TLCコイン(トゥルーライフコイン)は怪しい?評判はどうなっているの?

仮想通貨はいまや数千種類の通貨があるといわれています。

 

そんな中でまた怪しげなコインをみつけてしまいました。

 

それはTLC(トゥルーライフコインコイン)というもの

 

「すごいまるで世界を変えるような通貨ですね。」

はい確かにネーミングは非常にすばらしいですね。

 

しかし仮想通貨は機能や理念というものが一番重要になってくるはず。

そこでTLCコインについて詳しく調べてみました。

TLCコイン(トゥルーライフコイン)の特徴とは?

1,ホワイトペーパーやロードマップが無い

TLCコインの特徴として仮想通貨の特徴や

理念を記録したホワイトペーパーの存在が一切無いということです。

 

しかもどのように展開をしていくのか?ロードマップも一切

無いんですね。

 

つまりいまいちよくわからないコインであるということしかわからないんですよね。

 

そして紹介動画を見ていてもよくわかるのですが、

「ミリオネアの扉を開く」

「人生が変わる」

というような紹介方法でしかなく、

 

「肝心の仮想通貨としての機能はどうなっているんだよ?」

 

という風によくわからないというのが正直なところでした。

 

2,ビットコインをやたら前に押し出してそれと抱き合わせようとする

そしてTLCコインは紹介サイトの中で

やたらと「第2のビットコインというふうに」

 

全面に押し出してしまおうとしているのです。

この画像なんか明らかですね。

 

つまり、ビットコイン誕生からいくら持っておけば、

これぐらいになるというような図を示していることになります。

 

 

「今買わないとTLCコインもビットコインのようになりますよ。

後悔しても大丈夫ですか?」

 

というふうに限定性をたきつけて

購入をさせようとしているのが伺うことができますね。

ご丁寧にシミュレーションまでつけてくれています。

 

7500枚あれば将来的には3億円にもなるのでしょうか?

 

まるですべてが約束されたようで、

 

自分が億万長者になったかのような錯覚を受けてしまいます笑

 

 

3,コンセンサスアルゴリズムはPOSを採用?

ビットコインはコンセンサスアルゴリズムはPOW[プルーフオブワーク]

 

を採用しています。

 

 

ようはマイニングを行いコンピュータに難解な演算をさせて

 

ビットコイン承認をさせようというシステムということです。

 

そこでTLCコインはPOS[プルーフオブステーク]というアルゴリズムを

採用しているということです。

 

ちなみにプルーフオブステークとは仮想通貨の保有量の割合に応じて

 

ブロックを承認していくシステムで

 

プルーフオブワークにかかるような膨大な膨大な電気代を

 

カットすることができます。

 

 

ただPOSシステムを採用している仮想通貨はけっこうあるんですよね。

 

 

たとえば草コインであるXPコインなんかもPOSシステムを利用しています。

 

⇒詳しくは最強の草コイン?XPとはという記事を参考にしてみてください。

 

つまりそれだけで「新たな次世代コインである」という証明は

 

あまりにも根拠が少ないということです。

 

 

またPOSシステムを明記していますが、実際にはウオーレット

 

アプリなどの情報は一切公開されていません。

 

4,値段が高い?しかもボーナスもあるの?

 

次にTLCコインの値段は非常に高いです。

 

最低でも37500円からしか購入することができず、

 

最高では1500000円という高価なものになります。

 

「高い。高すぎる」と思いますね。

 

 

ただ先ほども出ていた正夢シミュレーションで

 

「元をとれる」と思わせることで投資する対象と

 

考えさせることができるんですね。

 

またTLCコインを用いることで栄養ドリンクなどの健康食品と

 

交換をすることができるというもの。

 

そして、購入量に応じて

 

健康食品をプレゼントしていくというものです。

 

 

「うーん。それってもはや仮想通貨?」と疑問を持ってしまいました。

 

もはや一企業が発行した電子マネーに近いような印象を受けてしまいました。

 

5,クラブスパークルという管理会社に左右をされている

私がもう一つ仮想通貨として怪しい・・・と考えている理由にクラブスパークルという

 

管理会社の中央集権制が非常に強いと感じたことです。

 

 

TLCはまずクラブスパークルでしか購入することができません。

 

 

そして先ほども述べたように、同会社の健康食品などと

 

コインを対価として交換することができます。

 

しかしですね。健康食品以外の商品は一切交換することができません。

 

スパークル社の商品でないものは交換ができないというものなんです。

 

 

これって仮想通貨ですかね?ビットコインなどが注目されだしたのは、

 

唯一無二の取り引きを誰からも仲介や影響を受けないで

 

世界中どこでも決済ができるようにするという利便性に

 

世界中が目からウロコの状態であったわけです。

 

それが現在スパークルに限定されている部分を見ると

 

やはりビットコインなどの仮想通貨には程遠いような気がします。

 

どちらかというと管理会社が支配する電子マネーのような意味合いが強いんじゃないか?

 

と思ってしまいました。

 

TLCコインの将来性は?

申し訳ないですが、

 

今のところはTLCコインの将来性はないかと思いました。

 

「よくわからない仮想通貨でホワイトペーパーもない」

 

そんな状態だとおそらく取引所への上場もしないと考えています。

 

 

ちなみに公式サイトでは1~3年で取引所に上場をする予定

 

と書いてありますが、

 

具体的にはどこの取引所に上場をするのか?時期はいつになるのか?

 

など具体性が明示されていないということです。

 

 

つまり何とでも言うことができるんですよね。

 

 

「上場予定」ととりあえず言っておくと仮想通貨購入者は

 

将来性を頭に描きますからね。

 

またこのコインの最新情報も一切示されていないというのが、

 

非常に痛いところです。

 

だいたい仮想通貨の投資は情報が命です。

 

「情報を下に将来性を予測する。その結果、このコインが需要が見込まれて

 

将来性がある」と自己判断の下に投資を行うことになります。

 

その情報が一切公開されていないというのは仮想通貨業界において

 

致命的なものでしかありません。

 

TLCコインは

次世代のビットコインのように必ず上がる可能性を持っている

 

ミリオネアの扉を開くことができる

 

などお金もちになった未来のみしか売っている印象しかありません。

 

よく仮想通貨無料オファーでも多いのですが、

 

将来億り人になることができる。

 

日利3パセントな、

 

未来や結果のみを想像させて、肝心な根拠が抜けているということです。

 

それではスカスカの金と同じです。

 

 

純金のように見せかけていますが、実はふたを開ければ、

 

表面を金メッキしただけの、まがい物の可能性があるのです。

 

利益が出るという将来性は大事ですが、それを伴わせるためには

やはり中身がないといけません。

 

それが仮想通貨そのものの機能であったり実用性だったり・・・

 

それが抜けているTLCコインはただただ怪しいと考えざるをえません。

 

私は買いませんね。

 

仮想通貨が値段を上げていくのは、

 

やはり便利で世界にいかに使われていくのか?

 

ということが重要になりますからね。

 

TLCはその未来が見えてきませんでしたね。

 

結果のみを想像させるという案件に惑わされるのではなく、

あくまで自分で必要性を感じて

 

投資していくのが最適のようです。

 

ただ今期間限定で

■ビットコインが無料でもらえる方法

■仮想通貨初心者のための教科書

期間限定でプレゼントをしています。

以下の画像をクリックすると

ダウンロード画面に移行します。

↓      ↓      ↓

 

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です