今回はテレビCMでおなじみのビットフライヤー

の特徴と、口座開設について詳しく説明を

していきます。

「実際にビットフライヤーってCMで見たことがある」

と記憶に残っている人は非常に多いのではないかと思います。

はいまさにこれですね笑

ではビットフライヤーの特徴や、

登録の仕方はどうなっているのでしょうか?

 

ビットフライヤーとはそもそも何?

仮想通貨って非常に怪しい。

ビットフライヤーも非常に怪しい・・・

まさに怪しい症候群に陥っていないでしょうか笑

そこでまずビットフライヤーとは何かと説明すると

仮想通貨販売所になります。

会社概要】
・取引所名称:bitFlyer
・取引所URL:https://bitflyer.jp
・取引開始日:2014年4月
・運営会社:株式会社bitFlyer
・代表者:加納裕三
・運営会社所在地:〒107-0052 東京都港区赤坂3-5-5 ストロング赤坂ビル8階
・取扱仮想通貨:ビットコイン、イーサリアム、イーサリアムクラシック、ビットコインキャッシュ・ライトコイン
・取扱通貨:日本円
・手数料:最新の手数料をチェック
・資本金:8億3979万円

あらかじめ仮想通貨をビットフライヤーが保有をしていて

そこから私達が仮想通貨を購入するという

形になりますね。

ビットコイン

イーサリアム

イーサリアムクラシック

ビットコインキャッシュ

ライトコイン

と数種類のコインを取り扱うことができます。

これらは、クレプトカレンシーマーケットにも

上位にランクインしている通貨になるので

詐欺の可能性はこの上なく低いと言えます。

また、取引高、ユーザー数など資本金などにおいて

日本最大級と言われているのも非常に安心ですね。

 

仮想通貨取引以外にも様々な事業を展開している

ビットフライヤーは仮想通貨取引以外にも

さまざまな事業展開をしています。

実際にビットコインを用いて決済をするための

サービス(ビットワイヤーなど)

独自のブロックチェーンを用いてのサービス「miyabi」

を利用した開発も行っているんです!

 

株主もそうそうたる顔ぶれ

ビットフライヤーが怪しいのかどうかは

株主を実際に確認してみると、よくわかるのでは

ないかと思います。

・三井住友グループ
・みずほ
・三菱UFJ
・第一生命
・三井住友海上
・リクルート
・SBI
・GMO

⇒はいどれも間違いなく見たことや

聞いたことがあるような超1流企業であることが

よくわかりますね笑

そもそもこんな1流企業が出資しているところが

怪しいのは非常に確率が低いと

言えるのではないでしょうか?

創業者の加納祐三氏は東京大学出身

ビットフライヤーを創業した加納祐三氏は

東京大学出身であるとされています。

大学卒業後、外資系銀行にエンジニアとして

務めたあとにビットフライヤーを創業したと言われています。

代表役の身分もしっかりと明かされているので

非常に安心度が高いと言えますね。

 

私がビットフライヤーをお勧めする理由

ここまでで

「うーん。なんとなくビットフライヤーって

安全な場所なんじゃないの?」

ということがわかってもらえたんじゃないかと

思います。

でも、安全なことはわかったけど、

どうしてビットフライヤーがいいのか?という

選ぶためのメリットについて紹介します。

 

最大のメリットは補償金制度が整っているということ

ビットフライヤーを選ぶメリットはいったいなんでしょうか?

ということですが、

最大のメリットは

不正出金被害を受けたときに、

保障制度が国内初で導入をされたということです!

ようは盗まれても補償をビットフライヤーが

しますよということですね。


このように公式ツイッターでも

ばっちりツイートしています!

そして、

公式サイトでも実際に公開をしています。

ビットフライヤー公式サイトより引用

少し字が見にくいですが、

・ようは、100万円を超える保有の場合は

最大500万円まで

・100万円を超えない場合は、おおよそ、10万円まで

保証をしますということですね。

この保障制度はビットフライヤーの最大の武器です。

安心して仮想通貨投資をすることができますね。

ビットフライヤーのデメリット

仮想通貨取引種類が少ない

ちなみに、ビットフライヤーで扱っている

コインはビットコインのほかに、

イーサリアム

イーサリアムクラシック

ビットコインキャッシュ

ライトコイン

とアルトコインの数が限られているということです。

「最初だからそれでいいんだよ」という人は

もちろん中にはいるでしょう。

しかし、仮想通貨取引を始めていくと

必ずと言ってよいぐらいに、他のコインも買ってみよう

と気になって頭から離れなくなってしまいます笑

実際に私もそうでしたから。

そこで、ビットフライヤーに登録をして初めてみて、

他のコインも気になったら、コインチェックに

登録することをお勧めします。

実に、12種類と

倍の種類のアルトコインを取り扱っています。

Lisk(リスク),Factom(ファクトム),Monero(モネロ),Augur(オーガー),Zcash(ゼットキャッシュ),Dash(ダッシュ),XRP(リップル)

とビットフライヤーにはないコインを購入することができます。

しかも、あの、今バク上げ中と話題の

リップル(XRP)コインを購入することもできます。

↓      ↓        ↓

詳しくはコインチェックの評判とは?

という記事を参考にしてみてください。

 

ビットフライヤーの登録方法を解説

では実際にビットフライヤーの登録を

行っていきましょう。

用意するものは

メールアドレス

身分証明書

と2点だけですので、非常に簡単に

登録することができます。

では実際に登録をしていきましょう。

ではまずは公式サイトにアクセスをしましょう。

手順Ⅰメールアドレスを入力する

まずは赤枠の部分にメールアドレスを記入しましょう。

そうすることで、実際にメールアドレスの部分に

メールが届きます。

 

手順Ⅱ届いたメールをチェックしてクリック

次に届いたメールボックスを開きます

青いリンクをクリックしましょう。

また、キーワードや初回パスワードが必要になりますので

必ず保存をしておいて下さい。

手順Ⅲ画面を開けてキーワードを入力する

チェック項目がありますので

すべてチェックを行い、はじめるをクリックしましょう。

基本情報入力画面に入るので基本情報を

登録しましょう。

手順Ⅳ本人資料提出をクリック

情報確認を行うとそのまま、

本人書類確認を行いますか?という画面に入るので

そのままクリックを押しましょう。

携帯電話で、免許書画像を写メしておき、

パソコンのメールアドレスに送信をしましょう。

そして保存した画像をアップロードします。

手順Ⅴ取引目的をチェックする

次に取引確認画面に映るので

当てはまる項目にチェックをいれましょう。

手順Ⅵ携帯電話番号認証

次に携帯電話番号認証に入ります。

携帯番号を入れると、そのまま、自身の形態に

番号が送られてきます。

携帯に送られた番号を入力すれば

電話番号認証が可能です。

手順Ⅶ講座情報を入力する

実際に持っている口座番号を入力しておきましょう。

そうすることで、日本円で入金することができます。

以上の手順を行うことで、

数日後にはがきが送られてきますので

それを受け取って本人確認が終了になります。

まずはビットフライヤーに投資を少額でも

仮想通貨を買ってみることがトレードの入り口に

なります。

国内1安全なビットフライヤーで

早速無料登録をしてみましょう。

↓     ↓        ↓

ビットフライヤーに登録をしてみる

ただ今期間限定で

■ビットコインが無料でもらえる方法

■仮想通貨初心者のための教科書

期間限定でプレゼントをしています。

以下の画像をクリックすると

ダウンロード画面に移行します。

↓      ↓      ↓

 

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です