さおりん
私リップル持ってるんだけど

とりあえず、2020年まで持って

いようと思うの。

オギタ
どうして2020年なの?
さおりん
だって東京オリンピックが

来るじゃん。

オギタ
うーん、もしかしたらそれまでに

ピークが来るかもしれないなり。

2018年初頭の仮想通貨暴落で

一時期値段を大きくさげたものの、

現在も、100円台後半で大きく

推移しているリップル(2018年現代)

まだまだ、仮想通貨そのものが、

導入の段階なので、今後技術化されていくと

価値が上がり、本当に楽しみになります。

⇒今後実用化されていくんんじゃないか?

ということは、2018年リップルを予想してみました

という記事に書いています。

そこで、2018年の少し先の未来

2020年はどうなっているでしょうか?

今回2020年リップル(XRP)はどうなるのか?

と勝手に予想をしてみました。

 

私の予想では、2020年にはある程度の値段に落ち着いているのではないか?

私の予想ですが、おそらく2020年には

リップルは一つのピークを迎えて、

そこから落ち着いているような印象になるのではないか

と考えています。

「ええ。2020年は東京オリンピックがあるよ?」

という期待を胸に、

大半の人は2020年まで仮想通貨をガチホしようと

しているのがよくわかります。

しかしですねー。仮想通貨業界はめちゃくちゃ、

進化が早いじゃないですか!

ビットコインなんか、数年~10年かかるだろう

と言われていたことが、1年で実現をしてしまいましたもん。

ビットコインは1時期240万円台に達して

しまったんです。本当にびっくりです。

つまり、仮想通貨業界は、数年のうちに

考えていることでもアッという間に起こってしまう

ことがあります。現に、そういうことが起こっています。

 

ちなみに、日本語訳は

もしこれが実現するのであれば、私は裕福な人に

なるでしょう。ということです。

この図を見れば2020年にはおおよそ10万円の

高騰をしていることになりますね。

でも、そんな期待を裏切ってきたのが

仮想通貨の面白い所でもあります。

私の予想ではおおよそ、10万円近い、高騰が、

この1年、2年で先走りに起こるのではないかと

考えています。

※あくまでも私の予想なんで

投資は自己責任でお願いします笑

さおりん
仮想通貨は展開が速いから、

もしかしたら、思った以上に

早く値段が上がりきる可能性があるという

ことね。

 

2020年に落ち着くかもしれないという理由

2020年にリップルはピークに達した後に

一時期落ち着きを見せるのではないか?と

勝手に予想をしています。

それは、仮想通貨の主役ビットコイン

動きにあるのではないかと言えます。

まず、2020年にはマイニング半減期という

一つの節目が起きます。

これはどういうことかというと?

これまでマイニング承認することでもらえる

ビットコインが半分になるという仕組みです。

⇒詳しくはビットコインの流通量とは?

という記事を参考にしてみてください。

一言で言うと、出回るビットコインの数が減少していく

ということですので、今まではマイニング半減期の

前後は大きく価格の変動がありました。

「なるほど、マイニング半減期が起こるなら、

2020年にはビットコインも上がるのではないか?」

ということが予測できますが、今までのように現状

でいかないのが正直なところかもしれません。

 

そう、まず一つの問題点として、

中国マイニング産業が規制に進んでいるということです。

ビットコインをマイニングしているのは

ほぼ中国が主流になっていると言われているので。

マイニングする人がいなければ、ビットコインそのもの

が機能しなくなり流通が制限される可能性があります。

ビットコインそのものに起こっている問題

次にすでに起こっている問題もあります。

それはビットコインの根詰まりの問題です。

これはどういうことかというと、

取引量が余りにも多いと。

ビットコインのデーター容量が非常に重たくなり。

送金スピードが大幅に遅れてしまうことを言います。

またマイニングはPOWというアルゴリズムを採用して

おり、

電力を消費し、いかに計算をしていくということが

求められていきますから、より、計算難度が高まる

ビットコインでは電力消費による手数料がかかって

しまう可能性があります。

そうこれは今の段階でも

ビットコインは価値のあるものか?という疑問が

上がる一つの材料でもあります。

そのため、2020年の段階、もしマイニングが徹底的に規制され

かつ仮想通貨そのものの機能が危ぶまれると

2020年を機にビットコインの価値が下がる可能性

があるのです。

その結果、仮想通貨の第一線としたビットコインを

皮切りに、価値の収束が起こってしまうということが

懸念される可能性があります。

その価値の収束の中にも

リップル(XRP)も当然含まれる可能性もあります。

 

リップルを買うのなら今のうちなのかかもしれない

以上のようなことを考えると、

リップル(XRP)は2020年には一時収束のような

ものを迎えるかもしれません。

しかし、2018年、2019年と大きく

値段をあげるのではないかと個人的に

考えています。

あくまで私の個人の意見としては

1xrp=10万円ぐらいには上昇すると

考えていますので、

1xrp=150円ぐらいで買えるうちに

早めに購入をしておいた方が良いかも

しれません。

「リップルを購入しようかな?」

と考えた人は、真っ先にコインチェックで購入した

方が早いです。


コインチェックは

口座開設が非常に簡単

取引までの時間が早い

万が1盗難にあっても10万円まで補償

と始めて買う人にはとにかく最高の

仮想通貨販売所と言えます。

もしかしたら今が底値かもしれない

リップルコインをコインチェックで

早速手に入れてみましょう。

↓      ↓       ↓
今が底値のリップルコインをいち早く手に入れる
ビットコイン取引高日本一の仮想通貨取引所 coincheck bitcoin

 

 

 

 

ただ今期間限定で

■ビットコインが無料でもらえる方法

■仮想通貨初心者のための教科書

期間限定でプレゼントをしています。

以下の画像をクリックすると

ダウンロード画面に移行します。

↓      ↓      ↓

 

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です