仮想通貨リップル(XRP)は、2018年、2020年といくらまで上がる?

さおりん
ぐすんリップルコインが

200円ぐらいまで高騰してしまったよ。

もう買わないほうがいいのかな?

これ以上上がらないよね?

オギタ
そんなことないだっぷ。

専門家の中には将来

リップルが100万円近くまで

上昇するとも言っているなりよ

2017年の末に一気に高騰し、

時価総額2位から3位に躍り出た通貨

リップル(XRP)

⇒リップルについて特徴を知りたいという人は

リップル(XRP)の特徴とは?という記事を

参考にしてください。

現在は200円ぐらいをうろうろしている

通貨ですが、今後どのように値上げをしていくのでしょうか。

今回は、材料をもとにリップルの2018年、

2020念を買ってに予測してみました。

※あくまでも個人的な予測になりますので

将来必ずあがるという確信的な

未来はありません笑

 

リップルが暴騰した2017年

2017年のリップル(XRP)について

詳しく見ていきましょう。

グラフを見ると一目瞭然です。

かつてリップルは、20円台で

うろうろと平静を図ってきましたが、

2017年末に入り、一気に急上昇してしまいます。

⇒2017年12月13日リップル(XRP)が高騰した

原因とは?という記事も参考にしてみてください。

この1か月ほどで、最高400円にも達し、

おおよそ、15倍の高騰を見せてしまいました!

ぶっちゃけ、10万円投資した時点で、

価格は、150万円に達する計算です。

リップルによって億り人も

たくさん出たことでしょう。

そんなバク上げの状況を見ていると、

「もう仮想通貨バブルははじけてしまうんじゃ。」

「リップルコインは天井に達してしまったんじゃ」

と不安に感じてしまう人もいるかもしれません。

しかし、まだまだ私はこれから価格が上昇すると

考えています。

※あくまでも個人的な見解です。

 

世界中の銀行がリップルを実用化させてしまえば

リップルはドルや円などの間に立ち、

通貨を送金するための媒体になるようなものです。

このように間に立ち、直接送金できるように

していくと、余計な仲介を通さないで

手数料が一切かからないということですね。

リップル社は地道に金融機関と提携交渉を続けてきた結果、今では各国の中央銀行やメガバング、大手金融機関、あわせてなんと100社以上と提携しているんです。

https://incomemo.com/より引用

そう。すでに100社以上の銀行と提携をしている

段階です。実際に世界中の銀行でリップルが使われていくと

今までには比較にならないほどに、

XRPが使われることになります。

すると、現在200円台のリップルが考えられないくらいに上昇を

してしまう可能性もあります。

 

ちなみに2018年ですが、個人的には1000円近くまでに

上昇をするのではないかと考えています。

実際に、アメリカドルに関して、1日100兆円のお金が動くと

されています。

リップルの発行枚数は1000億枚と決まっていますから、

1XRP=100円であると、

1000億枚×100円で10兆円しか送金ができない

ということになります。

アメリカドルの市場   100兆円

リップルが1枚100円だと 10兆円

明らかにトレードができないということは

はっきりわかりますね。

つまり、2018年本格的に使われる段階として

リップルは1枚1000円近くに上昇する可能性も

あります。

またリップルは550億XPのロックアップをしているので

そのリップルが一気に市場に出ることはまずありません。

そのために、枚数が限られているために、

2018年は1000円以上の価格上昇も

見込めると考えています。

⇒ロックアップを知りたい人はリップル(XRP)と

ロックアップの関係の記事を参考にしてください。

AIさんの予測

次に人口知能(AI)が、リップルの価格上昇について

2018年5月にリップルは本格的な高騰をする

と予測をしているのです。

「なんだただの機械かよ」

と侮ることはできないんです。

なぜならば、有名銀行にゴールドマンサックス社があるのですが、

かつて600人いた、トレーダー(人間)

