現在急速に伸びている仮想通貨市場。

ビットコインを筆頭に現在は

200万円近く。

2017年ではアルトコインというビットコインを

ベースにして作られたコインが

大きく活躍した時期でした。

↓     ↓     ↓

アルトコインの種類ってどんなもの?

と疑問を持った人はアルトコインまとめを

参照してください。

では今後の仮想通貨市場はどうなっていくの

でしょうか?検討をしてみました。

 

どんどん伸びていく仮想通貨の市場拡大

そこで、現在仮想通貨市場はどうなっているかというと、

2018年1月8日時点では、世界の仮想通貨市場規模は91兆円を突破。

2017年1月時点では2兆円、2017年12月1日時点では37兆円くらいだったことから考えると、凄まじいスピードで市場が拡大していることが分かります。

https://bitcoiner.link/より引用

そう。現在2018年の1月に

仮想通貨に参入をしようと、

数多くの参入者が、取引場に殺到を

している段階です。

 

Binance取引場はもはやビットコインだけで

なく、イーサリアム通貨も詰まらせている状態です。

そのほかの大手取引場でも口座開設を

見合わせることが増えてきました。

現在仮想通貨をしたい人が毎日のように

押しかけていると考えることができます。

 

市場規模はおおよそ1年で40倍ほど成長している

仮想通貨市場は2017年1月の時点では、

おおおよそ、2兆円という規模でした。

その2兆円が今や、90兆を超えるなど

おおよそ、40倍進化を見せていることになります。

はっきり言ってえぐすきぎますね。

しかも2017年12月の時点で、

49兆円2018年1月に入ると、

なんと、90兆円とおおよそ40兆円もの

資金が流れ込んでいるということがわかります。

 

「うーんこの市場規模がよくわからないよ」という人のために

世界的企業の時価総額を見てみると

Apple・・・8823億ドル(約97兆円)

Alphabet(Googleの親会社)・・・7148億ドル(約80兆円)

Microsoft・・・6493億ドル(約72兆円)

Amazon.com・・・5670億ドル(約63兆円)

Facebook・・・5148億ドル(約57兆円)

となっています。

 

アイフォンで有名なアップル社に近づいているということが

よくわかりますね。

 

ビットコイン市場を考察してみる

そこで、ビットコイン市場を見ていますが、

これはビットコインの時価総額

2018年1月からの、直近1か月分を記載したものですが、

ぶっちゃけ。

ビットコインの時価総額はそんなに変わっていない

んです。

いやむしろ、直近で見ると、1月が30兆円台を割るなど

どちらかというと下がり傾向であるということです。

すなわち、その40兆円規模のお金はどこに

流れていったのでしょうか?

正解はアルトコインです。

主要アルトコインを見てみると

主要アルトコインの直近の1か月の

時価総額を追ってみましょう。

イーサリアム

1月に入り、時価総額が倍に成長していることがわかります。

リップル

リップルに至ってはおおよそ、3~4倍に成長している

というとんでもない飛躍見せています。

また草コインと呼ばれ、時価総額の

たいしたことなかったコインも

とんでもない高騰を果たしたものもあります。

それがバージ(VERGE)コインです。

⇒詳しくはバージ(VERGE)コインとは?

という記事を参考にしてみてください。

この1年はビットコインも大きく成長をしましたが

アルトコインも非常に大きな成長を見せました。

 

実際1年で見ると数百倍などの価値をあげたものも

あり、億り人が続出したんじゃないかと思います。

 

 

そんな可能性をみんなが考えてアルトコインに

多額の投資を行ったのかもしれません。

 

今後仮想通貨はどれぐらいの市場規模に成長をしていくのだろうか

現在、100兆円に届こうとしている仮想通貨ですが、

将来的にどれぐらいの市場規模まで

成長をしていくのでしょうか。

ソフトバンクが買収合意した米フォートレス・インベストメント・グループで、かつてファンドの運用を担当したマイケル・ノボグラーツ氏は、仮想通貨の時価総額について、今後5年で5兆ドル(約560兆円)を上回る可能性があると指摘した

https://www.bloomberg.co.jp/news/articles/2017-06-28/OS8DZT6K50XW01より引用

そう見渡す限りではまだまだこれからであると

いえそうです。

2017年はバク上げを行い、「もう仮想通貨は

のびないんじゃないか」と思いますが、

認知される人が増え、今後もより

市場が拡大していくと考えられます。

ただし、順調に市場が出来上がるのか?

