実際に最近私も仮想通貨を

買い始めましたが

「いったい税金はどうなっているのか?」

と気になる面はありました。

そりゃそうです。

儲けた気になっても

税金がかかって

確定申告をしばければ

脱税決定に他なりません

そんな中で実質仮想通貨にかかる税金について

調べてみました!

さおりん
税金の問題はきっちりと

しておかないと・・・

オギタ
そうだっぷ。

気付いたら大変なことになるかも

してないだっぷ。

 

仮想通貨の利益は雑所得に分類される

まず仮想通貨の利益ですが

雑所得となります。

例えばアフリエイトをして

得たお金も雑所得ということになります。

ですから当然得たお金は

税金として

納めないといけないということになります。

「でも実質どういう時が

税金に該当するのか?」ということです。

仮想通貨を買い、それを保持していているだけでは

税金は発生することはありません。

それを使ってこそ税金が発生するということになります。

 

仮想通貨の税金発生を用途別に見てみると・・・

差額で利益を得る場合

これは一番シンプルですね。

例えば、10万円に購入したものが

価値が上がり、30万円になるという事。

その差額分を換金することで

その利益20万円分の税金がかかってくる

ことになります。

 

※ただ価値が上がり続けても

保持をしておくことで

 

通貨は動いていないので税金はかからない

ということになります。

近年では仮想通貨にかかる税金が高いと

嘆きホールドし続けている人も中にはいます。

雑所得に含まれることが決まり、儲かった金額が高くなればなるほど多額の税金を支払わなければいけなくなり、一概に利益を喜べないということがビットコイン(BTC)などの仮想通貨投資家の頭を悩ませました。

 

「いつか国が税制をゆるめるのではないか」

と期待をしながら持ち続けている人も

中にはいます。

さおりん
なるほど!

雑所得だから

税金がすごく高くなってしまうのね!

実質商品と交換することで課税が起きる

例えばあなたがビットコインを持っているとして

10万円の価値が15万円分になったとします。

そんな中で15万円の旅行代をビット

コインでし這うこととします。

そうすることで

実質利益分で購入を

行ったということになるので

15万円-10万円でおおよそ5万円という利益分に

 

税金が発生することになります。

 

ビットという単位だけで考えていると

思わず税金を見逃してしまいそうになりますね!

仮想通貨を乗り換える

お金の動きはあろうとも、利益に絡んでいるわけではないですよね。

実際買い物をしたわけでもない。

そもそも複雑な通貨の流れを国が負うことがでできるのか?

これは非常に議論的な問題になりますが

基本的には通貨を買えるだけでも税金が

かかると考えておいた方が良いです。

一度税理士に確認をしてみても良いでしょう。

 

 

副収入を含めて利益が20万円ある場合は確定申告は必須である

 

実質あなたが会社員で副業合わせて

利益がある場合確定申告は必ずしないといけません。

さもないと

後から国から重大なぺナルティが課せられてしまいます。

譲渡されたものにも税金は課せられる

ちなにもに譲渡された仮想通貨にも

税金はかかります。

ようはもらったものですね。

実際には譲渡場合

50万円から税金がかかってしまいます。

なかなかくれる人いないかもしれませんが笑

貰った時も税金がかかるということを

抑えておいてください。

とりあえず、

さおりん
利益を20万円出した時と

もらった分が50万円を超えたら

税金がかかるということを

抑えておきましょう!

ただ今期間限定で

■ビットコインが無料でもらえる方法

■仮想通貨初心者のための教科書

期間限定でプレゼントをしています。

以下の画像をクリックすると

ダウンロード画面に移行します。

↓      ↓      ↓

 

1 個のコメント

  • コメントを残す

    メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です