現在価値が急激に上昇を行い、

テレビやメディアにも露出が増えてきたビットコイン

 

2017年では200万円を超えるなど、おおよそ数十倍の

高騰を見せて急成長を見せてくれました。

 

また最近ではメディアに取り上げられることもあり、

「ビットコインって知っている」と少しずつ知っている人が

増えてきたということです。

 

そんな明るみに乗じて

出てくる詐欺業者にも目を離すことができません。

 

 

実際には詐欺にあって

消費者センターに相談をしているケースも

増えているということ。

 

今回はこんなビットコイン詐欺業者には

気を付けようというまとめを

してみました!

さおりん
そうなんだ。

騙されないように

気をつけなくちゃ。

オギタ
確かにブームが来ると

それに乗じる悪徳業者

もいるだっぷ!

 

ビットコイン詐欺業者まとめ

1,HYPE

これは同うことかというと

High Yield Investment Program(高収益投資プログラム)というモノです。

ようは、ビットコインを預けてくれれば

、高利率を受けられますよということですね!

 

実際には利率が1日で数%で上昇をしますよ。

 

というものも少なくはありません。

そりゃお得な人は目が離せないですね。

 

実際に投資を行った人もいるかと思います。

 

しかし、実際には回収されたお金は

投資に回すということが多く、

回転資金がない状態では利率なんて

支払われることはありません。

 

下手したら商品のないねずみ講のような

もので、気づいたら業者がいなくなってしまう

ということも少なくはないのです。

 

また、必要以上に勧誘をしてくる

という業者にも注意が必要です。

 

「紹介をすればこれだけ

利率が上がりますよ!」

ということです。

 

こういった状態に洗脳された人は

フェイスブックやツイッターで

執拗以上に勧誘してくる人も中にはいます。

 

2,セミナー型での勧誘

よくある手口ですが

まずは少額でセミナーにおびき寄せるということです。

 

そこで、国家プロジェクトや

さも有名な人かのように名前を

出して、一口=数十万円と高い値段で購入をさせようとします。

 

多少知識があるひとであれば

「そんなにうまい話はない」と

すぐに気づくことができますが、

何も知らない人は安易に騙されてしまいます。

 

少額でセミナーでおびき寄せ

高額で商品を売りつけるこういった

詐欺には注意をするようにしましょう。

 

⇒例えばビットコインではありませんが

ノアコインクローバーコイン

詐欺を利用した仮想通貨と言われています。

 

 

こういった手口にかからないようにしましょう。

 

また無料セミナーで大金を見せるような手法は間違いなく

高額塾などのバックエンドの商品があるということも

知っておきましょう。

 

たとえばアードビラージはよく使われる手法で、

「何もせずに稼ぐことができますよ」とセミナーで延々と伝えて

アードビラージの高額ツールを購入させるというのは非常に多いのです。

 

 

3,100%儲かるという業者

次に100%儲かりますよ!

という業者も信用しないようにしましょう。

 

そもそも投資をすることには

それなりのリスクとリターンが存在します。

 

 

もちろん株や不動産と違い、

少額から始められるローリスクの手法

と考えることができますが、

それはそれにしてもリスクです。

 

そのために、投資を進める場合は

リターンとリスクを説明した上で

投資を進めるということが前提になります。

 

 

そのため、100%儲かりますよ。

といううまい話は存在しないんです!

 

そんな詐欺師の言うままに

サインをしたり、商品を交わされないようにしましょう。

 

4,メルマガを利用した仮想通貨案件の無料オファー

なぜかわかりませんが、

「ビットコインを無料でさしあげますよ」という風に

何もしなくてもあげますと宣伝をするというものです。

 

たいていは、メールアドレスを入力した後に、複数回に分けて

プロダクトローンチなどを流して、高額のバックエンド商品を

売りつけて姿を消すという業者が多いのも事実なんです。

 

普通に考えたら、アフィリエイターなどに高額の資金を払い、

宣伝をしてもらい、ビットコインをあげますよという風に

慈善事業をするような団体がどこにいるのでしょうか?

 

普通に考えればよくわかるのですが、

大金を見せびらかせられたり、知識が無ければ信じてしまうのも

事実です。

 

特に、マイニング、

アードビラージ

などの用語が出てくる業者は要注意です。

 

 

5,ICO案件

ICO案件は詐欺の温床になることが多いです。

ICOとは、ICOとは「Initial Coin Offering(イニシャル・コイン・オファリング)」の

略で、仮想通貨を開発するために、

資金を事前に調達するという方法です。

 

もちろん無条件で調達をするのではなく、プレセールでトークンを販売し、

後々で価値が上がる可能性がありますよということです。

 

もちろん、後々有名になれば先行者利益を得ることができます。

 

ただですね。簡単に資金調達をできてしまうために、

詐欺の温床になることがあります。

 

たとえばビットコインを引き合いに出したICO案件なども非常に多いです。

 

「この通貨が第2のビットコインになりますよ」という風に、

このような案件はセミナーでビットコインがいかにあがったのかを

言って、よくわからないままに新しいICO案件を出してきます。

 

実際に仮想通貨に知識の無い人は「もしかしたら儲かるかも」と

購入してしまう人も少なくありません。

 

またビットコインを「購入してくれればあげますよ」

と付加価値をつけるという抱き合わせ商法をする人も少なくないのです。

 

もちろんその場でだまされなかったとしても気が抜けない

実際にセミナーなどでだまされなかったとしても、

安心するのは早いですね。

 

なぜなら、無料オファーやセミナーで入力した、個人情報は

しっかりとリストとして取られている可能性が高いということです。

 

実際にリストを買っている業者がいるのも事実です。

 

とられたリストには何度も何度も形を変えて

無料をオファーなどを送りつけられる可能性も多いです。

 

なぜそのようなことをするかというと、

実際にかかる人がいるからです。

 

 

オファー名を変えたり、ランディングページをかえたりして、

好みにはまるように緻密な戦略がとられているということ。

 

そのために、一時は詐欺にかからなかったとしても

今後もかかる可能性があるということを心に

入れておきましょう。

 

詐欺業者にだまされないためには

 

仮想通貨で詐欺業者にだまされないためには、

間違いなく仮想通貨に関する知識を身につけるということに

なります。

 

たとえば仮想通貨はP2Pシステムというものがあり、

個人と個人が端末でつながり、取り引きができる、非中央集権制の

システムがあります。

 

 

つまり、仲介業者そのものを介すること事態がおかしいと

知識があれば気づいてしまうものです。

 

またICO案件にしろ、仮想通貨の理念や昨日を記した

ホワイトペーパーというものがあると気づけば、

ホワイトペーパーが無い時点で「これはやばい案件だな」

と気づくことができてしまいます。

 

最初は私も仮想通貨のことがよくわからないで

「どれも一緒だな」と考えていましたが、

勉強すればするほど、仮想通貨のことがよくわかり、

 

詐欺などの見極めがしっかりとできるようになりました。

 

そのため読者の皆さんはぜひこのブログで

仮想通貨に関する正しい知識を身につけてくださいね。

 

ただ今期間限定で

■ビットコインが無料でもらえる方法

■仮想通貨初心者のための教科書

期間限定でプレゼントをしています。

以下の画像をクリックすると

ダウンロード画面に移行します。

↓      ↓      ↓

 

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です