が、2人になっているんです。

その2人以外はAIが全てトレードを行っている

ということになります。

「まじかよ」と人間からしたら仕事をとられるので

たまったもんじゃないですが、

それぐらい、残酷的にAIが優れていると

考えることができます。

仮想通貨を予測しているAIウエブボットという

システムがありますが、

そのWEBボットが

2018年から本格的に上昇をする

正確には2018年5月から

と予測をしているのです。

ちなみにAIはリップルのほかにも

ビットコインキャッシュが、2017年11月から

注目されるようになる

と予測をしていましたが、

それは間違いなく11月から値上がりをしているので

的中したと言えますね。

その時点でビットコインキャッシュの価値は

おおよそ、2倍になっていましたから・・・・・・

いかにすごいものかがわかると思います。

 

2020年にはどのような価格高騰が予測できるか?

では将来的に価格高騰は

どのように起きてくるのでしょうか?

詳し見ていきましょう。

ちなみに、こんなツイートがあります。

このツイートを見ると、

2020年が来ないうちに、1XRP=10万円にまで上昇する

ことが言われています。

もしこの時点で500XRP(12万円ぐらい)購入をしておけば、

おおよそ、5000万円になってしまう可能性があります笑

 

?これは本当でしょうか?

なんとリップルは将来的なスパンで見ると

1XRP=100万円近くにまで上昇をするということ。

しかも、2025年というのはそうそう遠い未来では

ありませんね笑

それを考えると、

将来的に、今の価格と比較するとざっと見て、

500倍ぐらい上昇をする計算になります。

ちなみに、10万円分今リップルを持っているとして、

将来的には5000万円になってしまいますね笑

おそらく老後の資金には一切困ることは

ないかと思います笑

 

リップルコインを取引するのならビットバンクで

リップルを購入するにはどうすればよいか?

初心者の私は非常に操作が簡単な

コインチェックを使用して

仮想通貨を購入していました。

⇒詳しくはコインチェックの評判とは?

という記事を参考にしてみてください。

実際、コインチェックでも購入することができますし、

海外の取引場でも購入をすることはできます。

しかし問題点が手数料や確定申告がややこしくなる

ということです。

コインチェックだとなんとスプレッド(手数料)が数%

(3~5%)ほども変わってしまうんです。

1000万円分のリップルを売却しようと考えると

おおよそ。十数万円から数十万円が手数料

消えてしまう可能性があります。

また、海外の取引場でリップルを購入するという方法も

ありますが、ビットコインやイーサリアムから、

別のコインに変換するという方法がいるので、

非常に手間がかかりますし、確定申告が非常に

複雑になっています。

確定申告や、手数料を削減する方法として

実際に板がある取引場に登録するのが

非常にお得となっています。

国内でXRPを取引しているのは、

ビットバンクということになります。

 

では、1000リップルをコインチェックで

買う時と、ビットバンクで買う時で

比べてみましょう

 

コインチェックで1000XRP購入する場合

まずは、コインチェックで1000XRP購入するとして

少し見にくいかもしれませんが、

1000XRPを購入するのに、

204120円かかるということになります。

次にビットバンクで購入した時を

見てみましょう。

少し画面が見にくいかもしれませんが、

おおよそ1000XRPを

193158円で購入することができるんです。

つまり、

204120円-193158円=10962円と

おおよそ10000円近くも安く

購入することができます

※これはあくまでも目安です。

相場は、変わるので差額も変わります。

手数料はほぼかからないので、

安心してXRP売買に使っています♪

手数料で損をしないためにも

ビットバンクに無料登録して今すぐリップルを

買いましょう!

↓      ↓       ↓

ビットバンクに無料登録する

 

 

 

ただ今期間限定で

■ビットコインが無料でもらえる方法

■仮想通貨初心者のための教科書

期間限定でプレゼントをしています。

以下の画像をクリックすると

ダウンロード画面に移行します。

↓      ↓      ↓

 

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です