仮想通貨QASH(キャッシュ)コインとは何?今後の将来性はあるの?

今回は仮想通貨の銀行になり得るような

仮想通貨QASH(キャッシュ)について紹介をしていきます。

ちなみにICOを実施したんですが

70億円相当をわずか1日で調達してしまったのもびっくりです笑

つまり、今後非常に期待されているコインと言えそうです。

通貨名 QASH(キャッシュ)
通貨略号 QASH
公開日 2017年11月
発行上限枚数 1,000,000,000 QASH
(市場流通枚数は約350,000,000QASH)

キャッシュコインの特徴とは

まずQASHコインは、LIQUID(リキッド)プラットフォーム』で使われる専用の
通貨になります。

またイーサリアム建てでICOが行われており、

おおよそ150億円ほどの資金を集めたとされています。

また、コインエクスチェンジという取引所が

運営をしているコインなんです。

 

「なるほどLIQUIDと呼ばれるプラットフォームで使われる通貨とゆうことね。

ではそのリキッドとはどんな働きをするの」

 

はい。ではその辺を説明していきましょう。

LIQUID[リキッド]が仮想通貨の流動性を高める

まずリキッドの役割って何でしょうか。

 

想通貨の流動性を高めてしまおうぜ」
というのが、目標です。

 

たとえば仮想通貨取引所をみて貰えばわかるのですが、

 

ビットコインはドルや、円など比較的流通の高い通貨で取引をしています。

 

 

つまりメジャーな法定通貨が
主に使われているということ。

 

それは裏を返せば、

マイナーな通貨で仮想通貨を購入する

もしくは仮想通貨をうってマイナー通貨に戻すということは

難しくなるといいことですね。

 

するとカナダドルやペソなどのマイナー通貨の有する国は

 

一度円やドルに変更をおこなわないと仮想通貨を買うことは
できないということ。

 

 

また逆も然り仮想通貨を売っでも

メジャーな通貨からマイナーな通貨に

もどさないといけないということになります。

 

 

一言で言うと面倒なんですよね。

 

じゃあその面倒くささが何につながるのかというと、

「仮想通貨買わないでおこう」と流動性を妨げてしまうということなんです。

 

 

マイナー通貨でも簡単に仮想通貨を買えるようにしちゃえと

いうのがリキッドの狙いなんですね。

 

流動性を高めるワールドブックという機能

ここからは少し難しい話になります。

 

まずいろんな法定通貨で取引を可能にしていくのはどういう仕組みなのか

ということについて説明します。

 

それはワールドブックという機能になります。

 

世界中の取引を一つの画面にまとめてしまおぅということですね。

 

 

つまりプラットフォームが成立すれば

世界中どこからでもワールドブックを用いて

いろんな法定通貨から取引をすることができるということになります。

 

 

次にワールドブックは2つに別れます。

ちょっと難しくなってきましたね。

 

 

内部ワールドブック→ワールドブック内での取引ブック

外部集約ワールドブック→世界中の取引をまとめたブック

ということになります。

ワールドブックを成り立たせるエンジンとは

でワールドブックを可能にするためのシステムが3つありまして。

マッチングエンジン

クロスカレンシー換算エンジン

スマートオーダールーティング
という3つのエンジンになります。

1マッチングエンジン

マッチングエンジンは

高速取引するためのシステムと覚えて貰えばよいです。

 

 

1秒あたり数百万件の取引を

行うことができるエンジンということですね。

この数多い取引がワールド取引を可能にしてくれちゃいます。

 

2クロスカレンシー換算エンジン

これがワールドブックを成立させている要と考えてください。

少し難しいのですが、

異なる仮想通貨を異なる法定通貨で売買したとしても、

一つの板取引に換算してくれるのが、

クロスカレンシー換算エンジンの本質になります。

 

 

「うーんよくわからんねー」

はい。私も最初はよくわかりませんでした。

 

 