と考えるとそれは言い切りません。

まず、市場の拡大やハードフォーク、

アップデートなどが行われると、必ず不具合が生じます。

 

いや、すでに現時点でも不具合が生じています。

 

 

ビットコインやイーサリアムのトランザクションの

つまりが起こっているのです。

 

 

ようはいっぱいいっぱいで、

重たくて動かないパソコンのように

なっているということですね。

それらの処理を行い、克服を行っていくことが

2018年中になるのではないでしょうか。

より、性能の高いコインが今後はビットコインに

とってかわるかもしれません。

 

 

⇒実際にビットコインキャッシュはゆうに

8倍のブロック生成が可能になります。

⇒詳しくはビットコインキャッシュの記事を

参考にしてみてください。

このようにコインが時価総額をとってかわるかも

しれないということです。

 

また今は投機マネーの影響で

何でも買えるような状況ですが、

今後資金が落ち着きストップすれば

必ず、意味のないコインは淘汰される時代が

きます。

 

 

意味のない資金集めのような通貨は必ず、

淘汰される可能性があるということです。

 

今後市場は拡大していくがコインの比率は大きく変わる

今後は市場拡大は行っていくでしょうが、

より性能が高く、目的に沿ったコイン、

コミュニティに支えられているコインが

生き残る時代になるのではないのでしょうか。

 

 

そのために、今の私達にできることは

コインをしっかりと調べ、その可能性を信じて

自己責任で投資を行うことがもとめられるのです。

おぎたでした。

 

仮想通貨はバブルがはじけたのか?

よく聞くのが「2017年は仮想通貨バブルで、

今はもうはじけたんじゃないか?」という考えです。

 

これでまでの仮想通貨市場規模を見てみると

 

 

2017年⇒約2兆円

 

2018年1月⇒おおよそ90兆円

 

とまるで激しくバブルをのように膨らんでいることがよくわかりますね。

そして現在は規制問題や、ハッキング騒動で、

時価総額も30兆円台と大分落ち着いては着ています。

 

この変化を見て

「もう仮想通貨のバブルははじけたんじゃないか?」

と考える人がいます。

 

私なりの意見を言わせてもらうと、

仮想通貨はバブルではないと考えています。

 

バブルとは漠然としたものに急激にお金が流れ込んでいく

ということ。

意味も無く流れるのでいずれははじけると考えられています。

 

しかし、仮想通貨は投機マネーとしての意味合いはありますが、

今後のブロt区チェーン技術の可能性を

みんなが見ていることで投資の対象となっているということです。

 

そう考えると意味あることにお金が流れているので、

仮想通貨バブというのは考えにくいのかなと思いました。

 

ただ、今後ICOは規制されていくでしょうね。

今はICOブームというぐらいに、数々の案件もあります。

 

簡単に資金調達を行うことができると

悪徳業者も参入しているのも現状です。

 

つまり、ブームに乗り数多くの参入があり、

それを買う人がたくさんいるということ。

 

このICO面で見るとまさにばぶるではないか?

と個人的に考えさせられますね。

 

つまり今後は意味のないICOは間違いなく規制されていくということ。

 

本当に世の中に役に立つコインが生き残るという

実用化の時代が生まれるのではないかと考えています。


つまり、現在停滞しているのは

法規制や、膿みだしのようなもので、

いよいよ国も仮想通貨を無視できなくなっているということ。

 

取引場の運営や、管理体制なども金融庁の立ち入り調査も

出てきましたね。

 

また今後ビットコインのスケーラビリティの問題を

どのように解決して行くのかもひとつの課題になります。

 

それらを修正乗り越えていく、

2018年、2019年は間違いなく実用化にむけて

市場規模が拡大していくのではないかと考えています。

ただ今期間限定で

■ビットコインが無料でもらえる方法

■仮想通貨初心者のための教科書

期間限定でプレゼントをしています。

以下の画像をクリックすると

ダウンロード画面に移行します。

↓      ↓      ↓

 

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です