現在、時価総額1位を突っ走るビットコインですが、

それを追いかけるのが、現在時価総額の3位の

イーサリアムコインと言われています。

 

(2018年1月現在)

ところでどちらもコインの価値は上がっていますが、

「具体的にどの部分で違いがあるのかな?」

と思いませんでしたか?

名前が違うだけだとか、

ブランドの違いなどは分かるかもしれません。

最初は私も「ビットコインという名前しか知らなくて

他はよくわからないものであると決めていました笑」

 

しかし、機能の違いを見ることが

仮想通貨を見分けるうえで一番大事です。

 

今回は仮想通貨ビットコインとイーサリアムの違いについて

共通点と相違点を踏まえて説明をしていきます。

 

 

さおりん
ねえ。ビットコインとイーサリアムって

ようはブランド違いなんでしょ?

オギタ
違うだっぷ。仮想通貨は機能と理念を

しっかりと見分けないといけないだっぷ。

 

ビットコインとイーサリアムで共通する点

仮想通貨仲間なので当然ビットコインとイーサリアムでは

共通する点もあります。

それはビットコインもイーサリアムも

ブロックチェーン上に記載できるという点です。

 

つまり、コンピューター上でに台帳を記載することができるので、

銀行に間に入ってもらって、台帳をつけてもらう必要はないということ。

 

またパソコン同士を立ち上げれば、

P2Pシステムという端末同士でやりとりできるという

システムも同様です。

 

基本はブロックチェーンテクノロジーは同じです。

その技術を利用して記録の内容が変わったり対象が変わったり

そこに仮想通貨の大きな相違点が生まれてくるものです。

 

イーサリアムとビットコインの決定的な違い

イーサリアム通貨とビットコインの徹底的な

違いはいったいなんでしょうか?

それは超簡単に言うと、

ビットコイン⇒支払いの機能

イーサリアム⇒プラットフォームということに

なります。

これを図にしてみるとわかりやすいです。

ということになりますが、

イーサリアムの場合は、

という風に一種のコミュニティのような

役割をしていることになります。

 

例えば、ラインのスタンプを勝手に

開発することはできません。

作成したものをLINEというプラット

フォームに申請して始めて開発する

権利を得られることになります。

しかし、イーサリアムではブロックチェーン上の

開発を行うことが許されています。

ようは、

勝手にうちの中だったらアプリとかいろいろ

開発をしてもいいよ!ということです。

 

イーサリアム上のブロックチェーンを使うことで

トークンで投票を行うなどのアプリの作成が

より簡単になると言われています。

 

ビットコインは通貨としての支払いの手段

イーサリアムはブロックチェーンを利用して、

何かを生み出すための手段

という風に使われ方に徹底的な違いがあるということに

注意をしておきましょう。

 

ブロック生成時間が圧倒的に早い

イーサリアムの場合は、

圧倒的にブロック生成速度が速いと

されています。

実際にブロック承認取引を

イーサリアムは12秒で行うことができます。

 

ビットコインに関しては

おおよそ、10分かかるという点があります。

つまり、イーサリアムの方が

より素早く送金をすることが可能になっています。

 

スマートコントラクトシステムで契約を保存することができる

次に大事な機能として

イーサリアムはスマートコントラクト

システムが開発されています。

スマートコントラクト=契約をスマートに。

という風にですね。

実際にはブロックチェーン上に

契約内容が全て搭載されることになります。

 

「なんだこんなことかよ・・・」

とそんな風に思わないでください。

何をするにも実際に

契約が必要になります。

 

例えば自動販売機でも

Aさんが飲料水を飲みたい。

 

自動販売機は130円で飲料水を販売している

Aさんは提示された値段に納得しお金を払う

自動販売機はお金を受け取りジュースを差し出す

このように、何をするにも契約が日常茶飯事に

行われています。

 

また大きな契約になってくると

契約書という証明書が必要に

なってきます。

 

そうなると保険会社や、不動産など、

間に入って契約書を作ってもらわないと

いけません。

 