何度もなんども読めば理解できてきますので笑

ワールドカレンシー換算エンジンの例

Aさん….円でビットコインを買いたい

Bさん….イーサリアムを売ってカナダドルでうけとりたい

としますよね。

でもこれって二つはバラバラの取引になるわけです。

 

つまり今までならイーサリアムと円であれば

イーサリアムを売って円がほしい。

 

円を使ってイーサリアムを欲しい。

という板取引でしかなかったのです。

 

そこで換算システムを使うことで

二つの取引を1つの板にすることができるんですね。

 

Aさんビットコインを買いたい

Bさんイーサリアムを売りたい

→それぞれ仮想通貨市場に注文を出します

Aさん円で購入する

Bさん売ってユーロをもらう

→FX市場に注文を出します。

 

するとそれぞれが異なる市場に出されることで

AさんとBさんの注文である

イーサリアムでビットコインを買いたい

円を売ってカナダドルを手に入れたい

と組み合わせをかえることができてしまいます。

 

 

つまりあらゆる取引を組み替えることができるということ!

あらゆる取引ができる柔軟性で

流動性が増すわますわということに

なりますね!

 

 

これらの2つの技術的なエンジンが

スマートオーダールーティングを
実現させてくれるのですね!

非常にヤバイですね!

QASHの将来性は?

 

もしも、あらゆる通貨をシャッフルし自動的に取引をできるような

取引所ができれば何が起こるでしょうか。

 

仮想通貨の流動性がとてつもなく増しますね。

 

 

特にペソやカナダドルなどマイナー通貨有する国が参入してくるようになるので

お金も多量に流れ込んでくることは

間違いありません。

 

そうなると取引所という領域を

QASHがプラットフォームとして

総取りすることができるということ。

 

どうですか。将来性がめちゃくちゃあるとは
思いませんか?

開発が安全でメンバーも優秀

次に仮想通貨の将来性を見る上で開発陣は

非常に重要なんですね。

 

 

まず開発の中心になっている

コインエクスチェンジは、2017年金融庁の認可を受けています。

 

 

つまり国に認められた場所で開発を行う

ことができるほど強みはありません。

 

 

また開発チームはソフトバンクやゴールドマンサックスなどの超有名会社の

開発者もいて将来性が非常に高いと言えますね。

 

またQASHはロードマップも公開していて、

2018年には本格的にリキッドの運営に

乗り出すということみたいです。

ICOでも150億近く集めており

間違いなくトップクラスにランキング

されるでしょう。

アービトラージという概念がなくなる?

もしも世界1の取引所になり確立させてしまえば取引所の価格差を利用して儲ける

というアービトラージという概念はなくなってしまうでしょう。

 

ただ私はアービトラージには良い印象を持っていません。

 

 

まず、アービトラージを行う利用した

悪徳な情報が非常に出回っているということ。

 

 

特に高額ツールを売りつけ
その後姿を消すなどの悪徳な業者も存在します。

ただアービトラージは、

理論上は100パーセントと言われる
方法です。

そう。理論上はね。

だから100パーセント億り人になれるなど

と業者がでくるんですが…

そんなのなれるかっつーの笑

ロードマップと進行状況に期待しましょう。

 

今後のQASHの状況は、仮想通貨のロードマップの進行状況に
期待をしましょう。

もちろん予定通りにいかないということもありますが、

順調にす澄んでいくと間違いなく

使う人が増え価格は上がることは

間違い無いでしょう。

 

今のうちに仕込んでおくのが良いかも

しれません。

ちなみにQASHが購入できる
仮想通貨取引所はQUOINEXだけです。

↓        ↓      ↓

 

ただ今期間限定で

■ビットコインが無料でもらえる方法

■仮想通貨初心者のための教科書

期間限定でプレゼントをしています。

以下の画像をクリックすると

ダウンロード画面に移行します。

↓      ↓      ↓

 

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です