今ビットコインをはじめとして

にぎやかなビットコインですが、

⇒ビットコインの仕組みについては

以下の記事を参考にしてみてください。

そこで今回の記事は

儲けたビットコイン、

買ったビットコインを

どうやって保管をしておくのか?

という話です。

実際に紙幣と違って仮想通貨は

現物ではないために、

家の中や財布に保管するイメージはつきませんね。

さおりん
確かに財布や金庫がないから

どうやって保存するのか

わからないね!

 

ビットコインを保管するには?

ビットコインを保管するにはどうすればよいか?

実はいろんな種類や方法が

存在しているんです。

順次紹介をしていきますね。

1,取引場に保管をする方法

実際にCMでもよくやっている

仮想通貨取引場に

保管をしておくという方法があります。

CMでおなじみなのが、

ビットフライヤーや

コインチェックなどの

取引場になりますね。

これらは実際に取引場でアクセスを行い、

ビットコインを購入することで

自然と取引場の中に保存されるということになります。

メリットとしては

取引場で取り入れておくことで

自然と取引をするスピードが速いことです。

例えば「ああ売りに出さなきゃ」

と考えたときに取引場にビットコインがあるので

自然と売りに出せちゃうことができます。

つまりリアルタイムで活用がしやすいということですね!

取引場のデメリット

次に取引場に対するデメリットも

知っておかないといけません。

例えば。取引場がつぶれてしまうと

ビットコインそのものを失う可能性があるということです。

また盗難補償にも気をつけないといけません。

実際に取引場のビットコインが消失するという

事件も中にはあります。

⇒詳しくはマウントゴックス事件とは?

という記事を参考にしてみてください。

もちろん近頃では2段階認証なども

出現していますし、

ハッキングに合わないように

オフラインで保存することもあります。

まだ始めて間もない時は

貯蓄も少額でしょうから、

取引場を利用するのが良いでしょう。

2,オンラインウオーレットに保存するという方法

次のオンラインのウオーレットに保存をする

という方法があります。

実際に12単語のパスワードを控えておいて

そのパスワードを入力することで

ビットコインが引き出せるというモノです。

送金のスピードも

一番早いですし、スマホなどのアプリも

採用するので、

今後買い物をするには

非常に有用的であると言えます。

⇒ビットコインにスマホをかざすだけで

スターバックスで決済できるかもしれません。

オンラインウオーレットのデメリット

次にオンラインウオーレットの欠点ですが、

パスワードを忘れた時点で取り出すことができなくなって

しまうことが欠点です。

ですから紙に控えておくだけでなく、

データーとして保存しておくなどして

リスクを減らすということが大事です。

3,コールドウオーレットに保存する

次にコールドウオーレットに保存をしてしまおう

という方法です。

コールド=ネットにつながっていないということなんで

当然ハッキングされるリスクは少なくなってしまいます。

ただしデメリットとして

なくしてしまえばその時点で

データーを失ってしまいます。

また故障してしまうことでも

ビットコインが取り出せなくなってしまうために、

2台持ちを行う人が主流のようです。

1台2万円ほどするので

少しお高い気がしますが

、一つが壊れてもリカバリーをすることができるので

リスク分散をすることができます。

⇒仮想通貨を保管するためのウオーレット?

という記事も参考にしてみてください。

オススメのビットコインの保管方法

私がオススメするビットコインの

保管方法は

ずばり、資金に応じてリスク分散を

使い分けるという方法です。

例えば、今日常的なお金に

関して考えてみましょう。

月に使う分の生活費⇒財布の中

普段貯蓄している紙幣⇒銀行

紙幣を金などの現物に変えたもの⇒金庫

など使い分けてほぞしていると思います。

つまり仮想通貨も同様に分けて

保存することが重要になるのでは

ないのでしょうか。

取引に必要な分のビットコイン⇒取引場に保存

莫大にたまっているビットコイン⇒コールドウオーレット

日常に使う分のビットコイン⇒オンラインウオーレット

というように使い分けを行うということです。

どの保管方法も100%安心というわけでは

ないです。

分けて使い分けを行うことで

利便性の向上と

リスク分散を行い危険を回避することにつながります。

種類を変えてみる

次に仮装通貨のみで保管をするのではなく、

現物通貨に買える方法もありでしょう。

実際200万円分のビットコインがあば

100万円分はビットコイン

その残りは現物紙幣というように

種類を変えて保存することも

リスク分散になりますね!

ただし、今仮想通貨は価値が非常に

上がり続けているので

紙幣であれば、利率などは期待できないのは

おわかりですね。

目的とリスクを考えて

安全の資産運用していきましょう。

ただ今期間限定で

■ビットコインが無料でもらえる方法

■仮想通貨初心者のための教科書

期間限定でプレゼントをしています。

以下の画像をクリックすると

ダウンロード画面に移行します。

↓      ↓      ↓

 

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です