今回はまるでドラゴンボールであるかの

ような仮想通貨フュージョンコインについて

紹介をしていきます。

実際にドラゴンボールは儀式を行い、

能力を倍増させるフュージョンという

儀式がありますが、

実際にフュージョンコインもそんな

イメージかもしれません。

さおりん
ねえ。ねえ。フュージョンコインは

詐欺通貨なの?

オギタ
うーん、とりあえずは

特徴をつかんだ方がいいだっぷね。

 

フュージョンコインは誰が作ったのか?

まずですが、

フュージョンコインは誰が作ったのか?

生まれた背景を明らかにしておきます。

そんなフュージョンコインの発案者は、最初にビットコインを日本に持ってきた元ビットコインジャパン代表の方です。リップルとの繋がりもあったその方は、ビットコインとリップルの良いところだけを混ぜ合わせた仮想通貨を作ろうと思い、フュージョンコインを作ったと言います。

http://仮想通貨ニュース.com/fusioncoin/より引用

そう実際にビットコインを開発した人は

サトシナカモトという非常に

謎に包まれた人物なのですが、

↓    ↓      ↓

詳しくはビットコインの開発者は誰?

という記事を参考にしてみてください。

そのサトシナカモトの作ったビットコインの

今バク上げ時価総額2位のリップルコインの

良い所を掛け合わせようとしたということです。

それが日本発のフュージョンこいんですね!

 

ビットコインの良い所

まずですねー。ビットコインの

良い所なんですが、

発行量に限りあるということです。

無限に発行されていく紙幣よりも

埋蔵量に限りがある金の方が

明らかに価値はあがりますね?

その金の埋蔵量のように

発行量を限定したのがビットコインということになります。

つまり、フュージョンコインにも

発行枚数をある程度抑えて決めておこう

ということです。

⇒実際にはフュージョンの発行枚数は3000万枚です。

この限りある通貨量が

価値をあげるのですね。

 

リップルコインの良い所

次にリップルコインの良い所は

なんでしょうか?

1,ブリッジ通貨としての役割

例えば海外に送金をするときには

円をドルに換えたり、

ドルを円に換えたりなど、

さまざまな仲介所を通して

送金をしていたんです。

ようは、いろんなところを通すので非常に

手数料が良くかかるということになります。

リップルが間に入ってショートカットをしてしまうのが

ブリッジ通貨の役割です。

2,IOUの発行

これはリップルネットワークで

電子借用書を発行するというモノです。

例えばAさんがBさんに100円の商品を

買ったとして、

本当であればAさんがBさんに直接代金を

渡さないといけないところですが、

AさんがすでにCさんという人に100円の貸し

があった場合にはCさんがBさんに代金を

払うことで完了することができます。

このようにネットワーク内で電子借用書を

発行できるシステムをIOUといいます。

フュージョンコインは詐欺なのか?

フュージョンコインはどうして怪しい

と言われるのでしょうか?

私の意見としては、

日本発の通貨の割にビットフライヤーなどの

取引場で購入することができないという点と、

セミナーなどの形式もあるからだと考えます。

特にセミナーで紹介料を歌うなどの形式は

非常に詐欺に近いからです。

⇒詳しくはクローバーコインは怪しい?という記事を

参考にしてみてください。

実際にはフュージョンコイン事態1が1000円を超えるなどと

価値は上がっています。

もし今後ビットコインを抜き去るようなことが

あれば、倍率は数十倍~数百倍を

超えるので非常に

明るい未来が想像できました。

とりあえず、1万円ぐらいを投資しようかと思います。

 

 

 

ただ今期間限定で

■ビットコインが無料でもらえる方法

■仮想通貨初心者のための教科書

期間限定でプレゼントをしています。

以下の画像をクリックすると

ダウンロード画面に移行します。

↓      ↓      ↓

 

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です