2017年末から、急に爆上げを果たした

仮想通貨リップル(XRP)通貨です。

実際に、2017年のチャートを見てみればわかりますが、

と、20円台から、一気に

400円近くにまで高騰をしています!

実際に私もこのあおりを受けて

かなりの利確を出しました!!

ただ、それは昔の話で、

これからリップルを買おうかな?と考えている人は

「まだまだリップルは価格が高騰をするのか?」

ということではないでしょうか?

そこで今回は2018年リップルの価格はどうなるのか?

判断材料やトピックを集めて具体的価格の

予測を立ててみました!

個人的には2018年10000円ぐらいにまで

上昇するのではないか?と考えています。

↓     ↓      ↓

仮想通貨リップル(XRP)は、2018年、2020年といくらまで上がる?

という記事もぜひ参考にしてみてください。

とはいえ2018年1月にいきなり暴落

今後の予測を立てるとはいえ、

仮想通貨リップル(XRP)は2018年1月中旬に

大暴落を起こしてしまいました。

年末の最高値と比べると、

100円前半と、非常に考えられないぐらいに

価値は下がっていることがよくわかります。

実際この暴落にみんなが失望し、

売りに出してしまった人もいるでしょう。

原因としては各国で仮想通貨の取引そのものを

規制しようと検討していると発表したことです。

例えば、韓国は仮想通貨取引場所、取引を

規制するという、法案を考えているということが、

報道されました。

また中国でも、仮想通貨を取引するための

プラットフォームや、携帯アプリの取り締まりを

検討しているなどと発表しています。

また2国に限ったことではなく、

ブラジルやフィリピンなども規制への動きへ向かっている

とも言われています。

それらの報道を受けて、仮想通貨そのものが

値打ちを下げてしまったんです。

 

私の意見として、仮想通貨は現在投資対象でしかないために規制に働いていると考えている

私の意見なのですが、

このように仮想通貨規制に働きかけている動きの

原因として投資の対象でしか

まだ手段がないからと考えています。

2017年はとてつもない爆上げをして

仮想通貨は「儲かる取引対象だ」と考えていたと

思うんです。

つまり、やたらとボラリティが高い。、

法定整備されていない、投棄マネーという

風に世界は考えていると思うんです。

このような仮想通貨ブームを見ると

そりゃ、金融庁や、政府は警戒するに

決まっています。

そこで規制をかけようと頑張っている、

そのように考えているのではないかと思います。

ですから、今後仮想通貨(特にリップル)が価値を

あげていく可能性は2018年に

いかに実用化されていくかが答えになると考えています。

 

2018年リップル(XRP)通貨に関わるトピックス

以上の説明を踏まえて、2018年

リップル(XRP)にはどのような

トピックスが待っているのでしょうか?

まずですね。リップルが持っている最大の

価値は、世界規模での送金を行うシステムです

これはリップルの最大の特徴で

仲介を通さず、送金を行うことができる

というシステムです。

つまり、いかに世界中の大規模な送金をされるのか?

ということが今後の実用性に関わってくると

考えています。

 

2018年に世界規模の送金会社がリップルで支払われる?

まずリップル社が、

公式ツイッターにて、XRPを決済システムで

送金することを発表しました。

もし、この世界的決済システムで

リップルというプラットフォームができてしまえば

世界中の人がブリッジ通貨としての役割を理解するはずです。

ただのボラリティの高いマネー⇒価値のある世界通貨として

認識が広まり、私達の生活の中になくてはならないような

ものになるかもしれません。

世界中の銀行ともリップル社が提携している

次にリップル社が世界中の銀行と提携を

獲得しているというのも明るいニュースです

実際2018年に本格化すればリップルネットワークが

広がることでしょう。

もし、それが確立してしまえば

「中国だけはやらない」などということは

おそらくなくなると考えています。

どの時代も世界の大きな波には逆らえないからです。

また、数多くの人がリップルという

通貨に期待を寄せていることがわかります。

昨年、リップルはSBI Holdingsと組み、SBI Ripple Asiaを始動しました

http://coinpost.jp/?p=11014&from=new_top#xrp_up2。より引用

これはどういうことかというと、

東南アジア諸国連合(ASEAN)の国境を越えた

市場決済のために銀行ソリューションの販売と

設置をするために作られたチームと考えてよいです。

ようは、この計画が上手くいけばアジアそのものが

リップルの送金が普遍的になってしまうということです。

そんな壮大な計画から、

当然各国にリップルの信じる熱狂的コミュニティ

がいることは間違いがありません。

この人が信じる集団というものが

今後さらにリップルの価値を引き上げていくのでは

ないかと思っています。

 

大手取引場への上場を今後もしていくかどうか

リップルとしての実務性や、

価値を見極めていくことも大事ですが、

実際の投資としての流通にも目を向けて

行くことも大事です。

投資する人がふえれば、当然流通が増えて、

価値が高まっていくと考えるからです。

アップルストアで、youtubeを抜き去り、

10万人の利用者を毎日増やしていると

言われているコインベース上場の噂が流れていました。

※その発表の後にコインベースより、しばらくは

新規通貨を扱うつもりはないという

情報がありましたが、それは今のところです。

今後上場を果たして価値をあげる可能性は十分に

あります。


実際にアラブ市場の規模はよくわかりませんが、

上場を発表されているので、

より今後取引がおこわなわれることは間違い

ありません。

このように2018年は上場の情報も

ちらほら出ているので、いかに上場を

増やしていくのか?ということも値段を上げるための

大きな理由になりますね。

 

リップルは2018年今後も上がっていくと予想

2018年はリップルとしての

実用性、そして流通や投資の拡大により、

2018年は今後間違いなく上昇すると考えています

個人的には1XRP=1万円ぐらいには上昇するのではないか

とも考えています。

※あくまでも私の意見です。

2017年は仮想通貨という存在そのものを

知った人が多かった年ですが、

2018年は、いかに実用的に使われるのか?

ということがカギになると思うので、

今後の値動きに期待をしましょう!

ただ今期間限定で

■ビットコインが無料でもらえる方法

■仮想通貨初心者のための教科書

期間限定でプレゼントをしています。

以下の画像をクリックすると

ダウンロード画面に移行します。

↓      ↓      ↓

 

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です