3分間で理解ができる??現在ビットコインの流通量はどうなっているのか?

現在マイニングにより、せっせと発掘をされている

ビットコインですが、

 

⇒マイニングを知らない人は

マインニングとは?という記事を

参考にしてみてください。

 

現在のビットコインはどれぐらいで回ってるのでしょうか。

そしてもしビットコインの発行量が限界に達すると

どうなるでしょうか?

 

今回はビットコインの流通量

という記事を書いていきます。

そもそもビットコイン発行量の上限は?

そもそもビットコインには発行量の

上限があります。

紙幣であれば、無限に発行することができるのですが、

ビットコインの発行数には限りがあるんです。

実際の発行量は2100万枚と言われています。

 

これは実際に通貨と金の埋蔵量を見立てている

ということらしいです。

 

すなわちインフレーションにより

通貨そのものの価値が下がることを防いでいる

ということになります。

 

たとえば紙幣は景気に応じて無限に増やすことができます。

中央銀行が

「ああ。不景気だからお金をすらないと・・・」

と紙幣を製造して調整を図ることはよくある話です。

 

しかし、紙幣の量を増やしていくと、

当然紙幣の量が多くなり、物価が自然と上昇してしまうことになります。

 

たとえば100円のものが200円になってしまったり、

このように紙幣過多でおきる物価上昇を

インフレーションと呼びます。

 

 

現在のビットコインの発行量はおおよそ1200万枚

現在ですがビットコインの発行量は

1200万枚となっています。

今後の流通量についてですが、

マイニング半減期というものがあって

4年に1回ビットコインのマイニング量が

半分に減らされるということになります。

 

何故採掘量が半分に減らされてしまうのかというと

採掘作業が進みすぎてしまうと

一気にビットコインが掘り起こされてしまい、

ビットコインの価値が下がってしまう可能性

があるからです。

 

そのために、4年に1回マイニング量を半分にして

徐々に掘り起こしていこうということになります。

 

※ビットコインの採掘量は当初は

マイニングを行うことで受け取れるビットコインは50でしたが

2018年現在では受け取れるビットコインの量は

12.5までに減少をしています。

 

つまりマイニング半減期を考慮に入れて

採掘量を計算していくことで

2100万枚は2140年で採掘が終了する

と言われています。

 

つまり、100年後以上の2140年には

採掘が全て終了し、2100万枚のビットコインが

全て流通すると言われています。

 

近いうちにまたマイニング半減期がくれば

その前に価値が上がると考えてよいでしょう。

 

なぜならば、採掘できる量が減る前に

いっぱいとっておきたいと考えるからですね。

 

しかし、2033年にはほとんどのビットコインが発行されてしまう?

2140年にはすべてのビットコインが

発掘されてしまうということを

書きましたが、現在採掘のペースが非常に

速いために、2033年には

ほぼ99%のビットコインが採掘されてしまう

と言われています。

2017年には総量の87.5%、2033年には、99%のコインが発行されてしまう。のこり108年かけて、わずか1%のコインが微妙に発行されるに過ぎない

http://ビットコイン.pw/articles/guoqF

2033年になると半減期の影響で採掘される量が

少なくなってしまいます。

 

つまり、100年の時をかけてわずか微々たる1パーセント

のビットコインが採掘されるということになってしまいます。

 

既に99%は出てしまっているんで

2030年にはほとんどのビットコインが

流通していると考えて間違いありません。

 

ただ2030年ごろには発掘するためのビットコイン報酬は明らかに減るので

今あるような強大なマイニングプールは消滅してしまい、

ごくごく一部の集団がマイニングをしているかもしれませんね。

 

 

ビットコイン発行量が上限まで来てしまうとビットコインの価値はどうなるのか?

まずビットコインが上限に達した時点で

マイニング会社そのものが

消失することになります。

 

つまり掘り起こせるビットコインがないので

もはやマイニングをする余地はないということです。

 

また、マイニングを協力してしようという

マイニングプール事態も消滅してしまいます。

⇒詳しくはマイニングプールとは?という

記事を参考にしてみてください。

 

発行量が上限に達するとき

ビットコインの価値はどうなるのか?

答えとしては、価値は上昇するはずです。

 

なぜならば、発行量が決まっていて

今後2度と増えないという希少性を持っているために

必然と価値は上昇してしまうのです。

 

 

まだ、ビットコインの3回目の半減期は

追えていませんから。今後半減期を迎えることで

さらに価値が高まり、価格が上昇するのでは

と思います。

 

もちろんマイニング半減期のときにビットコインがちゃんと社会で

使われいるのか?というには前提になりますが・・・・

 

 

もしもマイナーがいなくなってしまうとどうなるのか?

もしも発行枚数に達する前にマイナーがいなくなることを

想定すればどのようになるのでしょうか?

 

つまりビットコインの発行数はそれ以上増えないということになります。

 

2100万枚に達するまでに通貨量が限定されるので

求めている人が増えると自然と価値が上がるのかもしれません。

 

ただマイニング半減期が起ころうとも、

もらえるビットコインの量はおおかたわかっているので、

採掘されるまで、参入している企業はあるでしょうね。

 

ただ熾烈な争いになるために、2030年には数多くのマイニング事業が

撤退しているかもしれません。

 

それかまたビットコインを分裂させるように

開発者とマイナーが言い争うかもしれませんね。

 

 

 

いやちょっと待って?ビットコインの採掘が終わってしまうとビットコインそのものが終わるのではないか?

つまり、2140年に達してしまうと、

ビットコインが発行されきってしまうために、

「もうビットコインそのものが終わるのではないか」

考えている人がいます。

 

まず結論から言いますと、ビットコインが採掘されきってからも、

もちろんなくなるわけではありません。

 

「ビットコインはもう終わりだ」と考えている人は

マイニングにおける報酬がもらえなくなるために、

マイニングをする人がいないのではないか?ということです。

 

そう考えるのももちろん自然流れです。

報酬をもらえるのにマイニングをしているのですから。

報酬がもらえないとなると、マイニングする理由は

各国の企業には見当たりませんからね。

 

そうなると取り引き承認を行う人は消滅してしまい、

ビットコインによる新しい取り引きは成立しない可能性が

あるのではないか?という疑問です。

 

 

ただその展開もビットコインが発行されたときから想定済みのようです。

つまり、ビットコインにはマイニングにしろ

手数料がかかりますので、

 

その手数料をマイナーに回してしまおうということで

成立をさせるみたいです。

 

ただマイニングにおける電気代もかかりますし、

取り引きする人の手数料が大きくなってしまうと

もしかしたらビットコイン取り引きする人も

少なくなってしまうかもしれませんね。

 

もしかしたら今後のイーサリアムのように

コンセンサスアルゴリズムをプルーフオブワーク

からステークなどに変更をするかもしれませんね。

 

そうなるとビットコイン保有者の割合によって承認者が

決まるために電気代などの手数料はカットすることができます。

 

まあこれはあくまでも私の予測なので笑。

 

ただいえるのは2140年を過ぎてもビットコインが終わるということは

ないので、今後も世界へ向けて整備がされていくことは

間違いないでしょうね。

 

2030年にはほとんどのビットコインが採掘

されてしまので、

今のうちに保有しておくのもよいかもしれません。

ただ今期間限定で

■ビットコインが無料でもらえる方法

■仮想通貨初心者のための教科書

期間限定でプレゼントをしています。

以下の画像をクリックすると

ダウンロード画面に移行します。

↓      ↓      ↓

 

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です