そこでスマートコントラクトシステムを利用することで

契約書そのものを作成する必要はないので

手数料そのものがかからないと言えます。

それと対象にビットコインの場合は、支払いの手段としての

上昇しか残すことができません。

 

たとえばAさんにビットコインを100万円分送る

Bさんにビットコイン100万円分を受け取る

 

という風なシンプルなものです。

このような取り引きが簡単に記録することができます。

 

現在はコンセンサスアルゴリズムにプルーフオブワークというシステムをとっているがアップデートで

イーサリアムはプルーフオブステークに変更予定

少しむずかしいお話をしておきますが、

ブロックチェーンという活機的なシステムを

利用していたとしても、それを承認する人がいないと取り引きは

成立をしません。

 

現在はビットコインもイーサリアムもプルーフオブワークという

コンセンサスアルゴリズムを採用しています。

 

ようは特殊なパソコンを用いて複雑な演算処理を行い、

取り引きを承認していくというやり方です。

取り引き承認をする代わりに、報酬を支払うというものです。

 

そこでイーサリアムは今後プルーフオブステークに変更予定で

あるということ。

プルーフオブステークはイーサリアムを保持している人の割合において

承認をする権利が与えられるというシステムです。

 

イーサリアムをたくさん保有している人が承認することができるという

一種一人勝ちできるような印象がありますが、

プルーフオブワークのように強大な電気代を使用する

必要は無いので、手数料や承認スピードは速くなるといわれています。

 

 

今後イーサリアムはどうなるのか?

今後イーサリアムはどうなるのでしょうか?

今後プラットフォーム内で

開発がすすみ、イーサーの流通が増えてくると

間違いなく価値は上がるでしょう。

実際にトヨタ、マイクロソフト、JPモルガン

などもこぞって開発に参加しています。

今後スマートコントラクトシステムが

さまざまな場面で使われていくことで

大幅の手数料をカットできる環境が

整い、これまでの制度そのものが崩れてしまう

かもしれません。

現在ビットコインが独走をしていますが。

機能的にも優れているイーサリアムが

今後ビットコインを追い抜いてしまうかもしれません。

 

米国の評価ではイーサリアムのほうが将来性が高いか?

まずビットコインは世界共通の決済として使われていくという

可能性を示しました。

国内での、HISやマルイ、ビッグカメラなど、

ビットコイン決済を取り入れている店舗も拡大してきています。

 

イーサリアムにおいてはブロックチェーンの上でアプリやゲームなどを

開発できるという特性があります

 

契約そのものを

保管できるスマートコントラクトシステムを持ち、

 

保険や自動車業界でも今後活用が広がるとも

言われています。

 

このように用途はあるのですが、

ビットコインのほうが評価が低い傾向があります。

米大手格付け機関Weiss Ratingsは2018年1月24日、世界で初めて投資家の意志決定を支援する目的で、時価総額10億ドル市場となった仮想通貨の格付けを発表した。ビットコイン(BTC)はC+、イーサリアム(ETH)はBで、今回は仮想通貨全体でAランクがなかった。

https://coinnews.jp/articles/より引用

これを見ているとイーサリアムのほうが

BでビットコインのほうがCと評価が低いのがわかりますね。

 

まずビットコインもイーサリアムもトランザクション問題という

ボトルネックの問題があります

 

つまり送金ずまりなどにより、手数料の増大と、

送金の遅れなどが指摘されています。

 

その点を解決できるのはアップデートを控えているイーサリアム

通貨のほうが優れているといわれています。

 

また契約そのものを保管できるスマートコントラクトを

用いた大きなプラットフォーム形成にも期待がされているんです。

 

つまり現時点ではイーサリアムのほうが上という感じですね。

 

ちなみに私はどちらに投資をするべきかといわれれば

イーサリアムに投資をするべきだと思います。

 

ただ今期間限定で

■ビットコインが無料でもらえる方法

■仮想通貨初心者のための教科書

期間限定でプレゼントをしています。

以下の画像をクリックすると

ダウンロード画面に移行します。

↓      ↓      ↓

 

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です