これから仮想通貨を始めようかな?

 

と考えている人は、ボラリティという言葉を
聞いたことがないでしょうか?

 

実際に私も仮想通貨はボラリティが高い!
というけれども、

 

「よくわからないな」と?マークだったので、

 

今回は仮想通貨のボラリティの意味と
そのメリット、デメリットについて

 

調べてみました!

 

ボラリティとは?値動きが非常に激しいということ

仮想通貨においてボラリティが高いということは
どういうことでしょうか?

 

結論から言いますと、ボラリティとは、
1日の値動きが非常に激しいことを言います。

 

例えば、円やドルなどの法定通貨
逆にボラリティが低いと言えますね。

 

例えば、円に関すると、1日で10パーセントも、
値動きはしませんね。

 

100円が90円に数時間でなった!となると
間違いなく経済ニュースが流れてしまいます。

 

しかし、仮想通貨においては1日であろうが
数時間であろうが容易に値動きしてしまうのが、

一つの特徴と言えますね。

 

例えば、今暴落の真っ最中のビットコインを
例に見てみましょう。

 

そう。ビットコインで言うと、
120万円⇒110万円と

 

すごい値下がりしていることがよくわかります。

 

しかも、これって数日の出来事ではなくて、
ほんの数時間の出来事です。

 

そう。法定通貨である円やドルと比べると、
遥かに仮想通貨が値動きが激しいというのも、

 

うなずくことができますね。

 

トピックや有名人の発言でも容易に値段の変動を起こす

実際にトピックや、有名人の発言そのもので
値下がりを起こしてしまうのが、

 

仮想通貨の特徴の一つです。

 

例えば、2018年1月16日には仮想通貨の大暴落が
おきてしまい、

 

だいたい、ほぼすべての通貨が1日で
20%近く値下がりをしました。

 

これは韓国や中国で取引の規制に働いている
と報じられたからだと言えます。

 

その後韓国は否定を下みたいですが、
暴落はなかなか戻りません。

 

またJPモルガンのエライ人が
「ビットコインは詐欺だ」と発言するだけで

 

値段が動いたり、

 

取引場の上場の情報前は大きく
値段が上がったり、

 

ボラリティの高さは、トピックや有名人の
発言で容易に起きるんです。

 

ボラリティが高いことのメリット

1,短期売買で大きく稼げる可能性

まず値動きが激しいことで得られるメリットは
なにか?

 

ということですが、それは値動きを利用してトレードで
大きく稼げる可能性があるということです。

 

例えば、ビットコインというモノは
数分で数万円なんていう値動きが、

 

あたりまえのように起こっている時代です。

 

そのため、FXや短期トレードの経験が
ある人であれば、

 

ボラリティの高さを利用して、短期売買で
大きく稼げる可能性があります。

 

また、数倍以上の取引ができる
レバレッジをかけることができますから、

 

それを利用すると、相乗でより高い利益が
見込めることができてしまいます。

 

2,長期でもみても利確できる可能性がある

そう、ボラリティが高いということは
中長期で見ても適応される可能性が、

 

高いということ。

 

例えば、これはビットコインのチャートになります
が、

 

中長期でも非常に大きな値上がりをしているでしょう。

 

そう。市場は中長期で
みても価格上昇が見込めるということ。

 

そんな考えからか、仮想通貨をホールドして、
離さない。

 

という考え方も広がってきています。

 

ただし、流通が周り、保有していく人が
増えていけばいくほど、

 

市場は安定するということは、
ココロに入れておいてください。

 

市場が安定すれば、すなわちボラリティも
安定するということです。

 

ですから、現在はビットコインの価値が高まっている
=ボラリティが安定してると考えてよいです。

 

200万円がいきなり、300万円になることはないですね。

 

逆に100円が200円になることはよくあることです。

 

 

すなわち価格が上がれば上がるほど
落ち着いてきますね。

 

ボラリティの高いことのデメリット

1,短期売買で非常にリスクを追う可能性がある

値動きが激しいということは、上がる
可能性もあれば、

 

中には暴落をする可能性もあるということです。

 

すなわち、暴落をしてしまえば、大きく損を
する可能性があるということです。

 

例えば1BTC100万円の時に
10倍取引をすると

 

1000万円の取引ができることになります。

 

そこで10万あがれば、
10倍で100万円の利益を

 

得ることができますが、

 

10万下がれば、100万円の損益を
被ることになります。

 

また証拠金というものがトレードにありますから、
自然と証拠金を超えそうになり、

 

自動決済されることも少なくありません。

 

チャートにかじりつく日々が増え、
精神を病んでしまう。

 

そういうリスクがあるということを
短期売買では考えておきましょう。

 

2,上手く決済ができない

例えば数分で10パーセント下がってしまえば、
買い物に支障が出る可能性があるということ。

 

10000円分の品物を買おうと10000円分の
ビットコインを支払おうとしたら、

 

突然価格が10パーセント下がり、
9000円の価値分でしかなくなってしまった・・・

 

ということになります。

 

そうなると、決済に非常に手間や不都合が生じて
しまいます。

 

ただこの問題はより仮想通貨のボラリティ
と利用者が比例すると思いますので、

時間の経過とともに、自然と
解消されていく問題と言えます。

 

ただ、市場が落ち着くということは、
長期で持っていても、決済の手段となり、

 

投棄マネーとしての期待はなくなってしまいます。

 

そのため私は、値動きが高い今だからこそ。
仮想通貨を長期的な視点で持ち、

 

普及しきる前に保有しておこうと思います。

 

3,取引量急増によるショートの可能性

値動きが激しいことにより、
売り買いをする人がふえるということです。

 

そりゃそうです。

上がれば売る、下がれば買う
そのまた逆もしかり。

 

価格変動が高いと投資の対象としては
活発化します。

 

そうすると、取引場はボラリティの高さに
対応を追われることになります。

 

送金に時間がかかってしまったり、
取引場がサーバーメンテナンスをしなくなったり。

 

例えばパソコンにアクセスが集中すると
固まって動かないですよね。

 

そういうことが起こりえるわけです。

 

以上の点を踏まえると、
値動きが激しい今の段階だからこそ、

 

長期投資で様子を見るということを
オススメしますね。

 

以上でした。

 

 

 

ただ今期間限定で

■ビットコインが無料でもらえる方法

■仮想通貨初心者のための教科書

期間限定でプレゼントをしています。

以下の画像をクリックすると

ダウンロード画面に移行します。

↓      ↓      ↓

 

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です