NEO通貨とは何?その特徴と将来性は?

この記事では中国初の仮想通貨NEOの特徴や

将来性について

紹介をしていきます。

 

実際中国はビットコイン

規制が強いと言われています。

 

そんな中で登場した仮想通貨NEOは中国初の

パブリックチェーンを有していると言われています。

 

NEOの特徴や今後将来性はどうなっているのでしょうか?

ねえ。NEOの特徴は何?

さおりん
NEOの特徴は

スマートコントラクトシステムに

あって、イーサリアム殺しと

いわれているぐらいなんだ!

⇒イーサリアム通貨に関しては

コチラを参考にしてみてください。

NEOの特徴

中国発のパブリックチェーンを持つ通貨

NEOは中国発のパブリックチェーンを持つ

仮想通貨です。

実際には

もともとはアントシェアーズという名前でしたが

カンファレンスにてNEOという名前に変更を

されました。

 

ブロックチェーン技術のほかに

スマートな経済を実現するために

資産をデジタル化し、

保存するという役割も持ち合わせています。

 

スマートコントラクトシステムを持っている

次にイーサリアム通貨でおなじみの

スマートコントラクトシステムを有しています。

これは、契約内容をブロックチェーンの上に

記録する技術で

保険会社の契約などで

活用されることが望まれています。

イーサリアムと同じ技術の

スマートコントラクトを有しているために

周りからは

イーサリアムにとって代わる存在

イーサリアムキラーとしても言われることがあり、

それだけ注目を集めているということになります。

 

Augurコインの予測機能を持っている

スマートコントラクトの他にも

Augurコインに代表される予測機能を

有していると言われています。

augur通貨とは?という記事を参考に

してみてください。

これは保険会社などにも

応用することができると言われています。

 

病気になる

病気にならないという予測を

立てることで契約上の

支払いがされるのか?

されないのかということを

決めるのが予測であるとされています。

NEOがプラットフォームになっている

NEO通貨がプラットフォームとして機能するのも

特徴的です。

例えば検索エンジンはGOOGLE様が

間違いなくプラットフォームに

なっていますね。

 

そのような全体的なシステムを

担うのがプラットフォームですね。

 

今後NEOを基盤にした

アプリやゲームなどが

開発されていくかもしれません。

そこにコミュニティが作られれば

その中でNEOがつかわれることに

なります。

結果として流通性は高まり、

価値は上昇するのではないでしょうか。

NEOの今後と将来性とは?

NEOですが、なんと1年で

おおよそ5000倍の高騰を見せています笑

 

100円後半代から

爆あげをて今は10000円です。(平成30年1月の時点)

 

この1年で億り人が

多数登場したのではないか

と考えます。

いや。私も正直買っておけば

よかったです笑

ただ懸念されているのが

この成長率の速さです。

 

成長があまりにも速いために

今後もとに戻るかもしれないという

ことも言われています。

 

事実時価総額は

ビットコインにも迫る勢いで

6位付近にランクインをしています。

一度価格が低迷する時期が続きそうですが

同属性のイーサリアムに取って代われば

今後間違いなく価値は上がるのではないか

と言われています。

実際にイーサリアム通貨は

時価2位ですからね。

今後のNEOにも目が離せません。

ただ今期間限定で

■ビットコインが無料でもらえる方法

■仮想通貨初心者のための教科書

期間限定でプレゼントをしています。

以下の画像をクリックすると

ダウンロード画面に移行します。

↓      ↓      ↓

 

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です