オギタです。

いやー、仮想通貨がまさかの暴落を起こしてしまいましたね。

2017年はありえばいぐらい、価値が上昇を

していましたから、そこからの暴落は

まさに天と地ではないでしょうか。

実際に私もリップルとネムを保持していましたので、

2017年12月分と比べると、

資産がおおよそ半分になってしまいました笑

仮想通貨著名人も打撃を受けており、

「まだ仮想通貨持っていないの?」

のイケハヤさんは。4000万円の

マイナスになったということ。

まさにこれが仮想通貨の怖い所です。

そう。市場規模がまだ発生途中のために

容易に値下がりを起こしやすいのです。

「もうだめだ。仮想通貨はリタイアするしかない・・」

果たしてそうでしょうか?

私は暴落した今がチャンスではないかと

考えています。

なぜならば長期的な視点で見ると

絶対に上がると信じているからです。

今回は仮想通貨の暴落と今後のチャンスについて

詳しく見ていくようしましょう。

ちなみに、仮想通貨は2018年1月16日~

1月17日の間にどれぐらい暴落を起こして

しまったのでしょうか?

ビットコイン

この2日間で、

おおよそ、160万円台⇒110万円

約50万円ほどの暴落を

1日で起こしてしまいました!

イーサリアム通貨

次にイーサリアム通貨のチャートを見てみましょう。

 

なんと、激下がりをしていますね。

15万円台から10万円台と一気に

下がってしまっています。

ほぼすべての時価総額を連ねる仮想通貨たちは

暴落の嵐に巻き込まれてしまっているんです。

なんでこんなことが起こるのか?

実際に考えられる原因を振り返りましょう。

 

2018年1月16日に仮想通貨が暴落した原因

中国政府はさらに仮想通貨の規制を強化し、集中型の取引を可能にする国内外のプラットフォームへの(国内からの)アクセスを禁止する予定です。

http://coinpost.jp/?p=11892&from=in_articleより引用

そう。中国で仮想通貨に対する規制を

政府が行いますよということを勧告したんです。

※現在中国では、国内の取引場とICOを

禁止しています。

中国はビットコインをもっとも持っていると

されていましたが、手中取引をできるp2pシステムを

規制することで、制限してしまうということです。

また、中国はマイニングを行うことで報酬を得るという

マイニング産業が有名なのですが、

先週あたり、中国内のマイナーを

追い出そうと働いていると動いているみたいです。

もし、これが計画に移されれば、中国の仮想通貨

業界は間違いなく終わってしまうでしょう。

このような中国政府の方針で

仮想通貨業界が揺れてしまっているんです。

また、インドネシアなどの国も仮想通貨を

規制していくというけん制が発表されています。

つまり、「もしかしたらどんどん仮想通貨は

規制をされていくのではないか?」という状況になり、

売りに出してしまう人が増えたのではないでしょうか?

また、今後2月には確定申告が待っています。

儲けて暴落をしてしまえば、

税金の支払いは致命的なものになってしまいます。

「そうなる前にも売り抜けしてしまわないと・・・」

といっせいに売りに出す人が

増えたのかもしれません。

株式に逃げる人も

また一気に暴落してそのお金はどこに流れたのでしょうか?

正解は株式です。

売り抜けした人たちが株式に流れ込んでいると言われています。

そのために株の相場は過去最高値に達しているとも

言われています。

 

この暴落で仮想通貨業界は終わりか?

この暴落を受けて仮想通貨業界は

終りを迎えてしまうのでしょうか?

いああきらめるにはまだはやいかもしれません。

なぜならば、仮想通貨業界は、これまでにおおよそ

7回の暴落を経験しているからです。

そこで共通する点としては、

ここ、数年1月ごとに下落を繰り返している

ということです。


そう。ここ数年の傾向を見ると

必ず1月に下がっているんです。

12月には徐々に上がり続け、

その反動で値段が下がってしまったと考えることができます。

見た感じでは大きな暴落ですが、

見方を変えると、今の時点はまさに

底値の段階なのではないかと思います。

これまで必ず仮想通貨業界は

値段をあげてきています。

もちろん、これからも市場が拡大するための

プラットフォームの整備、上場の予定、

ブロックチェーン技術。

この技術はまさに、未来への発展のため技術と

考えることができます。

今はまさに急速に発展していることへの

抵抗の段階と言えるのではないのでしょうか。

しかし、いくら規制をしたとしても、

人々が求めるものは必ず発展していきます。

長期的な視点を見れば、今後必ず価値は上がると

信じています。

 

今後仮想通貨業界はどうなるか?

もしかしたら、今後は仮想通貨取引を規制する国と

それを容認している国が2つに分かれてしまうかもしれません。

日本では近年法整備がされて、2017年は

仮想通貨元年であると言われています。

また一方では中国のように規制に働く国も

出ています。

そう、今意見が2つに別れており、

どう転ぶかで展開が変わってくるでしょう。

しかし、ブロックチェーンという革新的な技術を

国が規制することはできるでしょうか?

いつの時代も新しいものは拒まれてきました。

しかし、最終的にはそれを乗り越え

私達の生活を変えるための手段となりえます。

つまり、それぐらい仮想通貨の技術はすごいと感じています。

そのため、私は今の値段に一喜一憂せずに、

仮想通貨の可能性に対して、

ガチホで投資を行うことにしています。

 

今が底値かもしれない仮想通貨を買おう

今後の展開を考えると暴落を起こした

今が底値かもしれないということです。

実際私も今が底値で1年後には

見たこともないような高騰起こっているかもしれません。

まさ逆光はチャンスと言えます。

あなたも今迷っているのであれば

仮想通貨を買ってしまいましょう。

とりあえず、今の購入はスピードが命だと思うので

もっとも簡単に豊富な種類の仮想通貨を

購入できる取引場は

コインチェックになります。

もちろん無料で登録することができるので

今すぐ登録し、仮想通貨を購入してください。

長期投資は必ず身を結びます。

↓     ↓      ↓

コインチェックの評判登録方法を見てみる

 

 

ただ今期間限定で

■ビットコインが無料でもらえる方法

■仮想通貨初心者のための教科書

期間限定でプレゼントをしています。

以下の画像をクリックすると

ダウンロード画面に移行します。

↓      ↓      ↓

 

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です