもらうために

マイニングをして承認してもらうという

ことが条件になります。

そこで手数料を払うというわけです。

しかしTangleを用いることで

マイナーは必要ないということになります。

 

つまり、IOT機器同士取引をしたもの同士で

承認をするということになります。

マイナーがいないので手数料を

カットすることができるんです。

また取引承認に関しては前の記録を

坂の上って承認することができると言われています。

例えば新しい取引を承認すると

その前に新たな取引を含めて承認をしていく。

これを繰り返すことによって

あみだくじのような構造が出てくるわけです。

このあみだがtangleと言います。

非常に難しいですが、

ようは当事同士が承認するので

別にマイニングをしてもらう必要はないですよ。

ということになります。

さおりん
なるほど、

ブロックチェーンだと取引が

あまりにも細かすぎて

手数料がかかりすぎるわけね。

オギタ
そうだっぷ。

だから当事者同士の承認で

手数料をなくそうというのが

Tangleというシステムだっぷ

 

IOTAの今後の将来性は?

今後インターネット化が進むにつれて

当然承認を行う数が出てきます。

そのためIOTAはより普及することとなり、

将来性は非常に明るいのではないのでしょうか。

実際にインターネットを巻き込んだ市場は

間違いなく拡大していくでしょう。

例えば、ジョギングシューズにインターネットを

搭載すると、目標体重に合わせて

ジョギングコースをナビゲートしてくれるかもしれません。

日常生活や

家電などにもまだまだ参入余地が

非常に高いということです。

それが普及するにつれて

細かい取引がどんどん生まれますから
IOTAはまだまだこれから

価値を上げ続けていくのではないかと思います。

たと問えばインターネット機能を搭載した

家電やシステムができると

それに伴い価値をあげるのではないのでしょうか。

IOTAは日本ではまだ買うことはできない

IOTAですが、

まだ日本の取引場では買えません。

つまり、海外の取引場であれば

購入が可能ですね。

そこでお勧めなのが
Binancce取引場です!

ただし、通貨を変換するのは

ビットコインやイーサリアムなどn

通貨が必要になるので

日本の取引場で円から

ビットコインに変換し、

それを送るという手順が必要になります。

 

 

 

ただ今期間限定で

■ビットコインが無料でもらえる方法

■仮想通貨初心者のための教科書

期間限定でプレゼントをしています。

以下の画像をクリックすると

ダウンロード画面に移行します。

↓      ↓      ↓

 

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です