今回は、仮想通貨が空売りできるのか?

ということをお伝えしていきます。

実際にFXなどをしたことが

ある人はショートのなじみの言葉かもしれません。

 

しかし、初心者すると空売りとは何ぞや?

と?マークになってしまうと思います。

また、

 

仮想通貨そのものにも空売りというものが

できるのか?非常に気になりますね!

 

今回は、仮想通貨の空売り(ショートできるのか?)

ということについて詳しく見ていきます。

結論から言うと仮想通貨でも空売り(ショート)は可能である

結論から言うと仮想通貨でも

空売り(ショート)することは可能になります。

そもそも、空売りは何ぞや?

ということから説明しますね!

 

空売りは売りから始まる

例えば、仮想通貨の儲ける方法は

安く買って高く売るという

ことですね。

 

⇒詳しくはビットコインで儲ける仕組みを

参考にしてみてください。

ようは、10万円で買ったものを

100万円で売ることで

90万の利益を得ることができますね!

それと反対に空売りは、

売りから始まります。

 

具体的な例を紹介すると

例えばですが、

お金を儲けたいとして

先に商品を前借してしまう

方法です。

 

「すみません。先に売るための

プラモデルをください」

ということで。プラモデルを

おもちゃ屋さんから借りてくることになります。

 

そしてそのプラモデルを

なるべく高く売れるうち、

1000円で販売したとします。

そして800円で同じプラモデル

があったとして・・・・

「じゃあこのプラモデル買います」

と同じものを買います。

 

そして店に返却をしてしまえば

OKということになります。

 

これがショートの原理です。

 

つまり、高く売っておき、後でまた安く買い戻すことで利益を得るための

ひとつの方法ということです。

 

仮想通貨の場合

当然仮想通貨に関しても

ショートを利用することができます。

事前に利益を出したい場合は

利益を大きく出したいとして。

 

100000の資金を貸してくださいと

前借をすることができます。

 

ようは10000円の資金でレバレッジを

かけることで、100000万円と

10倍の取引をすることも可能になります。

 

そして10万円分のビットコインを

借りておき、一番高い10万円で売ったとします。

 

そしてしばらくすると8万円にビットコインが

下がってしまった。

 

その時点で再び買い戻しを行うということです。

そうすることで、2万円の利益を上げることができます。

 

売ったつもりで、買い戻すというのが

仮想通貨のショートの方法です。

 

これは通常の利益とは違い、

暴落を利用して利益を出すという方法です。

 

もしも含み損をきたしてしまうと、追証金を入れないといけなくなる

ちなみにショートのおさらいをしておくと、

担保を預けて、仮想通貨を何倍かを借りる。

借りた仮想通貨で大目の取り引きを行う。

利益が出た場合、仮想通貨を返して、取り引きを終了

 

というプロセスをとりますが、

もちろん、暴騰をきたしてしまうことにより、

当然含み損をかかってしまうこともあります。

 

つまり、預けている分の担保額の損をしてしまうと、

ある一定の基準をきったときに強制ロスカットといって

損切りさせるというシステムがあります。

 

ちなみにロスカットになる基準は証拠金(担保)の30パーセントを下回った時点で

強制的に決済がされてしまいます。

 

そのため、負けをきたした場合は追証金といって、

担保をさらに入れるように要求をされます。

 

ただ暴落が続いてしまうと、ずっと追証金を入れないといけず、

心が消耗してしまうことは間違いありません。

 

中には「負けたくない」と借金をする人出てきます。

ロスカットは借金ができる前にしてくれますが、

気をつけないといけないことのひとつですね。

 

空売りのメリット

仮想通貨の空売りのメリットはいったいなんでしょうか?

それはひとつの投資方法の選択しが広がるということになります

 

実際に暴落を利用して買い戻して返すという方法なので、

従来のように安く買って、高く売るという方法とは違う投資

方法になります。

 

また暴落を予測する人が得意という人もいるのではないでしょうか?

 

たとえばビットコインのトランザクションの問題や、

ハッキングなど、暴落の材料を予測するほうが得意だよ

という人がいるということ。

 

また逆もしかり、価格高騰を予測することが得意だよ

という人も中にはいるでしょう。

 

自分の適性に応じて投資の方法を

選択できる幅が広がるのが、

ショートのよい面であると考えています。

 

 

空売りのデメリット

ただし暴騰が起きやすい仮想通貨の世界では非常に危険

ただし、仮想通貨の世界では

まだまだ市場が小さいために暴騰が

起きやすいという性質があります。

 

つまり、有名人の発言や

アップデート前には当然価値が

上がりやすくなる可能性があります。

 

つまり、普通に買っていれば儲かる場合でも

空売りの手法をしてしますことで、

大損をしてしまう可能性があります。

 

20万円分のビットコインを売って、

その価値が25万円にまで上昇してしまったら?

結果買い戻しをしないといけないので

大損をかましてしまうことになるんです。

 

またもちろん10倍以上のレバレッジ取り引きを行うことも可能なので、

もしも暴騰してしまったら・・・・・

 

損の天井が見えないですよね・・・・

 

⇒ビットコインの危険性とは?という記事も

非常に参考になります。

まだまだ不安定な仮想通貨市場では

新規参入の場合にはショートは

しないほうが良いでしょう。

オギタ
新規参入者はやめた方がいいだっぷ。

非常にリスクが高いから

自分の身を滅ぼしてしまうだっぷ。

 

空売りをするのにも信用取引で手数料がかかる

当然信用取引に値するために、

もともとただで仮想通貨を貸してくれるわけではありません。

 

手数料は24時間ごとにかかるということは

考慮にいれておきましょう。

 

つまり、長期になればなるほど、手数料が削り取られていくので、

維持費そのものが高くなるので、長期投資には向かない

ということになります。

 

ちなみに手数料は0.399パーセントということですね。

 

だからビットコインを100万円かりると、

おおよそ400円が手数料として24時間ごとに

かかってくるということになります。

 

どうしてもショートという人はビットフライヤーで!

でもどうしてもショートを

したい人も中にはいるのではないかと思います。

 

そんな人はビットフライヤーライトニングを

利用することになります。

 

ただですね。空売りをスタートしてしまえば、

絶対に同じ量だけの仮想通貨を買い戻さないと

取り引きは成立がしません。

 

たとえば1BTC売ったのならばきっちり1BTC買って返しなさいよ

という話になりますね。

 

すると従来の安く買って高く売るという方法を

とっていた人は、

「うんなんか感覚がおかしいぞ」とパニックになってしまうことも

あります。

 

すると冷静な判断そのものができなくなってしまう可能性もあります。

 

もしも空売りをしてみたいという人は

レバレッジをかけないで小額からまずは試してみる

ということが大事になりますね。

 

つまりなれないことを大金をはたいてやらないということが大事です。

 

いやそもそも小額投資で冷静にやるのが

投資の勝つための秘訣でもありますからね。

 

 

ただ今期間限定で

■ビットコインが無料でもらえる方法

■仮想通貨初心者のための教科書

期間限定でプレゼントをしています。

以下の画像をクリックすると

ダウンロード画面に移行します。

↓      ↓      ↓

 

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です